スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

初の「恵比寿天窓.switch」でのライヴ、無事に終了しました!雨の中、足をお運び下さった皆さん、どうもありがとうございました。

今回は5年ぶりにギターが入りました。考えてみたら、僕が初めてライヴをした時も、ギターとピアノという編成だったんですねぇ。懐かしいです。

毎度毎度のことながら、本番直前、特にステージに一歩踏み出す時の、あの恐さと言ったらありませんっ!でも、あの恐さは恍惚感と背中合わせであり、逆に“緊張”というものを持っていないことほど恐いことはない・・・と、経験上知っているので、恐い恐いと言いながらも、実は大切なんですね。それに、舞台に上がる時はどんな人でも持ち合わせる感情だと思います。それがあるからこそ“非日常”という空間を作り出せるわけですね。

今回は、何だか不思議な空間でした。「手をつないで」から始まり「Blue Touch」への流れは、定番曲なのに緊張との闘い。そして、まさかの大ミス!!「Blue Touch」は一番長く歌っている歌なのに、2番を歌い終えて、そこから大事な展開があるのに、あろうことかすぐにエンディングに行ってしまった僕。いやはや!凄まじいミスでございました。でもそのミスのお陰で、すっかり緊張はぶっ飛びました。

クールなイメージを覆すMCをババンッ!とやって、次は新曲「あこがれ」(伊藤心太郎さんとの共作)、そして「塩水」。ここはセクシー・コーナーでございました。「あこがれ」は、一見エロイ歌詞ですが、実際は幅広く“深い”意味をもたせてます。でも、メロディーも歌い方もエロティックです。吐息まじりです。新境地です。続く「塩水」は、ここ最近の定番ですが、真っ赤な照明の中で、まるで芝居を見ているかのような、でもって恐いくらいの際どさを追求しながら歌っています。この曲を歌う時、僕は正面を向きません。次回はもっと、イキますよ。

沖縄のエピソードを交えた、真面目話ありーの、自慢話ありーの、マヌケ話ありーののMC後は、沖縄の海をテーマにした「海からの手紙」。そして、伊藤心太郎さんが僕のために書いて下さった楽曲「プルメリア」。南国コーナーでございました。

最後は絶唱系の「こぼれ落ちる涙もふかぬまま」。これはもう歌うしかない!例え声がちぎれても・・・。乾燥したライヴハウスの中で。

今回、伊藤さんのご友人がいらして下さったのですが、その方は、恵比寿にスタジオを構えるエンジニア。打ち上げの時にお話させて頂いたのですが、僕が愛して愛して愛してやまない尾崎豊様の大名曲「街路樹」は、その方のスタジオでレコーディングされたんだそうです!しかも、未発表の別ミックスもあるのだとか!もう、その場でぶっ倒れそうになりました。

ライヴにお越し下さった方々、そして関係者の方々、皆さんに心から感謝致します。本当に、どうもありがとうございます。

次回、4月20日(火)、高田馬場・四谷天窓.comfortに向けて、もっともっと頑張りますよ!今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

=本日のセットリスト=
1. 手をつないで
2. Blue Touch

  -MC-
3. あこがれ
4. 塩水

  -MC-
5. 海からの手紙
6. プルメリア

  -MC-
7. こぼれ落ちる涙もふかぬまま

| 音楽活動 | comments(2) |
コメントする
先日、パリ行きの準備の買い物をしに、近くのジャスコに行きました。
店内放送で「タカハシコウさま、タカハシコウさま、お近くの・・・」というアナウンスが入ってびっくり!
同姓同名のかた、いらっしゃるんですね・・・。
(あ、イトウシンタロウさんも(笑))

| みゅげ | 2010/03/28 2:13 AM |
>みゅげさん
たまにいますね〜。タカハシコウ。
「高橋功」と書いてタカハシイサオさんも結構います。
ちなみに、高橋孝(タカハシコウ)さんという、小椋佳さんが推している歌手の方も・・・。
頑張らねば!!!
| 高橋功 | 2010/03/28 7:35 PM |







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ