スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

今回の京都で再会した大学の友人(実際は1つ上の先輩)とは、いつも、思い出話をすると噛み合わない。覚えていることがそれぞれ異なるのだ。だから、繋ぎ合わせると思い出が2倍になるというわけだが!

その友人(先輩)、大学時代に僕が発した、とある言葉を思い出してはいつも励まされているという。実際は僕の言葉ではなく、他の友人Tから僕が言われた言葉。当時、フランス留学を目前にして、何やらクサっていた僕に対しTが「やるべきことは沢山あるんだから、目の前にあることをひとつずつやっていけばいいんじゃない?」と言い、僕は励まされた、ということを、後に、僕がその友人(先輩)に報告したらしい。全然覚えていない。でも、友人(先輩)はそれを覚えていて、今でも思い出しては励まされているという。なんてヤツだ、T!

それにしても、本当に恵まれた学生生活だったと思う。クラスメイトたちは、皆頭が良くて、フランス語を学ぶ意欲に満ちていて、積極的だったし、授業も毎日すこぶる厳しく、でも学生のやる気が活気ある雰囲気を作り出していたし、先生方もそれに応えてくれていた。当時は語学教育に定評があったので、それに恥じないように、厳しい授業が繰り広げられていた。それにより、クラスメイトたちは皆、数ヶ月経つとそこそこフランス語が話せるようになっていた。夏休みが終わり、後期が始まると、フランス人の先生による「フランス語会話」の授業では、先生は日本語を一切使わず、フランス語だけになった。だから、フランス人の先生と授業以外で話す時も、いつもフランス語だった。日本語を話してはいけない、とは全く忠告されていなかったが、フランス語を話すべきという暗黙の了解があった。

皆、やりたいことがあって、それをするにはどうしたらいいのか、他力本願にならずに自分で考えて、それをもってして先生方にアドバイスを請う。周囲は刺激的な人たちばかりだった。休み時間には、よく教授陣の研究室に遊びに行ったものだ。これといった用事もないのに。雑談をするために!

語学は小さなことの積み重ねが重要なので、小テストは頻繁に行われ、厳しかったし、勉強しないとついていけなかったが、ゆえに語学力がすぐに身に付いたことや、勉強と遊びのメリハリ、教授陣への信頼が出来て、何ものにも代えがたい時を過ごした。

成せば成るということを、正に体全体で実感していた頃だ。

| 思い出話 | comments(4) |
コメントする
本当に土曜日の一時間目からいきなりリスニングテストで1分でも遅れたら入室できなくて!それでも高校より自由だし、先生を信頼して学んでいたよね。
受験が終われば勉強しない学生が多い中、本当に最後まで皆頑張ってた。だからこそ濃い青春時代だった。
| りんごぷう | 2010/07/30 10:28 PM |
今思えば、本当周りには賢くて語学を学ぶことにとても熱心な人たちがたくさんいたなぁって思うよ。
その反面、私自身は彼らみたいに全力じゃなかったなって今になって反省。
辛い海外生活を体験していなければ、逆に思い切って学生時代に留学という道に踏み出せたのかもしれない。そう感じています。つまり、留学を迷いつつもしなかったことを今は後悔しているのです・・・

後悔のない道を進みたいね、いつでも。
昔の自分に今叫んであげたいです^^
| なおぽん | 2010/07/31 2:40 PM |
>りんごぷう
テストは毎回恐怖なのに、受けられないことはもっと恐怖だったよね!
しかも土曜日の9時から必修の授業があるんだもんねぇ。

外国語学部は文系の理系と言われてて、ことに京都外大は厳しいから、
入学してすぐ「大学に入って遊ぼうと考えている人は、はっきり言って落第します」と忠告されたの覚えてる。
でも、皆貪欲に楽しんで勉強を頑張ってたように思う!
しかもガリ勉タイプじゃなく、伸び伸びと!!
だからこそ、頑張った学生時代を振り返ると胸が熱くなるよね。
| 高橋功 | 2010/07/31 5:24 PM |
>なおぽん
なおぽんは、英語もフランス語も、ホントうっとりするくらい美しい発音だったよね!
クラス一都会的な雰囲気なのに、クラス一田舎に住んでた(失礼!!)っていうギャップも良かった!!(もっと失礼?)

確かに十代の頃に辛い海外生活を経験していると、二の足踏むのはよく分かる。
知らなければ飛びこめるのに、知ってるからこそ経験や知識が邪魔をしてしまう。
実は僕も、物凄く強いフランス留学希望を持っていたわけじゃないけど、
チャンスがチャンスを呼んで、あっという間にロータリー財団の奨学生になってしまった。
凄く嬉しかったんだけど、出発前の数ヶ月は、予想外にも気分が上がらず、ウジウジしてたように思う。
海外生活の厳しさを知っているからこそ、手放しでフランス行きを喜べない。
高校時代にアメリカに行く前の気持ちとは完全に真逆だったよ。

後になって“あの時こうしておけばよかった”という後悔の念は、絶対に今後活かされる!
その想いがパワーとなって、プラスに作用していくはず!と、僕はいつも信じてます。
| 高橋功 | 2010/07/31 5:38 PM |







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ