スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント



今回、フランスに滞在している中で、久しぶりにムクムクと湧き上がる怒りにも似た感情があった。それは、フランス人に対する悪いイメージ。

.侫薀鵐洪佑藁笋燭
▲侫薀鵐洪佑鷲埒得
フランス人はフランス語に誇りを持っているから、英語で話しかけても分かっているくせに分からないフリをしてフランス語を押し通す

日本だけでなく他の国々でもそういうイメージを持たれているし、殊更、日本人が知りもしないのに言っているのを多々耳にする。僕はその都度、訂正してイメージ回復に努めているのだが、なかなか固定観念というものは取り払われない。

,鉢△六通っているが、相対的に見て、フランス人は親切である。日本(特に東京)にいるよりもフランスにいる時の方が、何倍も人々の親切さに触れる。人間味があると感じる。確かに空港やスーパー、はたまた銀行など、とてつもなく感じ悪い人に出くわすこともあるが、街中にいる人たちは総じて親切。道を訊ねる時、電車の中で自分の座席が見つからず右往左往している時、店で説明を求めたい時、あらゆる場面でとても親切に対応してくれる。東京だと道を訊ねる為に声を掛けると、まず警戒される。押し売りや勧誘だと思うからだ。僕も東京に来て、警戒するようになってしまったから、それは分かるのだ。駅や街中で誰かが困っている時、東京の人は見て見ぬフリをする。面倒なことに巻き込まれたくないから。でもフランスにいると、普通に誰かが手を差し伸べるのを目の当たりにする。本当は日本人の方が親切な国民性だと思うんだけどなぁ・・・と思ったり。

については、僕は怒っている!これは100%間違いで、英語が分かっているのに分からないフリをしているフランス人に会ってみたい。そういう体験をした、という日本人がこれまで何人もいたけれど、なぜ「英語が分かっているのに分からないフリをしている」というのが分かるのだろうと僕は不思議に思う。実際問題、英語自体を解さないフランス人はかつて多かったが、今は日本以上に英語は通じる。相手がフランス語を解さないと分かると、すぐに英語を話そうとしてくれる。それは親切心以外の何物でもないと思うのだが。

勝手なイメージ、とかくフランスやフランス人に対する悪い思い込みは多い。悔しい!歯がゆい!こんなに皆親切なのに!と、街を歩きながらひとりで悶々としていたが、よくよく考えたら自分の国でもないし、別に他の人たちにフランスを好きになってもらいたいわけでもないのだから、別にいいやと思ったものの、でもやっぱり悔しい!

| おかしな話 | comments(4) |

先日友人とイタリア料理レストランに行った時のこと。飲み物を決める際に、3,800円のスパークリング・ワインにするか、それとも5,000円のにするかあれこれ迷った挙句、最終的にケチらずに5,000円の方を選んだ。若いウェイトレスがそのボトルを持って、正に我々のテーブルの横に来ようとした瞬間、なんといきなりコルクが物凄い音を立てて、スポーーーーーーーーーーーンと抜けて天井まで飛んで行った次の瞬間、あろうことかそのコルクは、我々の通路を挟んで横のテーブルにいた、若いお嬢さんの取り皿にスポンと着地したのである。そのお嬢さんのテーブルでは笑いが起こり、小さな店内は和やかな雰囲気に包まれた。まるでパフォーマンスかのような見事なアクシデント!ウェイトレスは、床にこぼれたスパークリング・ワインを手際よく拭きバタバタしていた。 

さぁ、我々のスパークリング・ワインはどうなる?申し訳なさそうな顔でウェイトレスがやって来て、
「ご注文されたスパークリング、先ほどのボトルが最後の1本だったんです。なので、他のものをご注文いただくか、先ほどのボトルをお飲みいただくか・・・」
先ほどのボトルを飲むのはいいけれど、
「値段そのままで?」
問題はソコである。ドバーッとこぼれたわけではないが、5,000円丸々取られるのもねぇ・・・。と思っていたら、
「半額で結構です」
乗った!!かくして運ばれてきた、暴れん坊スパークリングは半額になったものの、量も半分というわけではなく、こぼれたのはほんの少しであった。あの豪快なアクシデントのおかげで、最初に迷っていた3,800円のスパークリングより遥かに安く、2,500円で上ランクのボトルをいただけることに。結構ラッキーなお話。

それにしても、突然コルクが抜けてスポーーーーンと飛んで、隣のお嬢さんの取り皿にスポンと着地して、当のお嬢さんは笑いが止まらなくなり、僕らもあっけにとられたあの一連の出来事を思い出すと、ひとりニヤニヤ笑ってしまうのである。

| おかしな話 | comments(0) |



沖縄旅行に発った12月31日の朝、バスタ新宿から羽田空港へのリムジンバスへと乗る為に、新宿に向かっている電車の中で、ハッとした。
「あッッッッ!エアコン(暖房)消し忘れた!!」
大概の場合、消し忘れたかも・・・と思いながら、実は習慣で無意識のうちに消しているものだ。しかしこの時、僕には100%の確信があった。家を出る時、リモコンを一切触っていない、という揺るぎのない自信。さっと「旅行 マンション エアコン 消し忘れ」で検索すると、目に飛び込んできた「火災の恐れ」の文字。もちろん、最近のエアコンは設定温度より上がることはないし、24時間ずーっと熱風を送り続けているわけでもなく、火災が起こる可能性は限りなく低いが、一度目にしてしまうと気になる。新宿に着いて、思い切ってマンションの管理会社に電話して、部屋に入ってエアコンを消してくれるよう頼んでみた。が、つれない答え。
「まずは担当者に確認しますが、部屋の中に入ることは出来ないので、恐らく無理かとは思います」
部屋の中に入れない・・・?
「では、火災が起きてもいいってことですか?」
とは訊かず、折り返しの電話を待つことにしたが、結局断られた。仕方ない、消し忘れた自分が悪い。電気代も心配ではあるが、調べたところそんなに大したこともなさそうだ。

5日間、無人の部屋をエアコンが稼働し続ける。あゝなんてバカなことしたんだ!急いで慌てて出てきたわけでもないのに、どうしてエアコンをチェックしなかったのだろう!と、考えても仕方のないことを丸々5日間、延々と考えてしまい、ほとんど沖縄を楽しめなかった・・・ということはまるでなく、エアコンのことは1日に1回位はふと思い出すことはあったものの、大した問題でもないと割り切って、沖縄を十二分に満喫した。

楽しかった沖縄旅行は予想外の速さであッッッという間に終わり、帰宅してドアの前に立った時、ひとつため息がこぼれた。寒い季節だというのに、ドアを開けたらムワッと暖かく乾燥した空気が僕を出迎えるのだろう。意を決して僕はドアを開け、部屋の中に足を踏み入れた。案の定、いや、予想以上に部屋は暑く、5日間丸々稼働していたことを痛感させられた・・・ということはまるでなく、僕を包み込んだのはヒヤッとした張りつめた空気。なんと、エアコンは点いていなかったのである!つまり、僕は沖縄に出発した日の朝、きちんとエアコンを消して出て行ったということだ。これぞ無意識の勝利!勝ったぞ!!勝ったぞ〜〜〜!!!

僕は喜んだ。とっても。しかし同時に、「エアコンを消さなかった」ことに100%の揺るぎのない自信を持った自分に、少し恐れを抱いた。

| おかしな話 | comments(4) |

先日、昼にとんかつが食べたくなり、銀座のとあるとんかつチェーン店に行った。丁度昼時だったので、時間を間違えたかなと思いながらドアを開けたら、目を疑うほどガラガラ。広い店内に中国人らしき中年夫婦が1組しかいなかった。この店には以前も来たことがあり、だいぶ久しぶりではあったけれど、こんなに人気がなかった記憶がない。しかも銀座の大通りに面している昼時である。店選び間違えたかなと思いつつ、席についた。

しばらくすると、日本人ではないビジネスマン風のアジア人中年男性がひとり入って来て、僕の近くに座った。30代位の男性店員は、近年急激に増えた外国人客対応には慣れているのだろう、カタコトながらも英語で気後れすることもなく対応していた。スムーズに注文が終わり、料理が運ばれてきた時、店員はテーブルに置いてある3本のボトルを1本ずつ指差しながら、
「ソース、ドレッシング、ポンズ(ぽん酢)」
と、件のアジア人男性に説明していた。日本語で「ソース」と言えばウスターソース(もしくはとんかつソース)を指すが、英語の「sauce」というのは調味料全般を意味するので、醤油もケチャップもマヨネーズも「ソース」だし、広く捉えればドレッシングだって「ソース」の一部、テーブルに置いてある3つのボトルのひとつを「ソース」と言われて、果たして何のソースなのか疑問に思わないだろうか・・・と余計な心配をしていたら、そのお客さんが疑問に感じたのはソレではなかった。
「What is ポンズ?」
確かにそうだ。ソースもドレッシングも英単語ではあるが、ぽん酢は日本語である。なぜそれだけ何の説明もなしに唐突に日本語?と思いつつ、店員がどんな回答をするのか、耳をダンボにして聞いていたら、数秒「ああああ・・・」と考えた後、自信たっぷりに、
「ジャパニーズ・オイスター・ソース!」
と答えたのである。僕は一瞬、「エッ!ぽん酢って牡蠣(オイスター)が原料だったっけ?」と考えてしまった。しかし客の方はそれを疑うこともなく納得した素振りで頷き(そりゃそうだ。店員がそう言うんだからね)、店員も満足げな顔で去って行った。外国人客がよく来ることから英語での対応もしているのであれば、ぽん酢の説明も頑張ってくれりゃあいいのに。「柑橘類の果汁を用いた調味料」という言い方が思いつかなければ、せめて「ジャパニーズ・ビネガー」で乗り切って欲しかった。ぽん酢は決してオイスター・ソースではない。

この後も外国人客が数人入ってきてはいたものの、昼時とは思えない空席祭りだった。その原因は明らかで、料理(メニュー)が金額に見合っていないのであった。客の舌は正直だ。貴重な昼休みの時間、長蛇の列に並んでまでも食べたいと思わせる店があり(大抵大通りに面していない)、一方で、立地条件抜群でも閑散としている店がある。そして、客は思うのである。ドアを開けて客がいないと「あ、失敗したな」と。

| おかしな話 | comments(0) |

ベルトが欲しくなったのでいつものデパートへ。ポールスミスのベルトで気になるものがあった。黒と茶で迷う。店員(男性)の説明を聞く。商品の説明と説明の間に、いかにこの金額が安いものか(といっても1万5千円だが)、本国のイギリスなら、他の店なら・・・と、僕の嫌いなセールストークが混じる。僕は意外と、デパートでは店員とのキャッチボールを楽しんじゃう方だ。このセールストークが3回目に及んだ時、「金額の話、もういいから」とストップを促した。すかさず店員「あ、失礼しました」。
「黒にします」
「ありがとうございます!サイズはいかが致しましょう?お客様なら細いのでLかと・・・」
「細いからMじゃないんですか?」
「細くていらっしゃるので、普段SかMですよね?ポールスミスの場合、小さ目なので、普段Mの方にはLをオススメしてるんです」
念の為と思い、最初はMを試したのだが案の定小さかったのでLにした。
「この感じだとLの方がいいな。今後、これ以上細くならないならLでいいですよね?」
「ええ、Lがちょうどいいと思います。今後、お太りになられるご予定がないのであれば・・・」
「まぁ、お太りになる予定というのは、ちょっとそれは分からないですけどね」
「アハハ」
「それにしても、僕の細さでLがちょうどいいということは、どんな人がMを買うんですか?」
「すっっごいガッッッリガリの人です。拒食症の人くらいの」
「拒食症・・・?」
「あ、失礼しました。ええ、なので、Mはあまり出ない(売れない)んですよ」
ちょっとモタつく喋り方をする独特な店員だったが、ところどころの単語のチョイスと、僕の言葉に対する反応が可笑しくて笑える。
商品券4千円分と、ファミリー会員割引15%が効いて、そこそこお安く購入。
「ファミリーカードをお持ちになって、またご来店、お待ちしております」

| おかしな話 | comments(0) |
1週間程前から携帯電話がおかしい。通話中、相手の音が途切れる。一昨日は全く聞こえなかった。職場の電話、公衆電話、果てはジムの受付の電話まで使って(図々しいったらありゃしない)試してみたが、やっぱり音が途切れるのだ。
「もしもし、聞こえますか?」
「うーん・・・聞こえない」
「聞こえないですかぁ?」
「途切れ途切れになる」
「こちらには、コウさんの美声が聞こえてますよ!」
「あ、今のはしっかり聞こえた!」(ちゃっかり)
「・・・・・・。」

ハンズオンにしたりイヤホンにすると聞こえる。てなわけで、ドコモショップに赴いた。受話部分のホコリを取ってもらった後、ドコモショップの電話から掛けてもらう。携帯、鳴る。出る。
「もしもし、聞こえますか?」
・・・・・・・聞こえる。しかも明瞭に。あれ?さっきまで散々ダメだったのに、ドコモショップでは明瞭に・・・。ホコリを取ったのが良かったのか?僕も担当者も半笑いで終了。

ところが、ドコモショップを出てから、またテストで電話をしてみたのだが、やっぱりダメ。なぜに、なぜに、ドコモショップではあんなに明瞭だったのだ?

本日再びドコモショップへ赴く。昨日と同様に、カウンターで電話を掛けてもらう。
「もしもし、聞こえますか?」
「聞こえないですねぇ」
「聞こえますかぁ?聞こえないですか」
「聞こえないです・・・」
「聞こえません?」
「聞こえないです」
延々とこの繰り返し。それを4回も繰り返したと思う。というわけで、無事に(?)不具合が確認出来た。修理に出さねばならないが、保険に入っていないので修理代がバカ高くなるのと、リセットされるのが面倒なのでやめておく。この先、通話の際は、ワイヤレスイヤホン&マイクを使うことにする。面倒だがこの秋の機種変更までの我慢だ。

修理には出さず、イヤホン&マイクを使うことに決めた後、店員はご丁寧に、現在のプランの見直しを説明してくれたのだが、僕はその時点で結構クタクタ。最近の携帯プランはあれこれややこしくて、説明を聞いているうちに頭が回ってきた。途中から何も耳に入って来ず。何が何だかもうどうでもよくなり、プランの変更は次の更新時に後回しにすることにした。するとお次は、「ご自宅でインターネットはされますか?」 ドコモのインターネットを使うと請求が一括で出来るとのことで宣伝が始まった。ご苦労様でした。
| おかしな話 | comments(0) |
2週間程前、自宅にいる時、オートロックのインターフォンが鳴ったので応答したのだが、カメラに映っている来訪者(宅配業者)からの反応が一切なく、そのまま映像がプツリと切れた。再びインターフォンが鳴ったのだが、また反応がないので、僕はそのままオートロックを解除した。玄関先に来た宅配人によると、ピンポンの音さえ鳴らなかったという。その後も何度か同じようなことが続いたので、おかしいなと思い、1階エントランスで自分の部屋番号を押して呼び出ししてみたのだが、ウンともスンとも言わず、一切音が鳴らなかった。これは1階の機器が故障している。幸い、部屋からロックの解除が出来るので、誰も管理会社に連絡していないのかも知れない。

マンションの管理会社の担当Nさんにメールでその旨を伝え、至急修理依頼をお願いしたところ、あろうことか「他の入居者からそのような連絡は入っていないので、高橋さんの部屋の機器が故障していると思われる、よって、修理屋から高橋さんに連絡させるので、そちらで修理日の調整して下さい」との返事。そんなことあるか!1階の機器の音が鳴らないのだから、僕の部屋のみが故障しているなんて考えにくい。じゃあ他の部屋の番号を押して試してみるから、試せる部屋番号教えてほしいと言ったところ、「現在満室なので試せる部屋番号はない。高橋さんの部屋の修理の際、1階の機器を調べさせるので、修理屋から高橋さんに連絡を・・・」と再び。なぜにそうなるの?なぜ僕が修理担当に?そんな時間ないんだけど。しかも絶対僕の部屋の機器の故障じゃないのに。

その夜、1階エントランスで、他の部屋番号を押してみたのだが、やはり音のひとつも鳴りはしなかった。

翌朝、担当のNさんに電話をし、他の部屋番号を押しても音が鳴らなかった旨伝えたのだが、他の方から連絡は入っていないから僕の部屋の故障だと言い張る。「高橋さんの部屋の機器自体鳴らないんですよね?」と言われた瞬間、プッツン。
「だから、鳴りますよ!部屋の音は鳴るんです!1階の音が鳴らないんですよ!あの、他の方から連絡がないから私の部屋だけが故障してるって、Nさん、安直過ぎますよ!そんなの、管理会社に連絡するのなんて誰だって面倒ですよ。Nさん、私は善意で連絡してるんですよ!!」
「ええ、わかってます・・・」
やっと向こうが折れて、もし部屋の機器の点検も必要になった場合は協力すると約束して電話を切った。それにしても、なんでこんなにイライラさせられるのか、ふと考えてしまった。Nさんとはこれまで更新時の他にも、怪しい詐欺まがいの業者がマンション内に無断で(管理会社の許可を得ていると嘘ぶっこいて)出入りしていた時や、騒音騒動など、何度か連絡を取ってこちらからも協力したりしていたし、おかしな対応をする人ではなかったはずなのだ。

結局、その数時間後、1階の機器の修理が終わり改善した旨メールが入った。はぁ・・・やれやれ。
| おかしな話 | comments(0) |
先日買ったワインを開けようとしたら、キャップシールがちっとも剥がれず、こりゃコルク仕様じゃないなとすぐに気が付いたが、開け方がさっぱり分からず。ラベルには指を怪我しないよう気を付けろヨ!とだけ書いてある。しかし時既に遅し。無理矢理剥がそうとしたせいで指は切れ、料理は冷め、開け方も分からないので、何とか小さな穴を開けてチョビチョビとワインを注いだ。

輸入会社に「怪我に気を付けろなんていう意味のない文言入れる位なら、開け方を書いてちょんまげ!」と、無知という恥も知らずにクレームのメールを出したら丁重なお詫びの返信が来た。「これはスクリューキャップで結構スタンダードだよ。しかも今やスーパーやコンビニでも売ってるよ。以前は開け方書いてたけど、今は書かないんだよ」という説明と、ご丁寧にも開け方が記された他社のURLも教えてくれた。

そして更に!「気分を害しちゃったお詫びに、ワインを送るから住所教えてよ!気を取り直して!」と。無知なクレーマーのつまらない苦情にこんな対応まで・・・涙と鼻水を流しながら、恥を忍んで無邪気に住所を返信したら、早速届いた。しかも2本も!更には開け方が記された用紙3枚とソムリエナイフまで!!なんつー会社でしょう!もう二度とクレームなんて出しませんからね!この想い、忘れませんからね!良い顧客になりますからね!

それにしてもこれまで一度もスクリューキャップのワインに出合ったことがないなんて・・・僕は日本、いや世界における希少価値ですか?

| おかしな話 | comments(2) |
1月に再会した高校時代の1つ上の先輩(「再会物語」参照)と、共通の友達である同級生(年は僕より1つ上だが、当時彼が在学中に通常1年間のところ2年間留学した関係で帰国後同じクラスになり同級生として一緒に卒業した。ゆえに先輩にとっては入学時の同級生、僕にとっては卒業時の同級生となる)が、高校以来会っていないというので、では20数年ぶりに再会させてあげようじゃないか!という僕の粋なはからいで、先日(10日)、2人の再会の為に銀座の居酒屋に集った・・・ところまではいいのだが、その後、同じく高校の同級生が週2日働くバーに3人で突撃訪問して、チビっちゃうくらいビックリさせようと、1ヶ月以上前からさりげなく出勤日を確認したりして綿密に計画していたのに、行ったら居なかった・・・。

まさかまさかの事態に、僕は蒼ざめながら店の人に訊いたところ、つい最近シフトチェンジがあったそうな。すぐに本人にメールしたら「あいや〜、でってまんず!」(庄内弁) 驚かせようと思ってたら、逆にこちらが驚かされてしまう結果になってしまった。やっぱり、サプライズよりも確実を狙って、直前に確認しておくべきであった。と、反省しようとしたところでふと思い出す。そういえば、本来は10日じゃなくて3日に予定していたはず。恐る恐る店の人に「先週3日は出勤してました?」と訊いたら、出勤していたと。しらじらしく、予定変更を希望してきた張本人(先輩)に冷たい眼差しを送り、自分の確認不足を棚に上げて人のせいにしようとしたのだが、ま、それは大人げないので止めといて(一次会で奢ってくれたしグッド)、次回の日取りを、きちんと出勤日も確認した上で、早々に決めたのであった。

綿密な計画は綿密に立てて、綿密に行いましょう。またひとつ大人の階段を上りました。ありがとうございました。



翌朝起きたらほんのり二日酔い。最近、二日酔いで目覚める度に「あれ・・・昨日そんなに飲んでないのになんで二日酔いなんだろ?やっぱり以前より弱くなったのかな?」と思ってしまうのだが、前夜に飲んだものを思い返していくと、あらビックリ、結構沢山飲んでいたことに気づくのであった。それにしても、なぜ最近は必ず「そんなに飲んでないのに」と最初に思うのだろうか? そして今回は、その夜にジムでパーソナルトレーニングがあったので、しっかり朝食も昼食も食べて水分も沢山摂ってビタミン剤も飲んで、夜にハッスル頑張りました。
| おかしな話 | comments(0) |
一昨日、高校時代の同級生(通称おばば)が仕事で上京してきたので、月島のもんじゃ焼き屋に同級生5人で集った。あ、違った、1人は1つ上の偉大なる先輩様だった。この先輩様、僕は高校時代一言も喋ったことがない。もちろん互いの存在は知っていた。1学年上の人たちとは先輩といえども、結構友達になっていたのだが、なんせこの人は僕の恋敵だったので(と、僕が勝手に思っている)、お互い悪い印象しかなく(と、僕が勝手に被害妄想している)、その人のお相手と僕は相当(?)親しくしていたが、それ故に誤解を招き(と、僕が勝手に想像している)、一度も話すことなく卒業したわけである。

月日は流れ、その憎き先輩とは高校時代の同窓生の結婚式で再会する。あちらから声を掛けてきた。「功だよね?」と言われても、僕は誰だか分からず、「あれ?違うクラスの同級生だったか?」と勘違いし、「誰だっけ?」とも訊けぬままたどたどしい会話をした。手にしていたご祝儀袋の名前を見てようやく正体が判明したのであるが、高校時代よりも顔がスリムになっていたので気づかなかったのだ。その後も、件の高校時代から続いていた彼女と2人で僕のライヴに来てくれたり、東京で開催された高校の同窓パーティーでも会ってはいたが、いずれも一言二言挨拶を交わすのみだった。というわけで、20年以上前から知っている人とはいえども、一緒に飲むのはおろか、まともに会話したのは今回が初めてとなったわけである。

「なんで来たの?」と、相変わらずな僕の失礼極まりない発言から始まり、前述の“結婚式で声を掛けられた時誰だか分からなかった”事件の真相を今更ながら告白し「顔がスリムになってカッコ良くなっていたから最初誰だか分からなかった。高校時代は生意気そうな顔してたじゃん!」とは僕の弁で、どっちが先輩なんだか分からない、これまた殴られそうな失言を繰り返し、ゲハゲハ笑っては盛り上がり最高潮で宴は終わったのである。いやはや、人間関係はどこでどうなるか分からないものである。先輩様はお心の広い、器のデカイ、とてもいい人なのでありました。僕の止まらない失言に対し、例え殺意を覚えていようとも、それを億尾にも出さなかったのでありますから。今日からは先輩を見倣って生きてゆこうと思います。ありがとう先輩!!(先輩とは呼ばないけど) 近日中の再会を今から心待ちにしているのであります。

ところで、高校時代の同級生たち+先輩とはワチャワチャに盛り上がったのであるが、おばばの宿泊先(研修所)にはなんと門限があり、10時半までに戻らないと始末書を書かされると大層怯え、10時過ぎにはお開きになった。38歳の大の大人に、10時半の門限とはいかに・・・。
| おかしな話 | comments(0) |
◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ
1/19 >>