スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
◆オススメ
◆RSS



筋トレ頑張ってます!

今年の3月のとある朝、左腕を上げたら肩関節が痛み、上半身のトレーニングは控えて様子を見ていたのだが、少し痛みは和らいだものの、なかなか完治せず、不本意ながら整形外科へ。なぜ不本意かというと、以前、足裏を痛めた時もそうだったが、レントゲン撮られて触診して(レントゲン撮らずに触診もしない医者もいる)、一般的な症例から診断されて「治るまで安静」という言葉を頂戴し、痛み止めを処方されるものの、一向に良くならない・・・というのが僕の整形外科への偏見だからである。治らないものだから、あちこちの整形外科に行ってみるものの、結局同じ。でも念の為と思い、肩関節の時も整形外科に行ったのだが、案の定通常コースだった。

しかし良くならず。良くならないということは、上半身のトレーニングが出来ないということであり、それはかなりのストレスとなって僕を苛つかせ、更にはなんと、数週間やらないだけで、見事に上半身の筋力は落ちた。やっぱり続けないと意味がないのだということを痛感させられた。そして、痛みのある患部に湿布をせっせと貼っているし、痛み止めも飲んでいるのに治らない、ということは、整形外科医が思っているところと違うところに原因があるはずだ。だってそもそも、触診もせずに僕の話だけで診断しているのだから。



もう整形外科はやーめた!と思い、ならばどうする?と、ネットで検索をかけたところ、とある治療院に行き当たった。「整形外科で治療を受けているが、一向に良くならない」という人に打ってつけのホームページだった。健康保険が効かない鍼治療だし、鍼は嫌いなのだが、それでもとにかく藁にもすがる思いで予約を入れた。

すると案の定、整形外科医とは全く異なる診断を下された。痛みは胸上の左肩関節に出てはいるものの、原因は肩甲骨当たりの筋肉の突っ張りからくるものだったのだ。それじゃあ、いくら痛いところに湿布を貼ったからといって、何の解決にもならないわけだ。鍼治療を何回かすれば完治すると言われた。正直なところ、半信半疑だったが、とにかくやってみようと思った。



翌日の朝は普段通りの痛みだったが、午後になったらスーッと痛みが和らいだのにまず驚いた。ただ1回の治療では治らないと聞いていた通り、日によって痛みは異なった。2回、3回と通いながらもなかなか完治しないので、「本当に治るのだろうか?」という不安ももたげてきたが、4〜5回目あたりで「ほとんど治っているので、上半身のトレーニングも再開して下さい。それでやってみてどうなるか、教えて下さい」と言われた。確かに随分と痛みは取れていて、6回目の治療で完治!!1ヶ月ちょっとの通院だった。

実に2ヶ月間も上半身のトレーニングが出来ず、たとえ治っても再発するのでは・・・という恐怖もあったのだが、整形外科医には気づいてもらえないことに気づいてくれた治療院と出合ったおかげで、もう恐いものナシ!5月以降は、思いっきりトレーニング出来る幸せを噛み締めながらジムに通っている。仮にまた同じ痛みが襲ったら、すぐにあの治療院に行けばいい。

 
 

| スポーツ | comments(2) |
最近更新をサボっていたので、一気に更新!(ナンノ30周年記念コンサートの記事と同時にアップ)

2月11日(木)、赤坂にあるスウェーデン料理の店「ストックホルム」に行って来た。過去のブログで確認すると、なんと8年振り!!いやぁ、ここ、素晴らしいわけです。バイキング料理、いわゆるビュッフェ形式の、正式にはスモーガスボード。ただのビュッフェだと思ったら痛い目にあうぞ、っつーくらい、どれもこれも絶品。特にキャビアが!キャビアが!!キャビアがぁぁぁぁ〜〜〜!!!



言葉になりません。

というわけで、先日に引き続き、またまたトレーニングの写真を。









必死に頑張ってます!!
| スポーツ | comments(0) |
ジムでパーソナルトレーニング中!毎回ヒーヒーです。





| スポーツ | comments(2) |
2ヶ月前から、近所のジムでパーソナル・トレーニングを週1で受けて肉体改造中。1対1のトレーニング、1回につき6,480円もかかるだけあって、毎回レベルアップしていく。これが結構キツく、「え〜っ?!もう1ワンセットやるんですかッ?!(睨む)」「エッッッ!!!今のをもう1回?(怒る)」「うわっ!コレ・・・恐怖です(SOS)」と、クレーマー気味になりかけている。かと思いきや、トレーナーがウェイトを前回より重くしているのを横目で見ていたら、
「なにか?」
と、冷たく言い放ってきたので、「なにも」と言い返しながら、重い思いに耐えるのである。

昨日は、「一食につき、ご飯を1合食べる」と口をすべらせてしまったら、案の定、トレーナーの顔色が変わり、
「そ、そ、それを早く言って下さい!1合はダメです!もっと減らさないと!!」
それに輪を掛けて、その後ポテトチップスを食べてしまうと言ってしまったものだから、しっかりと説教を頂戴した。ありがとうございました。

この間はプーケットから帰って来た翌日にトレーニングが入っていたので、疲れが残ったまま行ったら、開口一番「顔がむくんでます」と言われ、こちらはこちらで、ヘトヘトで死ぬかと思い、「やっぱり今日入れなきゃ良かった」と言ったら、それは許されないと叱られた。来月も10日程日本を離れるのだが、出発前日と帰国翌日にトレーニングを入れられてしまった。おそろしや・・・。

しかし、あれほど悩まされていた肩凝り&首凝りからは解き放たれ、すっかりマッサージ要らずである。マッサージ代がジム代になっているのだから安いものだ。そして恥ずかしながら、トレーニング中のシューズは高校時代に体育で履いていたモノ。一応、「高橋」と書いてあったところはマジックで消しているが、20年前の、しかも体育で履いていた靴とは、とても恥ずかしくて言えない(気づかれているだろうが)。でも以前買ったシャレたスニーカーはトレーニングで履きたくない。

| スポーツ | comments(2) |
新年あけましておめでとうございます。
年賀状に「ブログ見てますよ」と書いて下さった方が何人かいて、結構定期的にこのブログを開いて下さっている方がいるんだなぁと知り、身の引き締まる思いでございます。2003年2月から日記を書き始め、もうすぐ丸12年!!今年もどうぞよろしくお願い致します。

7年振りに再開したジム通いも、年末年始の2週間を除き、しっかり続けています。毎回毎回「面倒臭い」と思いながら、サボらずに行ってます。週に1回のパーソナル・トレーニング、その他は2〜3日に一度の自主トレ。1回につき6千円もかかるパーソナル・トレーニングも自主トレも、どちらにしても「ああ・・・面倒臭い」と思いながら、重い足を引きずって行ってますが、帰りの足取りは驚くほど軽いのです。っつーのも、トレーニングを始めてまた1ヶ月未満であるにも関わらず、体調がすこぶる良いのであります。あんなに酷かった肩凝りと首凝りも、嘘のような軽やかさ。これはやはりトレーニングの賜物。

なんつったって、年末年始の約2週間、雪の鶴岡では何処にも行く気になれず、毎日毎日家でゴロゴロとだらしない日々を送っていたにも関わらず(天気のいい日に2度程ウォーキングには出かけましたが)、体の気だるさが思ったほどなかったのです。そして東京に戻り、トレーニングを再開すると、それはそれは体が軽い。パーソナル・トレーニングでの少しの甘えも許されない筋トレも、ランニング・マシンでの有酸素運動も、はたまたストレッチも良いこと尽くめ!

なのに・・・だのに・・・行くのは面倒臭いのであります。元来、スポーツが好きではないのですから。でも頑張るのであります。もはや、毎週のマッサージ要らずはほぼ確定です。恐るべし運動!
| スポーツ | comments(0) |
来年3月の20年振りのアメリカ再訪にあたり、ジョージアにいるホストファミリーや当時の友人たちに興奮まじりのメールを送った。会いたい人がわんさといるから大変!と最初は思ったものの、いざメールを出す段階になったら、さほどの人数でもなかった。すぐさま返事をくれた人もいれば、何日経っても返事がなくてやきもきさせてくれた人もいたが、当時一番仲の良かったフィリップ君からの返事を以て、ようやく全員からの返答が得られた。さすがにジョージアにいない人も何人かいるので、全員との再会は無理かも知れないが、それでも「都合があえばジョージアに飛んで行く!」と言ってくれた人もいたし、現段階でOKをくれた人たちとの再会を妄想しながら心は躍っている。ただ、かのフィリップはジョージアに住んでいないばかりか、音楽関係の仕事であちこち飛び回っているので、会えるかどうかはまだ分からず。友達の中では一番多く遊んだし、楽しい思い出も限りないので、彼に会わずしてアメリカを去るのは何とも無念ではあるのだが・・・でもきっと会えるだろう!

当時、まさか20年後の再会があるなんて誰が想像しただろう。1年にも満たない月日を共に過ごしただけの留学生をいまだに覚えていてくれて、また迎え入れてくれることはとても有り難いし、僕にしても、チャンスはそうそうあるものでもない。アメリカに個人的な旅行で行くこともこの先ないかも知れないし、このチャンスを有効活用したい。

さて、20年振りの再会の手はずが整ったところで、お次は「再開」。7年振りにジムに通うことにした。目的は3つ。1つ目は7年前と同じく、理想の体型を手に入れるための筋トレ。2つ目はもはや太刀打ち出来ないお腹ポッコリを引っ込めるため。そして3つ目はマッサージに行く度に脅される全身のコリをほぐすため。年齢的にも、そしてこの先の長い年月のことを思うと、どんどんコリは酷くなる一方だろうから、とにかく今からでも始めなければならない。

そこで今回は思い切って、トレーナーに1対1で指導してもらうパーソナル・トレーニングを遂にやることにした。7年前はお金をケチってやらなかったのだが、結局、自己流でトレーニングしていても、フォームが正しくなければ意味がないし、何と言っても自分に甘くなって、終いには流れ作業に飽きてしまう。トレーナーを付ければ、メニューも随時体の変化に合わせて作ってくれるし、何より、付きっきりなのでフォームを直してくれて、更には怠けさせてくれない。しかしお金はかかる。1回につき6千円が飛ぶ。これを、まず慣れるまでは週1回取り入れて、合間に自主トレ。高いけれど、マッサージ代をそちらに回せばいいし、もはや「高い」などと言っていられない。長期的に見れば安いもんだと思う。

そして何と言っても、立地が重要。以前は自転車で30分かけて通っていたが、大抵の場合「行くこと」が面倒になるらしく、僕も例外ではない。なので今回は、自宅から徒歩数分(駅のすぐそば)にある、去年出来たばかりのジムを選んだ。大手のジムとは違い、筋トレマシンはなく、TRXやViPRでのトレーニングになるので、飽きは来ないだろうと思っている。今度こそ、パーソナル・トレーニングで絶対に挫折しないと決めている!!何より運動不足の解消を始め、コリの解消、筋肉を付けられることと、一度に数度おいしい。
| スポーツ | comments(2) |

かつて筋力アップのためにジム通いしていたのは遠い昔。引っ越しを機に止めた。その後、運動不足解消のために区民プール通いを始めたが、25メートルを行ったり来たりするのに飽きて止めた。巻くだけで腹筋運動になる腹筋ベルト(スレンダートーン・エボリューション)も通販で買ったのに、面倒臭くなって止めた。

すると当然の如く、お腹ぽっこり大会で、最近、友人たちに「気持ち悪い」と言われるようになった。そう言う方々の腹は美しく割れているかといえばそういうわけでもなく、同じようなぽっこり腹。「自分だって同じジャン!」と抵抗すると、僕の場合は体全体が細いのに、腹だけがぽっこりしているからダメなんだそうだ。他も太ければ釣り合いとれるらしい(あくまで見た目の問題)。

ムムムッ!!やっぱりこのままではいかんと思い、再びプール通いすることを決意。数ある運動の中で唯一得意なのが水泳なのである。早速「水泳再開しました。続ければ本当に腹はへこむかな」と、プール通いしてる友人にメールしたら「水泳は全身運動だから腹もへこむよ〜」と体験談が届いた。「あの腹はやばいよね〜」と余計なひと言もくっついてきたけれど。

かつてジム通いしていた時にはしょっちゅう筋肉量や体脂肪率を測定していたのだが、出てくる数値の中に基礎代謝量なるものもあった。当時、標準値が1390なのに、僕は1578もあった。これは人が一日中安静にしていても消費するエネルギー量のことで、基礎代謝量が高いと食べた物をエネルギーとして活発に消費していることになる。僕の場合、食べたものを燃やすのが早く、肉になりにくいわけだ。ゆえに食べても太らない(そして筋肉量アップに繋がらない)ことを納得せざるを得ず、筋肉を増やしたい僕はため息が出たものだが、腹だけは立派に成長する。いくら食べても太らないなんて若さの専売特許のようなもので、年には抗えない。

水泳をするとスッキリするので一石二鳥。しかも最近は、何も考えず、ほぼ無の状態で泳いでいるので、ゼーゼーすることもなければ、ただの往復が面倒にも思わず、いくらでも泳いでいられるような気にさえなる。
| スポーツ | comments(3) |

30代の皆々様方(一部の20代後半の方々も含めてよろしい)のご多分に漏れず、次第に腹さんがヤバくなってきてはいるのだが、見て見ぬフリをず〜〜〜っとしていた。が、見ぬフリをしようとしても目に入ってしまうくらいヤバいことを認識し、「そうだ!プールに行こう」と思い立ち、周囲に宣言したのが去年の夏。この半年の間、プールに行った回数は、たったの0回。

腹さんはヤバくなる一方だし、そのうちステージではちきれんばかりになっても困るし、最近やたらと気だるいし、これはきっと運動不足に違いない(ジムに通ってた頃はもっと軽やかだった)と思い、健康のため、筋力アップのため、体質改善のためにも「もう決めた!プールに行く!明日から!」と宣言したのが昨日。有言実行、ホントに行って来た。自転車で5分チョットの区営プール。そのすぐ横に、見慣れた看板がある・・・と思ったら、我が家から徒歩10秒のところから移転した、友人マックスが勤める会社。行くトコ行くトコ、ついて回るってわけですね。

なんで水泳なのかっつーと、運動嫌いの僕が唯一出来るスポーツが水泳なのだ。小学校3年から中学3年までスイミング・スクールに通い、中学では3年間水泳部だった。他のスポーツとなるとてんでダメ。興味もなければ、出来もしない(やる気もない)。よくよく考えたら、引っ越しがきっかけで止めたスポーツ・ジム通いも、ウェイト・トレーニングの日々に段々飽きていたのであった。ジョギングやウォーキングなんて、想像しただけで息が切れて1日と続かなそう。でも水泳なら、元々好きだし、かつて泳いでいたわけだから、これは絶対に続けられる。しかも部活のように競泳のための苦しい練習とは違うわけだし。

思えばプールでちゃんと泳ぐのは10年ぶり。周りをキョロキョロしながら(粗相することないように…)、プールに入る。懐かしい。ちょっと泳いだだけなのに、既に筋肉痛の気配。50メートル泳いで数秒休憩をとるが、休憩よりも泳いでいる方が楽な気がする。1時間泳いで退散。翌日を待たずして、既に腕と胸は立派な筋肉痛だ。イイことだ。腕と胸に、肉が欲しい。憧れだ。

もうひとつの憧れ・・・スイマーズ・ハイを経験してみたい。

| スポーツ | comments(4) |
最近ジムに行っても、友達がいるわけでもないし、話し相手になってくれていたスタッフは半年前に異動になったし、たまにジム内でふざけてくれるスタッフとはそんなに会わないし、かといって友達を作ろうと思うわけでもなく、他のスタッフに話しかけてみる気もなく、ひとり黙々とトレーニングをしている。

なーんて、それがフツウ。

話に夢中になると、トレーニングそっちのけ、閉館時間もそっちのけで、結局ほとんどトレーニングもしないまま「ご帰宅」となることもあるので(あったので)、今の状態がフツウなのだ。

しっかし。

習い事をしてた頃も、ちょいとだけ派遣されて仕事してた頃も、先生や担当さんとムダ話になることは常であった。しかも長時間。関係のない話ばかり。でもって、結構なくらい盛り上がって。今、チーターとの時間もそんな感じであるが。

時間をムダにすることがなくなったジムでのひととき。
あ〜・・・でもやっぱりあの頃が懐かしい。
| スポーツ | comments(0) |

↑沖縄写真、小出しです。

沖縄WEB写真集の作業ガンバッテます!!!完成間近デス!

今日は意気込んでジムに行ったら、なんとまぁ「休館日」で閉まっていた。ガックリ。貴重な時間を使って何やってんだろ?と虚しくならないよう、「自転車で有酸素運動が出来た」と思うことにした。でもって帰りにアイスを買って食べた。

7月はなんだかんだ言って、あまり時間がとれずジムにあまり行けなかった。先週久しぶりに行ったら、氷川きよし似スタッフに「お久しぶりですねぇ〜」と言われた。
「この間、Mさん(4月から他店舗に異動になった)に会った時、しっかり氷川さんのこと“意地が悪い”と報告しときましたから」と、僕。
「何言ってるんですか!Mさん、何か言ってました?」顔にシワを寄せる氷川さん。
「氷川さんのこと?」
「はい」
「いや別に。笑ってた」
「ボクの心の師匠なんですから!Mさんが異動して、もう半年くらい経ちましたよね。あ、半年も経ってないか?」
「もう、僕はMさんがいなくなって、ジム人生終わりました」
「なんでですか?ピラティスがなくなって?」
「まぁそれもあるけど、いろんなこと訊ける人がいなくなって・・・」
氷川さん、ちょいと“ムッ”とする。
「もう充分高橋さんは一人立ちしてるじゃないですかぁ〜」
「いやいや!最近、飽きてきちゃって。毎回毎回やること同じなもんで」
「マンネリ化してきてますか?」
「そうなんだよね〜。どうも毎度同じだと飽きるね」
と言いつつも、先日は久しぶりに上半身を中心にトレーニングしたら、しっかり筋肉痛になり、すっかりやる気が戻った。

筋肉痛になってやる気がドカンと戻るなんて、思いもしなかった。
| スポーツ | comments(2) |
◆カテゴリー
◆過去の日記
1/4 >>