スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

大学時代の専攻がフランス語で、フランスに1年間留学していたと言うと、フランスに旅行したことのある人に必ず言われる言葉。
「フランスは本当に英語が通じないよね!フランス人は(英語を話せても)フランス語しか話さない」
僕はこれを日本人の固定観念だと思っていたし、今でもそう信じて疑わない。実際、“英語を話せるのに話さない”のではなく、“英語を話せない”フランス人は沢山いる。でも、観光地ではない田舎に行くと通じないことも多いが、世界中から観光客が集まるパリでは英語がよく通じる。事実、パリに行くと、英語で話しかけられることがほとんどだ。留学していた頃は、どこに行っても英語だけを押し通す(押し通せる)英語圏(特に米)の人の態度に抵抗を感じていたし、フランス語を学びに来ている自分がフランス語圏で英語を話すことには何よりも抵抗を感じていたので、逆に僕の方が、英語で話しかけられるとムキッ!となっていた。

だから、パリに行って英語が通じなかったと聞くと、今でも心底信じられない。でも、実際にそう言う人が沢山いるのだから、それも事実なのだろう。

確かに隣国のスイスやドイツ、はたまた北欧諸国などと比べれば、フランスは英語が通じにくい。しかし!スペインやイタリアの方が、もっと英語は通じない。全然通じないと言っても過言ではないくらいだ。それなのになぜフランスだけ槍玉に挙げられる?ツンとしたスノッブなイメージからか?

そしてもっと言えば!日本の方がよっぽど英語は通じない。日本に比べたら、フランスなんて何倍も英語が通じる。まぁ、僕はフランス人よりも非・英語帝国主義(英語至上主義)“気味”なので、非英語圏で英語が通じにくくても、なんら問題はないと思っているのだけれど(“気味”と書いたのは、非英語圏においては結局僕も英語の世話になっていて、何度もそれで助けられているから、さほど強く言えない・・・・・・・・・だから日本にいる外国人が街中で困っている時は、英語圏の人であろうとなかろうと手を差し伸べる)。

ところで、フランスに留学していた当時は、若さゆえに・・・・・・とにかく、フランスにいて英語で話しかけられることを嫌った。これがまた異常なくらいで、フランス人に英語で話しかけられる度に“一瞬にして顔色が変わる”から、一緒にいる友人にはいつも面白がられた。これは大抵観光地(特にパリ)で起こる現象なので、田舎にいると英語で話しかけられることもなく心は穏やかでいられた(言語問題以外で憤慨することはしばしだったが)。

フランス人に英語で話しかけられると、相手の言っていることは100%理解していても、必ずフランス語で「Pardon?(パルドン?)」と聞き返した。そうすると、相手は笑顔でフランス語にしてくれるのだが、英語で話しかけてくるのは相手にしてみれば大抵は親切心からの行為だ。親切心というよりも、“外国人観光客”というだけで、頭の中のスイッチが英語になるフランス人も結構いた。そういう場合は、こちらがフランス語で話しかけているのに、英語で返されると反撃心剥き出しになったものだ。

パリのシャンゼリゼ通りにある映画館では“パルドン?”攻撃をしたこともある。「今の時間はメンテナンス中だから入れない」と言っていたのだが、こちらはずっとフランス語で通しているのに、相手はずっと英語。それは逆に失礼だ。理解しているのに理解していないフリをする僕もどうかと思うが、しまいにキレてしまい、
「英語はよ〜〜〜〜〜〜〜〜く分かるけれど、私はさっきからあなたにフランス語で話しています!!!!!!!!」
と捨て台詞を残して去ったら、相手は立ち上がって謝ってきた・・・絶対に謝らないフランス人を謝らせたと、いまだに、その時一緒にいた友人はこのことを笑いながら語る。

やりすぎの場合もあった。美術館に入る際の持ち物(カバン)検査で "Open, please!" と言われた時も、いつもの癖で反射的に“パルドン?”とつい口から出てしまった。すると相手は、笑いながらフランス語で言い直してくれたのだが、僕も可笑しくなってしまった。たかが“オープン・プリーズ”に対して、そこまで頑なに突っ張らなくてもいいのに!

日本人の友人と3人旅をした時のこと。Dole(ドール)という田舎町で、夜行列車に乗り換えることになっていた。カフェで時間を潰してから、ホームに向かったところ、沢山の人たちがホームから移動していた。もしや、電車がストップ?それとも遅れている?と少し不安になっていたら、とても感じのいい40代前半くらいのおじさんが、「電車が1時間遅れるって」と英語で教えてくれた。その時も僕は咄嗟に“パルドン?”ときたもんだ。これまたおじさんは、笑いながらフランス語で言い直してくれたのだが、僕がわざと“パルドン?”と言ったことを、そのおじさんも瞬時に理解したらしく、お互い笑った。でも僕は罪悪感にかられた。親切心で教えてくれたのに・・・そのくらい快く受け止めるべきだった・・・。今でもこのことを思い出すとちょっと胸が痛む。人探し番組に協力してもらって、その人に会ってお礼と謝罪の言葉を、と思うのだが、名前も知らず、顔も覚えていない今となっては、探しようがない。

傑作なのは、当時同時期に留学していた友人(日本人)の切り返し。とあるオフィスでやりとりをしている時、友人は当然フランス語で話していたのに、ずっと英語で返してくるフランス人業務員に対し、友人がしびれを切らして言った。
「フランス語話せないんですか?」

| 思い出話 | comments(7) |
コメントする
なつかし過ぎる!エピソード。でもとっても鮮明に覚えている!!!さすが、労力のいらない、でも相手を黙らせる
捨て台詞よね。外国人=英語は分からないでもないけど
耳がシャットアウトしてしますのはダメよね!
| りんごぷう | 2010/04/06 8:17 PM |
>りんごぷう
いろいろございましたねぇ、ホントに!
今となっては懐かしいけどね!!
我らの友人も結構面白エピソードを運んでくれたね。
アメリカ人にトイレで "Excuse me" と言われて、
「"Excuse me" ってどういう意味?」とフランス語で切り返したこととか!

フランス人よりも日本人の方が、外国人となればすぐに“英語”という発想だから、
外国人に日本語で話しかけられているのに、英語で返す人を何度か見たけれど、
自分の経験から言っても、やはりそれは失礼だと思うわけ。
相手が日本語分からなくて困っていたり、「英語話せますか?」という前置きがある場合は別として。

当時は熱かった熱かった!
| 高橋功 | 2010/04/07 12:23 AM |

高橋さん、おはようございます。(ボン マタン)

英語は、世界共通でないと 何のために中学の時に勉強したのか意味がなくなります。

英語が通じないと、本当に困ります。
どう伝えればよいのか、苦労しました。



| 旧武生市民の梅丘林バイオリン | 2012/11/11 10:07 AM |
>旧武生市民の梅丘林バイオリンさん
英語の通じない国はまだまだ沢山ありますし、全世界共通にはならないかもしれませんが、今の時代、英語を話す人口は飛躍的に増えているので、英語での意思疎通は昔より遥かに可能になってきましたね。
日本でもせっかく中学から英語教育をしているのだから、受験英語だけでなく、もっと実践的な教育をしてくれれば、役立つのに・・・とじれったく思います。

ところで、ボンマタンとはどちらで覚えたのですか?!?!
| 高橋功 | 2012/11/12 11:30 AM |

>高橋功さん。

こんばんは (ボンソワーる)

ボンマタンは、フランスの留学生から聞きました。

| 旧武生市民の梅丘林バイオリン | 2012/11/14 11:03 PM |
>旧武生市民の梅丘林バイオリンさん
実は、フランス語の挨拶表現でbon matin(ボンマタン=おはよう)という言い方は存在しないんです。
直訳すると、good morningなのですが、フランス語では朝もボンジュールと言うのが正しいんですね。
なので、おかしいなと思ってお聞きしたのですが、フランスの留学生から聞かれたということであれば、
もしかしたらそういう表現も実はあるのかとネットで調べてみたのですが、やはり挨拶表現では使えないようです。

・・・と、くどくどとすみません!かなり不思議で気になったもので・・・。
挨拶表現ではなく、良い朝、という意味では使えるようなのですが・・・。
| 高橋功 | 2012/11/16 11:20 AM |

 >高橋功さん。

 ご丁寧なご説明、ありがとうございました。

 これで、恥かかずに済みました。
| 旧武生市民の梅丘林。 | 2012/11/22 7:19 AM |







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ