スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
マックスさんに電話しなきゃ!と思っていたら、夕方駅前のタバコ屋でタバコを買っているマックスさんに偶然遭遇。3歩ほど行き過ぎた後、「おや?」と思い、そのまま3歩後戻りした僕。我が家から徒歩20秒位のところにある会社で働いている彼とは、意外とバッタリ会うことは少ない。会社の人たちと飲みに行くところだったようだ。電話しようと思っていたから丁度良かった。

さてはて、昨日の日記に書いた、14年ぶりに連絡をくれたアメリカ時代の友人とは、メッセージのやりとりが続いている。きっとお互い極度の興奮状態。アメリカ留学記に書いたように、一緒にプロム(卒業のフォーマルなダンス・パーティー)に参加したのだが、僕がすっかり忘れていたエピソードを思い出させてくれた。というのも、そもそも、今になってどうやってSNSで僕の名前を探し当てたのか?という疑問があり、フルネーム覚えてた?と訊いたら、ちゃんと "Ko Takahashi" とスペルまで正しく覚えていたようで、彼女の兄弟が今偶然にも日本に住んでいる為、その時、家族と僕の話をしていたのだそうだ。しかも、プロムの時、僕が彼女のお母さんに花をプレゼントしたことを、そのお母さんが覚えていて、そんな話などを懐かしくしていたらしい。

当の本人、花をプレゼントしたことなどさっぱり覚えていない。思うに・・・僕のホストマザーが気を利かせて、僕に持たせてくれたのだろう。誰よりもホストマザーが僕のプロム参加を喜んでいたから。当時、ホストマザーは29歳だった。大人に見えたなァ。31歳の今の僕よりも。

そんなわけで、あらゆる思い出が蘇ってきて、興奮状態で毎日のようにメッセージをやりとりしている。留学記にも出てくるフィリップと、数年前初めてメールのやりとりした時のことを思い出した。あの時もお互い、相当な興奮状態だった。留学が終わって何年も経った後、現地の友人や先生たちとやりとりを交わし、僕のことが忘れられていないと知ると、じんわりくる。
| 思い出話 | comments(0) |
コメントする







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ