スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
ボイトレへ。チーター先生、僕を見るなり、
「あら!爽やかじゃない?やーね」
「髪切ったからじゃない?」
「どっちが?」
「お互い」
チーターも長い髪をバッサリ切って夏仕様になっていたのである。
「西川史子みたい」
「ヤダァ〜。喜んでイイのかどうか、分からないワ!」
「よく言われる?」
「言われないわよ」
そんなことより、最近何かと「なんか爽やかだねぇ」と言われる僕。何を今更・・・爽やかさが売りなんですけど。今更言われるような言葉ではありません。
「アンタ、今日は上から下まで白じゃなァい。アンタ!焼けてるわね。なんで?ヤダァ〜、遊んでルのねェ〜」
「別に遊んでないよ〜。外歩いてるだけだけど」

「ちょっとチーター、最近の不幸話聞いてくれる?」
「ヤダァ〜、なぁに?手短かにお願い」
「だってチーター、“タカハシコウの不幸話”好きでしょ?表面上では“アラァ〜、タイヘンねぇ〜”とか言っておきながら、内心“ざまぁみやがれ”って笑ってるじゃん」
「ちょっとアンタ!ンなことないわよ〜。だって、最近のアンタの不幸話なんて全然大したことないんだもの」
そして、やはり今回も大したことない話なのであった。その最中、フッと思い出したのが、美容師と飲みに行く話になったこと。
「あらまッ!ホント〜?」
「ビックリでしょ?だって、普通スタッフと客が外で会うことを禁じてる場合が多いじゃん。美容師が店を辞める時に、客には次の店を教えないどころか、“実家に帰ります”って言わなきゃいけないとか」
「そうそう。アタイがこの間行った美容院でも、そんな話してたわ」
「だから、“エッ?!いいの〜?”と思って。そん時、美容師に“いや〜、ジムのスタッフともそうだったし、ボイストレーナーともね、死ぬ程仲いいんだけど、規則だからって飲みに行ったり出来ないんですよォ”って言ったわけよ」
「あら、それは規則というより、ただアンタと飲みに行きたくないだけよ」
オーホッホッホッホ!

その後も、毒舌トークを繰り広げ(互いに対しても&世間に対しても)「ヤダ、アンタ、キツイこと言うわねぇ〜」「あら、いつものセクハラね」「あらぁ〜、お言葉が悪いわァ〜」「ヤッダもう、ナマイキ〜」等々いつものチーター節の後、犬の話でひとしきりわんさと盛り上がってから、ようやくレッスン開始。
「あらアンタ、(鼻からの)抜けが良くなってるわよ!」
「ウッソ?!ホント?」
「レーザー手術のお陰じゃないの?」
「エ〜?!まだ調子悪い感じなんだけど・・・でも、そうなのかなぁ?」
「きっとそうよ。ヤッダもう〜、ズルイわ〜、外科の処置で声を良くするなんてェ〜」
「じゃあチーターもやりゃあいいじゃん」
「イヤよ、痛いの」

確かに、変な雑音も含まれなくなってきて、鼻のレーザー手術は成功と言えるのかも知れない!まだ鼻の中には血が混じっていて、完治はしていないのだが。

ボイトレ後、所用で吉祥寺STAR PINE'S CAFEに行ったら、おなじみのスタッフさんたちが揃っていた。あれやこれやと大騒ぎした後、鼻レーザーの話をした。
「で、まだ鼻の中に血が混ざってるもんだから、鼻の中が血臭いというか、筋子の臭いがするんですよ」
「えっ?じゃあ、それでご飯食べられますね」
一同爆笑。それまで“えっ?筋子ってどんな臭い?”という反応ばかりだったのに、それをおかずにご飯、とはいかに!!
| ボイトレのチーター先生 | comments(0) |
コメントする







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ