スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
◆オススメ
◆RSS


この間、三軒茶屋で同郷の人がやってるカフェバー「オドモ」に初めて行ったら、なななななななんと、我が(友人の)愛犬リクに瓜二つのコーギー犬・ハルがいた!クリソツすぎて腰抜かしました。親戚ですか?今まで、リクが(他人の犬ながら)世界一可愛くて、奇跡的な美形犬だと思ってたけど、リクと全く同じ顔なので、誠に勝手ながら二番目に可愛い犬に認定しました。

ちなみに、子犬時代に虐待を受けていたらしく、頭を触ろうとすると恐がりました。動物のトラウマを目の当たりにすると、何とも言えない気持ちになります。

ハル↓
  

リク↓
  

今度、リクとハルを引き合わせてみたいものだ!他人、いや他犬の空似?!
| ヒト様の犬 | comments(0) |
 

仕事から帰り、曲作りに取り掛かろうとしていたところに電話が鳴る。ここ最近ご無沙汰の、世界一可愛い犬・リク様の飼い主からだった。
「久しぶり〜!今、どこ?家?おおおおおおっ!!!」
電話の向こうでひとり大騒ぎしている。何事かと全身を硬直させていたら、今家に帰って来たけれど鍵を忘れて家に入れない、でもこれからまた出かけるので今家の中に入る必要がある、とのこと。そりゃ大変!!それで、なぜ僕に電話をかけてきたのかは明白である。彼の家の近所にいて、しかも合鍵を持っている僕が今からスーパーマンの如く飛んで行けば問題は解決するのである。

3年前に1週間、我が家でリク様と寝食を共にしてからというもの、僕はリク様にメロメロのメッロメロ。飼い主以上に親バカと言われ出した。そのメロメロっぷりに目を付けたリク様の飼い主は、飼い主不在時にリク様の面倒をみることが出来るよう、僕に合鍵を持たせた。それ以来、飼い主が旅行に出ている時、仕事で忙しい時、家に帰らない時・・・僕はその合鍵を使って人様の家に侵入し、リク様のお世話をさせて頂いている。

ここ数ヶ月はすっかりご無沙汰。決してリク様を忘れていたわけではない。なんせ、携帯の待ち受け画面からパソコンのデスクトップ、スクリーンセーバーに至るまで、至る所にリク様が現れるのである。毎日リク様を想っている。リク様もさぞかし寂しがっているのではないか、はたまたもう僕のことなどお忘れになったのではないか、などと慕情と疑惑に揺れる日々を過ごしていたところに、突然のお呼び出し。こんな時に、最近は全く役に立っていない合鍵が役立つとは!

自転車で飼い主宅前に着くと、どこからか声が聞こえてくる。飼い主は見当たらない。しかし僕を呼ぶ声がする。どこ?どこだ?!・・・もしや幻聴?それとも、本物のおばけ??
「上だよ、上!!」
上・・・?やっぱり、アチラからの声?!と思いつつ、上を見上げてみたらなんとベランダにいた。
「一縷の望みをかけて上に登ってみたんだけど、やっぱり窓は鍵かかってた。で、上がったのはいいんだけど下りられない!!玄関から入って、2階の窓開けてくれる?・・・あ、リクのウンコに気を付けてね」
上がったけど下りられないって、これまた!(まぁ実際は恐くて下りられないのではなく、駐車場の上のルーフにジャンプして下りた際に、ルーフの強度が問題になりそうだったからなのだが)

そんなわけで、リク様と久しぶりの抱擁!きゃわいいいいい!!でもよくよく見ると、顔もなんだか老けてきた気がする。いつまでも子供だ子供だと思っていたのに、もはやジジーの域に達している。3年前にこの飼い主宅にやって来た時が5〜6歳だったから、今はもう9歳くらい。やっぱり目のあたりが以前とは違う気もする。まぁ、そりゃそうだ。いつまでも若いはずがない。でもリク様はリク様!!可愛さに変わりはない。

 
 
 
 
| ヒト様の犬 | comments(4) |
今日は朝から、職場の友達が遊びに来てくれて、まずはリク様を迎えに行きドッグランへ・・・行く前に、しこたま美味しいホットケーキとピラフを食べる為に喫茶店へ。リク様には外でお待ち頂く。ちゃんとすぐ見えるところに席を取るのだが、いつものことながら、じっと待っていられないリク様。ソワソワ大会。通り過ぎる人々に愛想をふりまきもしないのに、人気者になっちゃうリク様。天性のアイドル性ってやつでしょうか(飼い主以上に親バカ!)。そして、リク様の最近の特技、“人の気を引くために”わざとウンチしちゃう作戦で、僕は何度か外に出てソレを処理するはめに。結局、リク様の思うツボ。


出たり入ったりしながら、慌ただしく食べ終えて、やっとこさリク様お待ちかねのドッグランへ!犬好きの友達もハッスルして、互いにポーズ決めて、それぞれリク様と記念撮影。犬雑誌に投稿できるんじゃないかと思いました(しませんけど)。そーいえば、こんな写真、久しく撮っておりませんでした。

  
  

天気も良くて、絶好のドッグラン日和なのにも関わらず、あまり犬が来ていない。基本的に他の犬に興味関心がないリク様だけど、自分が気に入る犬がいればじゃれ合うのに、犬自体がとっても少ない。そんな中、気の合う犬が見つかったらしく、しばらくじゃれ合っていたけれど、ほどなくしてお帰りに。取り残されたリク様。ウンチに夢中。そして次にやってきたのが、同じコーギー!これまたキュート。並ぶと可愛さ倍増。でもあんまりじゃれ合わず。

  

まだ帰りたくないとダダこねるリク様を無理矢理なだめて、再び自転車に乗せ、飼い主宅にお返し。リク様を手放した我々は、電車に乗り換え、今度は僕の高校時代の同級生宅へ向かう(奇跡的な偶然で、今、同じ職場で働いているのである)。餃子パーテー開催。パーテーといっても、あっちこっちから人が集まって来る賑やかな宴会ではなく、大人3人+子供1人。これがまた、餃子が美味しく出来て大変な騒ぎに(僕は包んだだけですけれど、3人の中で包み方が一番下手クソで悶絶モノでした)。

7時半頃、車で川崎のコストコに向かったものの、8時で閉店だった為入れず。何の為に来たんだ?!っつー話になるわけですけれど、
「昼、もっと早く来てくれれば、コストコに行けたのに」
と、言われまして、確かにそりゃそーだっつー話でもあるけれど、いろいろまぁリク様もアレなもんで、っつーことでそこは濁させて頂きました。

楽しい1日だったので良かったと思います。(小学生の作文の終わり方)
| ヒト様の犬 | comments(2) |
飼い主が一晩留守にするということで、リク様お守り(エサ&散歩)の要請が入り、約1ヶ月ぶりにリク様にお会いしました。可愛すぎて気絶するかと思いました。

リク様も嬉しくて失禁してしまったそうです。

ほんの数十分で30枚以上も撮影してしまいました。また飼い主に呆れられそうです。

   
   

早いもので出会って2年です。

| ヒト様の犬 | comments(0) |

今日は友達と共に、久しぶりにリク様とお出かけ。飼い主宅に迎えに行き、犬用自転車で(好奇の目をたまに浴びながら)待ち合わせ場所へと急ぐ。まぁ、(人間の)赤ちゃん抱っこ用のベビーキャリアよりは恥ずかしくないけれど。ドッグカフェに行ってからドッグランに行くつもりだったのだが、なんだか雲行きが怪しい。でも雨は夜からだから!大丈夫だよね!

それよりも、リク様、1ヶ月ぶりにお会いしましたけれど、なんだかお痩せになったような気がします。毎年夏恒例のヘアカットゆえというわけでもなく(カットすると一回り小さく見える)、抱っこすると以前よりも肉厚感が減っている。しかも・・・歩く速度がゆっくりですね。どうしたんでしょう?まぁでも食欲もあるし、鼻も濡れているし健康のご様子。以前、いろんな人たちに「太ってる」と言われていたので、もしかしたら痩せてちょうどいいのかも。やっぱり、これからどんどん肥えて太っていって醜くなるよりも、いついつまでも可愛いリク様でいて頂きたいものです。

ドッグカフェに着いてからも、リク様はいつになくおとなしい。いつもおとなしいけれど、今日はべったり甘えてこない。ってことはいい兆候?そうこうしているうちに、雨が・・・雨が・・・ 3時間近くカフェに居座った後、雨のためドッグランはあきらめて、もうひとつのドッグカフェに行くことに。しかし、せっかく濡れながらも15分くらい歩いたのに、そのカフェは今月一杯お休み。げんなり。

その後、雨は一旦止む。友達を駅まで見送ったついでに、これまた中毒のようにリク様の写真を撮る。撮り始めると止まらない。犬を撮るのは難しい。タイミングがなかなか合わない。モデルクラブに入れてポージングの特訓をさせたいくらい。でも、苦戦しながらも、なかなかイイ写真が撮れました!

  
  

本日のお気に入りベストショット↓

| ヒト様の犬 | comments(2) |



毎度おなじみ・リク様の飼い主が、海外にご旅行中のため、今日から1週間リク様を我が家でお泊り保育。長期のお泊り保育は結構久しぶり。今回は僕の仕事の都合もあるので、後半は「夜だけ保育」になる日もあるけれど。

入れ替わり立ち替わり、リク様のファンクラブ会員がやって来て、共同保育する予定。僕の営業の甲斐あって、ファンクラブ会員がどんどん増えております。アーテストの観点からいくと、非常に羨ましいです。

今日は、大学時代の友人が遊びに来てくれました。行きつけの喫茶店でまずはランチしたのですが、もちろんリク様は入れないので、外でお待ち頂きました。しかし最近なぜか、お待ちになっている間、震えながらせわしなく動き回っているので(不安のため)、こちらもせわしなかったです。道行く人たちから可愛がられているのに、リク様はそれどころではなかったようです。



その後は、家に来ました。毛抜けの量がハンパないので、もちろん今回も服を着て頂いてます。

  
表情豊かなリク様。僕が台所に立つと、エサをもらえると思うらしく、水道を流すだけで喜びます。勝手知ったる、ってやつです。

基本的にリク様は、家に入ってしばらくすると、ゴロンと寝てしまいます。エサの時だけ目がランランとするわけです。

  

「おいで!」と呼ぶと、やって来ます。そして、僕の横にぺったりくっつくのです。


しばらくして僕が席を立っても、リク様はその場におりました。僕の席を占領します。


 
我が物・・・ですか。


いつの間にか移動してました。

椅子の間から盗撮風に撮ってみました。


  

| ヒト様の犬 | comments(0) |
友達が遊びに来てくれたので、昼から鍋&スパークリング・ワイン&赤ワイン。そしてスペシャル・ゲストとしてリク様をお呼びする。友達が来る前に、リクを迎えに行き散歩をしてから我が家に連れてきた。



相変わらず、か・か・か・か・かわいい・・・。我が家に来たら、毛抜け対策のために犬服を着させるのだが、それでも抜けるものは抜ける。これがお客さん、ジンジョーじゃない量で、リクの毛で雪山になる位なのだ(掃除がタイヘン)。

 


毛が抜けること、わかっているだのに、抱きしめずにいられない。

 

夕方も暗くなってから酔っ払って友達は帰って行った。僕はリクを飼い主宅に戻して、それから部屋の掃除をしようと思っていたのだが、なななんと、安モノの赤ワインがワルかったのか、頭痛と吐き気で掃除どころではなかった。でもって、珍しくぜ〜んぶお戻し。安モノは体が受け付けないようデ・・・困りマス。

おまけ。恥じらいを教わるリク様。
| ヒト様の犬 | comments(0) |
ワンマン・ライヴの翌日には、やっとこさ久しぶりにリク様と会う。ぴょんぴょん飛び跳ねる姿がウサギに見える。

やっぱり犬は走り回る姿が一番可愛い。とは言っても、ここ数日雨だったから散歩に行ってないと言う飼い主は、僕が「久々にリクの散歩に行こうかな」との提案に「ぜひぜひヨロシク!」と身を乗り出してきたが、僕は決して「ドッグランに連れて行く」とは言ってなかった。近所の公園に散歩に行くだけ。だから、走り回ることは出来ない。まぁ、せいぜい散歩出発の最初の10秒間、思いっきり走るのみである。その後はウンチする場所探しに忙しいリク様。



ええ、ドッグランに行ったところで走り回るよりも、ウンチ放出場所探しに必死なのだが。



ここ最近は以前よりも、ウンチが出るようになったが、他の犬に比べればまだまだ。なかなか踏ん張っても出ない。というわけで、お尻にウンチ付けっ放しで歩いている時もある。コレ↓(失礼ぶっこきマンボー。モザイク処理しましたので勘弁を)

 

途中、ベンチに座ってリク様の大好きなブラッシングをしてあげようと思ったが、ブラシを忘れてきたので、お腹マッサージをしてあげた。意外と恥ずかしいのだ(僕が)。案の定、通りがかりのおばあちゃんに、
「あら〜!いいわねぇ〜、抱っこされて!!!」と言われる。
でも、リク様のウットリとした顔が見られるので、こちらも止められない。
なにせ、こんな感じになるから↓(この写真は去年の夏)

 
 

僕はもはや友人である飼い主に「飼い主以上に親バカ」と呆れられるくらい、写真を撮りまくり、動画を撮りまくり、ブログに書きまくり、リク様の可愛さを他人に訴えている。写真を撮る時も必死である。
 
 

僕のパソコンにはリク様の大量の画像と動画が保存されており、デスクトップはおろか、スクリーンセーバーは画像と動画のランダム、携帯の待受画面やメール受信・着信画面等、写真を設定出来るすべての部分はリク様なのだ。それダのに、飼い主のパソコンと携帯にはほんのわずかしかない。待受画面やら何やらがリク様に設定されているのを見た記憶もない。

でもこの間、リク様がこの夏初めて川で泳いだ動画を見せてもらい、あまりの可愛さに失神寸前になったのと同時に、「あとこんな動画もあるよ」といくつか見せてくれて、「なーんだ、結構写真も動画も撮ってるんじゃん」と思ったものの、それでも僅か(に見える)。調子ぶっこいて、もっと可愛い写真と動画を見せて貰っている時、ふと、「この家に初めて来た時の写真はないの?」と訊いたら(リク様は里子として引き取られたのだ)、「あー、それはない」と、あっさり。記念すべき初夜に1枚も写真を撮ってないなんて。僕なんて初めてリク様を預かった日からわずか3日で100枚以上も撮ってるのに。

まぁ、数の問題じゃない。



僕と友人は、たまたま近所に住んでいるわけで、これは偶然以外の何ものでもない(お互い引っ越す前はもう少し離れていたが、引っ越してたまたま近所になった)。ということは、いつかどちらかが引っ越して、近所ではなくなる可能性もある。ということは、リク様にこうして会いたい時に会えなくなる可能性もある。ということは、今こうして、会いたい時に会えるという日常は“当たり前”ではないということなのだ。はぁっ!それは大変!!もっとこの幸せを噛みしめなきゃ!!!

・・・とは思うものの、そんな未確定の未来に向かって、感傷的にはなれない。じゃなかった、リク様が僕の日常から消えることは想像すら出来ないのである。
| ヒト様の犬 | comments(0) |

久しぶりにリクの顔を見に飼い主宅へ。1ヶ月以上もリクに会ってないので、もう僕のことなんて忘れたかもしれない・・・なぁ〜んて、勝手に冗談な妄想をしていたのだが、玄関を開けた瞬間、リクが既に僕を出迎えてくれており、すこぶる元気よくジャンプの嵐だった。僕もこんな風に、体全体で喜びを表現してみたいものだ。

リク宅に、飼い主にとっても僕にとっても、非常に喜ばしいアイテムがひとつ増えていた!それは・・・リク用自転車!

  

今までは、コレだったですから↓ 重いうえに恥ずかしかったわけです。
 

12kgの重さから解放されるばかりか、道行く人たちからの視線・注目を浴びる恥ずかしさからも解放され、更にはリクも体勢が楽だろうから、僕もホッとしている。・・・自分の犬じゃないけど。これからも、リクと自転車移動をすること多いだろうし。我がもの顔で。



この自転車、通販で約5万もしたのだそうな。このように自転車がストップしている時は、ハンドルも左右に行かないように固定されるので、犬にとっても安心安全。しかも、暗くなるとライトも自動的に点くんだそうな!ハイテク!!

僕って・・・犬の世話をするわけでもなく、ただ可愛がるだけの、いいトコどり!

| ヒト様の犬 | comments(0) |

昨夜は久しぶりに自宅でリク次郎とイチャつくことが出来て楽しかった!今朝は耳鼻科に行くことになっていたので、10時頃、飼い主宅へ連れて帰った。

飼い主宅に着いた途端、うんこ放出
リクは基本的に便が出にくい。コーギーは男性ホルモンの関係で出にくいと医者に言われたらしいが、散歩中も何度か踏ん張るのに出ないのはかわいそう。最近は、飼い主の試行錯誤もあってか以前より出るようになった。

ちなみに飼い主宅では、おしっこシートの上におしっこをし、その辺にうんこをする。ところが、我が家に来ると、(おしっこシートを出しているにも関わらず)おしっこもしなければうんこもしない。家にいる間はずっと我慢しているので、外に出すとおしっこジャージャーである。

これが不思議なのだ。なぜ、飼い主宅ではおしっこするのに、我が家ではしないのか?ただ、去年初めて家で預かった時は、僕がほんの数分家を出た隙に、おしっこシートの上ではなく、リクの荷物を入れていた紙袋におしっこをひっかけていた。その次の外出時も、床に敷いていたリク用のタオルの上でおしっこをしていた。これは予想通りでもあった。飼い主(僕は飼い主ではないが)が外出すると、わざとおしっこをする習性が犬にはあると以前何かで読んだことがあったから。

  

あちこちにおしっこされても困るので、今度はサークルに閉じ込めて外出した。すると、かなり不安だったのか、おしっこのみならず、うんこも、更には吐いた形跡もあった。

その後、何度か預かったが、僕の外出中におしっこをすることはなくなった。それはたまたまだったのか?
・・・ただ、いまだに我が家に来ておしっこシートを活用することはない。なので、リクを置いて外出することにはためらいがある。まぁ最近は連泊することもないので、リクを置いて外出しなければならないケースはないのだが。

それにしても、飼い主宅の中ではするのに我が家に来るとしないのはどういう意識の違いなのか、不思議だ。

← 飼い主宅の階段にて。2階に上がる為に、2段目まではいつも自分で前足をかける。そしてそのまま、僕に抱きかかえられるのを待っている。

別に今から2階に上げるわけじゃないのに、可愛いリク!!

| ヒト様の犬 | comments(0) |
◆カテゴリー
◆過去の日記
1/5 >>