スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

猛暑続きの日本列島。東京も例外なく暑くてたまらないが、先週の3連休はここより更に熱くて暑い大阪にいた。そういえば去年は大学時代の友達がフランスから一時帰国していたこともあって、この時期に名古屋に遊びに行ったことを思い出した。名古屋も大阪の暑さは東京のそれと比べても段違い。迫って来る暑さ!

でもそんな暑さなんか吹き飛ばすくらい(蒸し暑さにぜーぜー言ってはいたけれど)、とーっても楽しい3日間であった。なんつっても、今回の目的は「ごみ処理場」「ユニバーサルスタジオ」「太陽の塔」、そして大学時代の友人との11年振りの再会!!それに加えて大阪グルメ、さらには安室奈美恵展覧会の大阪会場初日に重なっていることを前日になって知り、それにも行って来た。

京都で大学時代を過ごしたので大阪にもたまに行ってはいたものの土地勘もなく、しかも今回は11年振りの大阪。美味しい店を大阪在住の友人にきちんと訊いて、絶対に地元の人しか行かない、観光客ゼロの串カツの店からスタートしたのである。「観光客ゼロ」、なんて美しい響き!

 
 

緑橋にある「鈴屋」。行った時には既に満席!ちょうど端っこの席が空いていたので、なんとか座れたので超ラッキーだった。地元の人で満席ということは・・・もちろん、東京で食べるのとはワケが違うくらい美味しかったのである!!

大阪に来てなぜごみ処理場?別にゴミを処理したかったわけではない。見よ!これを!!​



舞洲ゴミ処理場はとんでもなくユニークな建物。ロシアの建物のような、いや、おとぎ話のような夢のある建築物なのである。本当は中を見学したかったけれど、事前予約が必要なのと平日しか空いてないので、今回は元々外観だけを観に行ったのであるが、不便なところにあって暑い中バスを待った甲斐があった!本当に外から観るだけで面白かった。

 


少し歩いたところには別棟がある。

 
 


そこからバスですぐのところにあるユニバーサルスタジオ・ジャパン。かれこれ26年前、全国の中学生200人と共にカリフォルニアに研修旅行に行った際、本場のハリウッドでユニバーサルスタジオに行ったのだが、これがとてつもなく面白かったので、日本に出来た際、凄く行きたいと思いつつ、15年以上も経過。一番乗ってみたかった「バック・トゥ・ザ・フューチャー」はもうなくなっていたのですこぶる残念だったが、今のこの時代、凄まじいテクノロジーで楽しませてくれるアトラクションには感激した。VRを使っての乗り物は、もう正に、本当に空を飛んでいるかのような錯覚に陥る。暑い中、足も腰も痛くなるくらい待った甲斐があった。



この「太陽の塔」は有名だが、まさかのまさか、今年から内部公開が始まっていたことなど知る由もなかった。47年もの間閉ざされており、廃墟同然だった内部を再建し、予約制で一般公開している。ンもう、これが興味深いのナンノって!岡本太郎独特のあの世界が、美しい照明と共に蘇っていたのである。万博の時は、中にエスカレーターが入っており、他のパビリオンへと通ずる役目も果たしていたのだが、今は階段にして軽量化したとのこと。



これは裏。いつも表ばかりが映されるので、後ろを見たのは初めて。中にあるお土産ショップでマグネットを購入し、今は我が家の冷蔵庫にその「後ろ姿」が張り付いている。



東京に帰る直前には、新大阪駅の中に入っている「​美々卯」で、初めてうどんすきを食べた。絶品!!!!!の一言です。関西はうどんが美味。



暑かったけれど、とにかく興味深い場所との出合い、そして11年振りの友人との再会も感激で、暑くて熱い、更に食べ物も熱い、なんだか本当に心に残る旅であった。

| 旅行 | comments(2) |

あけましておめでとうございます。
昨年は4年振りにライヴを再開、そして今年は6月23日(土)に7年振りのワンマン・ライヴを予定しています!今年も頑張りますので、何卒よろしくお願いします!!

さて、2017年12月31日から3泊4日で、両親・祖父・伯母と共に沖縄で年末年始を過ごしました。毎年雪と冷たい風で寒い寒い東北の正月を、「あぁ〜暖かいところで過ごしたい」と言っていた両親の願望がついに叶ったわけです。1年前から計画し、7月上旬の発売と共に予約!

僕にとっては7年半振り7回目の沖縄ですが(前回の旅行記はこちら)、年末年始は初めて。20度もある沖縄は、東北では考えられない過ごしやすさで、その暖かさを思う存分漫喫しました。

31日、9時15分羽田発のANA便で那覇へ。3時間のフライトで昼過ぎに着き、空港で沖縄そばを食べ、ヘンテコリンなナビに誘導されながらまずは​ハイアットリージェンシー那覇沖縄にチェックイン。4日間のうち、この日だけ「曇り」のはずがパラパラと雨が降って来る。が、まぁ、国際通りをうろちょろするだけだったので特に問題なし。買い物をして、これまた何か月も前に予約していた鉄板焼きレストラン「」で夕食。さほど期待していなかったのだが、どれもこれも美味しくて、大正解だった。泡盛もとても飲みやすく、とにかく大満足。その後はホテルでワインを飲みながらワイワイと、紅白歌合戦を観ながら夜は更けていきました。

翌1日は晴天!!話によれば、沖縄の元日は例年あまり天気が良くなくて、こんなに晴れている日は珍しいのだとか!とてもラッキーなのでありました。この日は南へドライブ。まずは「ひめゆりの塔」。父と祖父だけ平和祈念資料館へ。道路沿いにあった土産屋の「さーたーあんだぎー」を食べない?と母が言う(母は「あんぎさだー」とか「さーたーあんださー」と毎回真剣に間違えて、僕を笑わせてくれました)。うーん・・・土産屋のものってあんまり美味しくないんじゃ・・・と難色を示す僕に「でも揚げたてだから美味しいんじゃない?」と母。えっ!?揚げたて?それは食べたことない!っつーことで、早速買ってみたら、サックサクでこれがもう美味しいのなんのって!!今回の滞在中で唯一の「揚げたてあんだぎー」でありました。母よ、ありがとう。

その店とはまた別の土産屋で沖縄そばを食べ、次は新晴ビーチへ。泳ぐわけではないけれど、ビーチを見たいということで。なのに駐車場は有料で、抜け目ない係のお姉さんからちゃっかり500円とられたのであります。滞在時間短く去り、斎場御嶽(せーふぁうたき)を目指す。世界遺産だけあって観光客わんさか!しかし我ら、そこには行かず、周辺の景色だけで満足する。

 
これだけで満足!

そして絶景カフェ「くるくま」へ。天気も良く見晴らしも最高!!贅沢な時間です。

 
 

この後は北上して、北谷にあるヒルトンホテルにチェックイン。沖縄料理の店「北谷ダイニング」で夕食。

沖縄滞在3日目となる1月2日、まずは「今帰仁城跡」へ。僕は多分4〜5回訪れているが、毎回景色に感動する。遠くの海が本当に綺麗なのだ。碧とエメラルドグリーンのコントラストが素晴らしいのだが、写真では表現しきれていない!!実に、生で見るべき風景。1曲生まれそうだ。

 


そして沖縄の海を堪能できるドライブコースといえば古宇利大橋!天気がいいので、最高に綺麗です。車を降りて、ビーチまで来てみました。



その後は、最北端である辺戸岬へ。近くで写真を撮っていたドイツ人のご婦人と少し会話をしました。東京にいる息子さんを訪ねて、今回沖縄をはじめ、広島、大阪、京都など各地を回るのだとか。いたく感動していらっしゃいました。



最北端から2時間半かけて宜野湾へ。沖縄滞在最後の夜は、7年前も来たラグナガーデンへ。その時は改装し終えたばかりで部屋が真新しく、そしてレストランがとても美味しかったのです。今回もそのレストラン「あんのん」を予約しており、前回と同様、アラカルトで色々頼もうと思っていたのですが、正月メニューということで残念ながらコースのみ。母が美味しいと絶賛していたある一品、でもそれがなんという料理か分からない・・・僕が当時書いた旅行記を見たら、ちゃんと写真が載っていた!早速店員さんに写真を見せると、「田芋の唐揚げ」であると判明。今回特別に作って出していただけることに!!!3皿注文しました。



楽しい時間はアッという間。驚く程時間は過ぎ去って、ついに最終日。15時20分の飛行機で東京に戻るので、午前中しか観光の時間はなし。ということで、伊計島に行きました。ここに行く途中の海中道路は、アルバム『PRISM』を撮影した思い出の場所!(当時の写真は「高橋功 in 沖縄」に掲載していますので、もしよかったら観て下さい!)


伊計島のビーチ

伊計島を散策した後は、本当はもう那覇に戻る予定をしていたのだが、父がもう1か所行けると言うので、「Gala 青い海」へ!ここの塩アイスとソーキそばが美味しい。そしてここも絶景!!残念ながら、その美味しいレストランは休みだったのだが・・・。またここに来られて嬉しい。

 

絶景!ここでもCDジャケットの撮影をしました。

こんな暖かい年末年始を過ごせて、まるで竜宮城に行ったかのようでした。やはり沖縄が好きです。また行ける日を楽しみにしています。

| 旅行 | comments(0) |
4年ぶりのフランス旅行から帰って来て、もうそろそろ1ヶ月が経とうとしております。帰国直後から旅行記仕上げなきゃ!と思いながら、まったく、筆が進まず。と、ここに来て、記憶がまだ鮮明なうちに、そして年を越す前に何とかスッキリせねば!と、一気に仕上げました。

なんつったって、写真400枚から230枚を選び(それでも多い!)、そして13日分の紀行をまとめるのは結構アレです。とはいえ、今回は読んでもらおうというより、自分の思い出記録の為にもきちんと残さなくては!と思いまして。と言いながら、最初(Part 1)と最後(Part 10)以外は文章少な目です。写真多いです。観光名所はあまり出てきません。

どうぞご覧下さい!
↓↓↓
4年ぶりのフランス 11泊13日の旅
 
INDEX
Part 1 人生初のビジネスクラス
Part 2 トゥールーズ
Part 3 カルカッソンヌ
Part 4 アルビ
Part 5 トゥールーズ
Part 6 パリ
Part 7 ポワシー
Part 8 ランス&ソー
Part 9 パリ
Part 10 人生2度目のビジネスクラス
| 旅行 | comments(2) |
空港へと向かう電車の中からこんにちは。ついに帰国日を迎え、とても切なく悲しい思い。パリの街も人々も、今日も明日も、これからもずっと、ここにいるのに、自分だけが離れなければいけないような、そんな感傷的な気分。こんなにリラックスした気持ちで、非日常を日常として、ゆったりと旅したことが、今までなかったかも知れない。外国なのに外国でないような、馴染みのある国での旅行は、他の国を旅するよりも遥かにストレスがなく、そして忘れまくっているフランス語を久しぶりに使えて、充実した日々だった。

そんな最終日の今日は、雲一つない見事な晴天!パリではもはや、長らく観光などしていなかったが、今日は珍しく美術館に行きたい気分になっていたので、数ある中からロダン美術館をチョイス!青空の下で見る美しい彫刻品と庭は、パリ滞在最後に相応しい景色だった。







凱旋門もエッフェル塔も見に行かないけれど、最後にエッフェル塔が遠くに見えた。



13日ぶりに帰国したら、380枚の写真の整理と格闘して、旅行記書きます!
| 旅行 | comments(0) |

すっかり間が空いてしまったが、非日常をまるで日常のように謳歌していた。そしてあっという間に明日に帰国が迫っている!というわけで、帰国前に、ザザッと後半の記録を軽く。

17日(金)の昼間はパリのオシャレ地区マレで買い物。





夕方、大学時代の友達と待ち合わせてシャンパーニュ地方のランスへ。一度留学中に来たことがあるので、今回19年ぶりくらいの再訪。とにかくシャンパンが美味しい!翌日からは、フランスのリール、ベルギーのブリュッセルに住んでいる同級生もランスにやって来て、学生時代にタイムスリップ!ヴーヴ・クリコのシャンパンセラー見学や大聖堂を中心とした市内観光を。美しい町。







日曜日の夜にパリ郊外に戻り、この日は友人夫妻宅に一泊。ラクレット(チーズフォンデュ)と黄ワインでめちゃくちゃ美味しいディナーを振る舞ってくれた!!で、朝5時まで喋る。この人に会うと、いつもこうなのだ!途中眠くなってウトウトすると、しっかり起こされる。

月曜日は友達が会社を休んでくれたので、パリ郊外のソー公園を散策。まるでヴェルサイユ宮殿のような美しい公園だ。







日本の友達にテレビ電話したりして、あっという間に時間が過ぎた。金曜日から友達と一緒で、まるで日常を過ごしているかのようだった。ここにいることがあまりにも自然に感じるくらい!

夜、パリに戻り、アパートにチェックイン。





今日(火曜日)は、一日中ブラブラと買い物デー。明日の夜には飛行機に乗ってるなんて、信じられないなぁ。11泊13日の旅はゆったりしていて、とても良い。







| 旅行 | comments(0) |

旅に出る前はパリでの日数が短過ぎるのではと気を揉み、トゥールーズに着いたらやっぱり地方都市はいいなと思ってパリの前にトゥールーズ4泊にしたことは正解だと思い、パリに着いた時はトゥールーズ(地方都市)が恋しくて別にパリに来なくても良かったかななどと思ったり…… そして案の定、パリの街を歩くと、やっぱりパリも好きで、今回は短すぎると感じてしまう。フランスはどこに行っても違う表情があり、それぞれ気に入るのだ。

パリはもうもはや観光はしないので、ブラブラするのみ!だがガイドブックでたまたま見つけて興味のあるものが!電車に乗ってパリから30分程離れた郊外ポワシーに行き、建築家コルビュジェの作品「サヴォワ邸」を見る。美術館や博物館には興味のない僕、建物を見るのは好きなのである。















※スミマセン、スマホから投稿すると縦の写真がどうしても横になってしまうので、なるべく縦の写真は避けたいのですが、今回はご容赦を!首を横にして見て下さい!!

スタイリッシュな家(しかも大昔の作品!)は本当に興味深い。コルビュジェの作品を初めて見たのは当時住んでいたブザンソンから車で行けるロンシャンの美しい礼拝堂だった。懐かしいなぁ!

さて、昼過ぎにパリに戻り、以前「世界ふしぎ発見!」で紹介されていた餃子バーへ!!今パリでは日本の餃子が人気らしく、餃子好きの僕はなんとしても試してみたかったのである。小さな店内はフランス人で満席。メニューは餃子とご飯!とってもシンプルな味で美味しかった。









明日からシャンパーニュ地方へ。大学時代の友人たちとのどんちゃん騒ぎパーテーの予定なので、ブログ投稿はしばらくお預けかも!月曜日の夕方またパリに戻ります。

| 旅行 | comments(0) |

去りがたしトゥールーズ。切ない思いでパリに向かう。若い頃はとにかく都会に目が行っていたが、今は地方にとても惹かれる。とはいえ、やはり11年ぶりにパリにも行かなくては。

何しろスターアライアンスはトゥールーズからパリまでの直行便がない為、行きと同じくフランクフルト経由!空港での受付嬢が目を丸くしていた。何かの間違いだと思ったらしい。

離陸直後の夕焼けがオーロラのようで綺麗だった。





18時前にパリ着。良くも悪くも都会的だ。街並みも人々も地方とは異なり、そして電車や道の汚さも変わらない。当時はそれにさえドキドキしていたなぁ。

アパートに着いたのは19時半。サイトに出ていた写真は正にフォトジェニック!部屋に入った途端、「えっ、これ?!」。まあ、よくある話。清潔で何の問題もないが、写真で見るよりオシャレさはない。数ある地域からDenfert-Rochereauを選んだのは、かつてソルボンヌ大学の夏期講座でこの辺り(カルチェ・ラタン)に毎日通っていて、落ち着いていて治安もいいからだ。





疲れていたけれど、思い切って地下鉄に乗って数駅のモンパルナスまで出て、レオンに来た!そう、ムール貝のレストラン!!懐かしい!!!



この間、カルカッソンヌで食べようと思ったのに、季節外れで食べられなかったが、パリのレオンでは一年中食べられる。パリだなぁ!ベルギー料理だけどね。で、肝心のムール貝の写真は携帯電話の電源が切れてしまい、デジカメで撮ったので、帰国後に公開。

| 旅行 | comments(2) |

今日がいよいよトゥールーズ最終日。明日からパリ。思った以上に気に入ったこの地域。名残惜しいなぁ。今日は天気も良く絶好の観光日和だった。トゥールーズの街中を歩き回った。やはり、繁華街から少し外れた辺りが、観光客ゼロで地元の人たちで賑わっていて楽しかった。















| 旅行 | comments(0) |
今日こそは本当に写真選びが大変!まさかまさか、アルビがこんなに美しい町だとは!この世に存在する全人類に一度行くことをオススメしたい。本当に中世にタイムスリップして来たかのような気分になる町。恐らく、今回のフランス滞在中、一番写真が多いことだろう。

今日は8枚のみ。残りは帰国後に旅レポートで。















| 旅行 | comments(2) |

今日はトゥールーズから電車で1時間ほどのところにあるカルカッソンヌへ。この辺りは中世の街並みが残っていて、何と言ってもここは城塞が有名。フランス最大の城塞都市。3キロもあるのだとか。

仕事仲間のフランス人がモンペリエに住んでいて、電車で1時間半かけて会いに来てくれた。カルカッソンヌで共に半日観光。

ピレネー山脈からの風が強く、城塞を出る頃には何かと戦い終えた気分に!!それにしても美しい街並み。

















でっかいチョコレート&ヌガー!!量り売りしてくれるそうだが、見応えあるこの見せ方!





駅で。犬。可愛い。隠し撮り。嗚呼、フランス!


| 旅行 | comments(0) |
◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ
1/12 >>