スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

9月のライブからあっという間に1ヶ月が経った。あのライブは、これまで17年間のライブ活動の中で一番の反響で、僕としては新たな扉が開いたと強く実感している。17年間ライブをやってきて、初めてライブの醍醐味を感じ、初めて楽しいと思った。同時に、これまでのライブを思い返すと苦しかったなと・・・(特に弾き語りを続けた13年間)。よく周りの俳優やミュージシャンたちが、本番が一番楽しいと言うけれど、僕は「ステージが楽しい」ってどういうことだろう?という疑問を抱き続けていたし、なにゆえこんな苦しいライブをやっているんだろうとよく思ったものだが、でも「続けている」ということは「楽しい」ということなのかも知れない、そして「好き」なんだろうと自答していた。年がら年中、頭の中は「次のライブはどんなことをやろう」ということで一杯だったし、いいライブの為に「どんな曲を作ろう」といつも試行錯誤していた。その曲作り自体も、もがく程苦しいことの方が圧倒的に多い。

誰に頼まれたわけでもなく、自分が好き好んで曲を作り、ライブをやっているわけで、好きで楽しくなければ、そもそも17年間も続けられるわけがない。でも、やっぱり「心から楽しい」と思えた瞬間はレコーディングやライブを含めた全ての音楽活動の中で、少ししか思い出せない。それでも突き動かされるように、修行のように続けてきたことが、今ようやく報われ出したような思いなのだ。この17年間があって、そして続けて来て良かったと心から思った。

僕の音楽の一番の理解者とも言えるピアニスト・荒武裕一朗さんと13年振りに共演したことが一番大きいけれど、その他にもう1つ大きな要因があった。それは、今回のライブに「ひとりミュージカル風味」を取り入れてもがいたこと。誰もが知っている「ツルの恩返し」をベースにした物語の中に、自分のオリジナル曲をはめ込んでいき、合間にセリフやナレーションを入れた。全部自分で作った(ツルの声も、ボイスチェンジャーを使って自分でやっている)。更にはダンサーとの絡みもあり、当然芝居要素のあるシーンに関しては行き詰ってしまった。そこで、元々遠い知り合いだったプロの俳優に演技指導を受けたのだが、その時から自分の中で何かが変わったことをハッキリと意識した。ストーリーの中に自分自身が面白い位に入って行ったことで、歌が変わったのだ。そんな自分が、ストーリーに上手くピタっとハマった曲を歌った時、これまでにない実感があった。もしかしたら、これからはもっと「歌を届けられるかもしれない」という自信が生まれ、ひとりミュージカル風味以外の曲を歌う時にも、その良い作用が働いた。もしかしたら、このひとりミュージカル風味がカギなのかも知れないと思った。

更には素晴らしいミュージシャンたちの出会い。あの音の中にすっぽりと入って歌うことは何よりもの幸せだった。こんな快楽は他にないかも知れないと本当に思った。

多分に漏れず、今回のライブも準備は容易ではなかったし、時間もかけた。本番当日の1ヶ月前からは常にピリピリ、イライラしていた。でも演技指導が入った本番10日前から、本番への「恐れ」は消え、「ワクワク」に変わり、前日の全体リハーサルの後は充分に楽しめるモードへと切り替わった。迎えた本番は緊張など蹴散らして、音楽を生で届ける楽しさを満席の客席に放出していた。

17年間の数々の失敗と悔しさと反省の積み重ねが、ようやくここに来て生きてきたような気がする。僕は今、ライブのことを考えると体が熱くなる。情熱で溢れている。既に次のライブに向けて準備が始まっている。高橋功チームが一丸となって、これまで以上の熱さで、よりクォリティーの高いものを目指すためのディスカッションも増えていくだろう。僕は夢の世界をステージで表現する為に、これからも努力を惜しまない。期待していただきたい。

今週末からは恒例のフランス旅行。こちらもまた夢の世界。先日からライブの構想を練る為に、あらゆるDVDを観ているが、旅行には資料となる本も持参することになるだろう。ライブも曲作りも、五感をフル活用してこそなのだ。24時間体制でアンテナを張り巡らしている。旅行中もきっとライブのことで頭が一杯であることは間違いない!

| 音楽活動 | comments(0) |
9月28日のライブ映像ダイジェスト版を公開!1時間40分弱の公演を13分にギュッと凝縮してお届け!!

民話「ツルの恩返し」では描かれなかった与平とツウの本当の気持ち―
その心の裏側をなぞりながら、衝撃の“その後”までを描いた「ひとりミュージカル風味」を含む、高橋功ドラマティック・コンサート2019のダイジェスト版映像!!

※録音状態の都合上、一部聴き苦しい箇所がございます。あらかじめご了承ください。

YouTubeのサイトで観る場合はこちらをクリック
https://youtu.be/Octfuzf3HK4

| 音楽活動 | comments(2) |



9月28日(土)、恵比寿天窓.switchで行った「高橋功ドラマティック・コンサート2019 15周年記念スペシャル〜コウの音返し、ツルの如く!!〜」、無事に終了しました!! 企画段階からあっという間の半年。13年振りにピアニスト・荒武裕一朗さんとの共演、それに伴って13年振りのバンドでのライブ、更には初めてダンサーをゲストに迎えてのひとりミュージカル風味と、超久々&初挑戦が重なり、どうなることかと思いましたが、周囲の方々のお力添えのおかげで、何とか無事に本番を迎え、ほぼ満席というありがたい空間でパフォーマンスをすることが出来ました。こんなに幸せなことはありません!!本当にどうもありがとうございました。



13年振りの荒武さんとの共演でしたが、その年月を感じない程に、バックから流れてくるピアノは僕にとって自然でしたし、カッコいいバンドサウンドにいちいちシビれ、その音の中に永遠に入っていたい気分でした。更には妖艶なダンサーと共に演じた「ツルの恩返し」と「続・ツルの恩返し」の世界。「続〜」の方は僕の創作物語でした。笑いと切なさ、儚さをミックスさせ、歌と踊りと芝居が融合した舞台で、プロの俳優さんからの演技指導を受けて完成させました。



まるで自分の曲が、「ツルの恩返し」に合わせて作られたかのように、物語にピタっとハマっていたのが不思議と気持ち良かったですし、ロック調の新曲「知ってはいけないことがある」も好評で嬉しかったです。



更には「塩水」もロック・バージョンにアレンジされ、これまでにない激しさ。



「Fantasma」と「甘い夢」では振付もあり!!これも初挑戦でした。



そして今回は、久しぶりに山形から両親がライブを観に来てくれて、思い出深いライブになったと共に、新たな扉が開いた記念すべきライブだったとも言えます!

また次回も進化したステージをお見せすべく、努力を重ねていきたいと思っていますので、ぜひ、ステージに足を運んでください!! よろしくお願いします!



高橋功ドラマティック・コンサート2019
15周年記念スペシャル
〜コウの音返し、ツルの如く!!〜 2019年9月28日(土) 恵比寿天窓.switch

【第1部】コウの音返し
01. Blue Touch
02. 白昼夢
03. 夏景色
04. 若さを懐かしむメドレー
   こぼれた水
  〜閉じた瞳を開けないで
  〜海へ
  〜長い飛行船
05. 15年前の他人様の名曲メドレー
   Diamonds
  〜川の流れのように
  〜夢の中へ

【第2部】ツルの恩返し
06. 時の滴(転生)
07. 手をつないで
08. 知ってはいけないことがある
09. 氷の海
10. 朝が来れば変わるだろう
11. 塩水
12. Fantasma
13. 甘い夢 

【アンコール】
14. ゲゲゲの鬼太郎〜フランス語バージョン〜
15. 夕照に誘われて(ピアノ弾き語り)

| 音楽活動 | comments(0) |

本番を思うだけで、今から放心状態。いよいよ来週土曜日。ド緊張ガエルです。

今回はミュージシャンのみならずダンサーも登場、そしてプロの俳優さんからの演技指導も受けて、各分野のプロフェッショナルが集結するステージ。いつもの麗しい歌声の他にも、ダンスあり、涙あり、笑いあり、寒気あり・・・いろんなコトやっちゃいますから、上等なハンケチ用意して、是非、9月28日(土)の昼間は恵比寿にいらして下さい!

これまでにない空間をお約束します。

高橋功 ドラマティック・コンサート2019
15周年記念スペシャル
〜コウの音返し、ツルの如く!!〜

日程:2019年9月28日(土)
時間:12時00分開場/12時30分開演
会場:恵比寿天窓.switch
料金:2,900円(ドリンク代別)
チケット予約はこちら

ピアノ:荒武裕一朗
ギター:藤山周
ベース:永松徳文
ドラム:山下正揮
ダンス:Otaka

| 音楽活動 | comments(2) |


↑今回のライブのフライヤー用に撮影した時の1枚

なんだかんだで1ヶ月後に迫っているワンマンライブ。決定したのは3月で、まだまだ半年も先〜などと悠長に構えていたのに!気持ちばかりが焦って頭はカッチンコッチン。仕事、ジム、スタジオと目まぐるしい日々です。

そしてやっっっぱり見てしまう恐ろしい夢!この間は、本番直前にバンドメンバーの1人がいきなりどこかに隠れてしまい、なんとか見つけ出して説得して位置に付いてもらってライブは始まったのだが、そのドタバタ劇を見せつけられたお客さんはどんどん帰り始めるという夢。つい先日も、本番中にお客さんが帰って行き、中盤でたったの2人になったのだが、その2人は風邪を引いてるとかで「帰ります」と宣言して席を立ち、なんとお客さんは誰もいなくなってしまい、僕のライブは言わずもがな強制終了!!という、笑うに笑えない恐ろしい夢だった。

ライブが近づくと必ず見る夢シリーズではあるが、ことワンマンライブは準備にも時間がかかるので、心はずっと不安で忙しないわけである。自分で企画したクセに「なんでこんなことをやろうと思ったのだろう」と思うのは毎度のこと。そして本番のステージに踏み出すあの恐ろしい一歩を想像するだけで、今から胸がドキドキしてしまう。



今回は何といっても後半の「ひとりミュージカル風味」が見所なので、それを考えるだけで冷や汗が滝のよう。加えて新曲(ひとりミュージカル風味の肝となる楽曲、タイトルは「知ってはいけないことがある」。なかなか意味深デス!)。ずっと練習してきたのだが、突然「やっぱり納得がいかない」と言い出し(自分が)、サビを作り直すことに。あーでもない・こーでもないと悶えながらやっと完成し、苦しみながら歌詞も完成させ(傑作が出来たと大わらわ!)、しかし毎度のことなのだが、練習していると、歌詞に変更点が必ず入る。メロディーと合っていなかったり、違う表現が良いと思ったり。そうすると、最初に練習していた歌詞を追い出すまでに、結構混同して間違えるのである。歌にしても、最初は歌うので精一杯だが、段々慣れてきて色付けを始めると、今度は歌の粗が見えてきて、試行錯誤しているうちによく分からなくなり、これまた練習が苦しいのである。

でもまだ1ヶ月ある!!一度限りのライブ、楽しんだ者勝ち!!!
 

高橋功 ドラマティック・コンサート2019
15周年記念スペシャル
〜コウの音返し、ツルの如く!!〜

日程:2019年9月28日(土)
時間:12時00分開場/12時30分開演
会場:恵比寿天窓.switch
料金:2,900円(ドリンク代別)
チケット予約はこちら

 

| 音楽活動 | comments(0) |

出来上がりました!!

今年は表裏両面のフライヤー。

↓裏

大きさサイズのPDF版はこちらからダウンロードしてください!

| 音楽活動 | comments(0) |


昨日、とある場所で30分のステージを依頼されて、初めてアコーディオンのような楽器を持って弾き語りで歌ったのだが、本番がスタートして、さあ演奏開始!というその時、楽器の音が出ずにトラブル発生。ステージ上でなんとかスタッフと連携し合うものの、結局15分もロスし、僕は冷や汗かきまくり、気の利いたコメントも出来ぬまま焦りながら歌い始めるも、予定していた曲も減らし、動揺したまま演奏を続けた。・・・という夢を見た。ついに始まりました。ライブ前のコワ〜〜〜〜い夢シリーズ。こういう夢は数えきれない程見ている。新曲を歌うはずが、ステージ上で歌詞もメロディーも全く覚えていなくて冷や汗、とか、ライブ中にどんどんお客さんが帰って行く夢とか。きっと本番に向けての不安がそういう夢を運んで来るのだろうけれど、本当に勘弁していただきたい。実際今も、ライブの構成に関してアイディアを絞り込まねばならず、一日中、四六時中そのことを考えているのだから、こういう夢も見始めるのである。

さて、9月28日のワンマンライブのリハーサルも先月からスタートし、心の中は日々せわしないけれど、もう次回は何のアイディアも出ないんじゃないか!というくらい、今回のライブは、今迄やりたいと思っていたこと全部の全部の全部!!つぎこんでいます。もうこんなライブは今後出来ないことでしょう!というくらい、全部全部やっちゃいますスペシャル。

13年ぶりのフルバンド!そしてなんと!!ダンサーも登場します!!!今回は15周年ということで、ナツカシの曲も沢山やります。どうぞ、今から予定を空けておいてください!!お願いします。
 
***************************************************************
高橋功 ドラマティック・コンサート2019
15周年記念スペシャル
〜コウの音返し、ツルの如く!!〜

2019年9月28日(土)
12時00分開場/12時30分開演
恵比寿天窓.switch
料金:2,900円(ドリンク代別)
 
【第1部】コウの音返し
15年前にタイムスリップし、リクエストの多いオリジナル曲に加え、お若い方からそうでない方まで網羅する他人様のヒット曲で音返し
【第2部】ツルの恩返し
民話「ツルの恩返し」をモチーフに、高橋功の既発オリジナル曲を絡めたひとりミュージカル風味、そして衝撃のクライマックスへ・・・

初アルバム発売から15周年を記念して、13年振りにピアニスト荒武裕一朗さんと再タッグを組み、フルバンドで最高に贅沢なサウンドをお届けします。
そしてあろうことか、高橋功ライブ史上初となるダンサーOtakaさんをゲストに迎えるという大冒険を犯します。
泣いて笑っておどけて、夢か現実か分からない、1日限りの、正に“ドラマティック”な音返しの時間に”コウ”ご期待!

◆ミュージシャン
荒武裕一朗(ピアニスト)
ビクター音楽コンクールで優秀賞受賞。学生時代に本田竹広氏のピアノに心酔し、福村博(tb)氏にジャズ理論を師事。
単身NYで研鑽を積み、菊池雅章氏にレッスンを受ける。これまでにリーダーアルバム6枚を発表。
2008年、唯一の日本人として欧州ツアーメンバーとして単身ヨーロッパへ招聘されオランダ国内をはじめドイツ・ベルギーでのコンサートで好評を博する。
2012年、歌手・米良美一と横須賀芸術劇場大ホールにて共演。
2013年、東京・新国立劇場で芸術監督D.Bintley「ダイナミック・ダンス」音楽監修・共演。

藤山周(ギタリスト)
甲陽音楽学院にて土野裕司氏に師事ジャズなどの テクニック理論などを学ぶ。
2007年、バークリー音楽大学に入学し、Julien Kasper氏、Curtis shumate氏に師事し、ブルースやR&Bなどの音楽を学ぶ。2009年5月同大学卒業。
同年夏より東京で活動をスタート。自己のユニットSmokin'The JAZZ、CO-STARでの活動 およびアーティストのライブやレコーディングのサポートも積極的に行っている。
今までの主な共演者は、Uko、CREAM、小柳ゆき、w-inds.、LEE JONG、HYUN(CNBLUE)、WEVER、May J.、Ms.OOJA、OHGA大神、TyroneHenly(ex Incognito)、など。

永松徳文(ベーシスト)
学生時代にエレキベースを弾き始め、高校を卒業後上京しミュージックトレイン音楽スクールにてジャズ理論を学びながらウッドベースも弾き始める。在学中にプロ活動を開始。
現在は都内のジャズクラブへの出演や自身が企画するライブ、アーティストのサポートなど、ジャズを軸に様々な場所で演奏をしている。

山下正揮(ドラマー)
14歳からドラムを始め、高校卒業後、東京のアンミュージックスクールにて、樋口昌之氏、池長一美氏に師事。卒業後、米国LA Music Academy (LAMA) に留学。
Joe Porcaro、Ralph Humphrey等に師事し、同校卒業後、米国にて演奏活動を開始。Richard Glaser Quartet、L.A. LYON等に参加。
帰国後、ジャズ、ポップスアーティストのサポートなどで活動。現在自身のドラムスクール、ヤマハPMSなどでもドラム講師を務めている。

◆スペシャル・ゲスト
Otaka(ダンサー)
幼少期よりジャズダンス、タップダンス、ヒップホップに出会い、日本女子体育大学舞踊科にてあらゆるジャンルの踊りを習得。
現在では数々のエンターテイメント系ダンスショーやラテンソロパフォーマンスなどに出演。
浜崎あゆみ、 川嶋あい、うつみ宮土理等のステージでダンサーを務めた他、JRA競輪CMに出演、池ノ平温泉スキー場CMでは振付を担当。
TV「スタードラフト会議」でお馴染みのヤスチンと共にダンスショーチーム『YASU-CHIN with 黒豹女豹』所属。 
| 音楽活動 | comments(0) |

ついに発表!!

ファースト・アルバム『記憶の森へ』発売から15年を記念して、9月にライヴを行います。
(去年は40周年記念リサイタルでしたが、今年は15周年記念・・・!!!)
しかも、なんと13年振りにフル・バンドでのライヴ!!
更にさらに!それだけではなく、当時のライヴとCDで、アレンジとピアノ演奏を担当してくれていた、
ジャズ・ピアニストの荒武裕一朗さんと13年振りにタッグを組みます!!

実は去年6月のライヴの時点で考えていたことで、今年に入ってから荒武さんに打診。
快諾していただき、先日打ち合わせを行い、だいぶ内容が固まってきました。
そして今日は、フライヤー(チラシ)用の撮影を行いました。

ハッキリ言って、気合いがハンパじゃありません。
内容は・・・スゴイです。タイトルの如くです。
これまでで一番派手なサウンドで、そして最高のライヴになることは、
100%間違いありません!是非、お見逃しなく!!

 

高橋功 ドラマティック・コンサート2019
15周年記念スペシャル
〜コウの音返し、ツルの如く!!〜

日程:2019年9月28日(土)
時間:12時00分開場/12時30分開演
会場:恵比寿天窓.switch
料金:2,900円(ドリンク代別)
チケット予約はこちら

| 音楽活動 | comments(0) |


6月のライヴ映像を公開してから、メール等で色々と感想を頂いております。今回のライヴでは、活動を始めた頃(2002年〜2004年)の懐かしい映像もチラリと紹介しているのですが、当時足しげくライヴに来て下さっていた方からのメールで、あの頃の曲(「こぼれた水」や「閉じた瞳を開けないで」)がとても懐かしく、気が付いたら口ずさんでいるとありました。嬉しいじゃ、あ〜りませんか!僕が行ってきたライヴは9割方、音源か映像として残してあるので、当時の音源・映像をいくつか差し上げました。その作業をしている中で、僕自身も忘れていたような曲や当時の定番曲を改めて聴いていたら、「ん?結構いい曲ジャン!」と自画自賛してしまうわけです。歌唱や発声もダメダメだったと思っていたけれど、思っていたよりは歌えていたり、声が出ていたり(若かったんですねぇ)。いろんな発見がありました。次回の選曲の参考にしようと、あれもこれも聴きたい気持ちはあるものの、長々とは聴いていられないんです。懐かしすぎて、切なすぎて!!振り返るにはまだ早い。

| 音楽活動 | comments(0) |



早いもので、あれから既に2ヶ月弱経過していますが、
ようやく当日の様子を編集した「ダイジェスト版」が完成しました!
公演は実に2時間10分に及びましたが、PCの前で飽きずに!観やすく!をモットーに50分に凝縮しています。
当日歌の合間にスクリーンに流した映像の数々も収録!
(一部カットしているので、もう1回アレを観たかったのに!というアレが無い可能性もあります)

YouTubeにアップしましたので、あの日の感動をもう一度!是非ご覧ください。
高橋功 40周年記念リサイタル〜コウの夢は今ひらく〜【ダイジェスト】



【​オープニング映像】
【コウの夢がひらくまで 片田舎の天才ピアノ少年時代】
【コウの夢がひらくまで 初ステージは海外だった!】
【コウの夢がひらくまで 高橋功・魅惑のヒット曲集】
01. 海からの手紙
―MC―
02. 空の少年
03. 夏景色
【コウの夢がひらくまで 衝撃のワンマンライヴ】
【コウの夢がひらくまで 生い立ちにまつわる感動のトーク】
―MC―
04. 恋心
05. 夜の窓
【コウの夢がひらくまで 何が何でもテレビで歌いたかった】
06. ザ・昭和“意味深な歌”メドレー
   圭子の夢は夜ひらく
  〜恋のバカンス
  〜ひと夏の経験
  〜狼なんか怖くない
  〜美・サイレント
  〜男と女のラブゲーム
  〜2億4千万の瞳
  〜もしもピアノが弾けたなら
  〜リバーサイドホテル
【コウの夢がひらくまで スターになれると言われて出演…】
―MC―
07. 白昼夢
08. Blue Touch
09. Fantasma

【サスペンス劇場オープニング】
〜サスペンス劇場「黒い罠」〜
10. さらば友よ
11. 別れの曲(ピアノ演奏)
12. 塩水
13. 愛されて眠りたい

―MC―
14. 春の小径
15. 海風―UMIKAZE―
16. 長い飛行船(アンコール)

| 音楽活動 | comments(0) |
◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ
1/33 >>