スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
◆オススメ
◆RSS

去年箱根の「富士屋ホテル」に泊まった危ない男女4人組、今年の夏はこれまたベタに熱海に行って来た。あったりまえかの如く、今回も贅沢に、横山大観ゆかりの宿「大観荘」に泊まり、広い部屋と庭と温泉を満喫しながら、あわびコースを堪能!!

  

部屋は本間と次の間付タイプで、庭&オーシャンビュー。この時点でテンションアップ。さらなるテンションアップは、マッサージチェアー!!勿論、奪い合い!!

早速温泉に入り(館内には大浴場が3つもある)、待望の夕飯・あわびコースを!

↓クリックすると大きな画面が出てきます。


   

肝心のあわびは、お造り・踊り焼き・しゃぶしゃぶの3種類!もう、次から次へと!!
   

あわびのしゃぶしゃぶなんて、初・体・験!


なんつったって、食べ物の中で一番好きなのがあわびでございますから・・・
もう、とにかく大満足の大幸福でございました。

夜はこれから!ってことで、去年に引き続き「バーでマテーニを飲もう」という話をしていたのに、館内のスナックは貸し切りで、おじさん・おばさんたちがカラオケで大盛り上がり・・・。仕方がないので、外に出ることに。暗くて、賑わっていない夜道を歩く。途中、地元のおばさんに訊き、スナック「アングル」へ。結局、バーはなく、スナックというわけですね。で、勿論、マテーニなるものはございませんで。が!非常に居心地のいいスナックで、ママさんがこれまたナイスで、マテーニはなくとも意外と満足したのであった。

今朝の朝食↓

朝食の後は、のんびり庭散策及びマッサージチェア争奪戦。
  
  

紫陽花の季節。


チェックアウト後は、タクシーでロープウェイ乗り場へ。


南国リゾート風情はあるのに、昭和から取り残されたような街並みは、人通りも少なく、あちこちにある廃墟と共に、物寂しい雰囲気を漂わせていた。栄枯盛衰。
  

ロープウェイに乗ったのは街並みを眺めるためではなく、目的地は秘宝館!意外だったのは、ここも昭和からずっと変わらないんだろうと思っていたのに、現代のものや、新しい映像などを取り込んでいたこと。観光客は全員ここに集まっているのではないかと思う位、街中とは打って変わって、賑わっていた。我らも、他に行く場所なし。

昼食はせっかくだから、以前「誰だって波瀾爆笑」で紹介された、吉行和子さんと冨士眞奈美さん行きつけの洋食レストラン「スコット」に行くことに。徒歩で行ったら、なんと、店の前に行列が出来ていた。さすが老舗の人気店・・・でも並びたくはない・・・どうしようか・・・と思いながら、近づいて行ったら、隣にあるワンタンの店に並んでる行列だった。それはそれで気になるのだが・・・!

ビーフシチューが名物のようだったが、僕はあわびのグラタンを。昨夜、たらふくあわびを食べて、もうしばらく食べなくてもいいんじゃないかという程堪能したにも関わらず、今日もまたあわび!あのテレビを観て以来、どうしても食べたかったのだ。グラタンの中に、ゴロゴロ入ってるあわびの歯ごたえがたまらず絶品の一品であった。ビーフシチューも味見させてもらったが(味見というより、半分程貰ったのだが)、絶妙のソースに、柔らかい肉で、頬っぺたがそのまま床に落ちるかと思う程だった。ここでも大満足。

   

アワビのコキュール


贅沢な旅館で、贅沢に食べて・飲んで・喋りまくって・笑いまくって、贅沢三昧に過ごした時間はあっという間に過ぎて行く。もう一盛り上がりしようと、ビールとおつまみを買って電車に乗り込んだのに、ビールを飲み切った後は口開けて爆睡していた。楽しすぎる時間を過ごして帰宅した後は、おセンチな気分に浸ってしまった。秘宝館で浦島太郎のドスケベ話を長々と観せられ(聞かされ)たからだろうか・・・この贅沢な時間も幻だったのではないかと錯覚してしまいそうになる。熱海自体も、まるで昭和という竜宮城からタイムスリップしたかのような感じだ。

笑うための努力ならば惜しみません。次回は冬の温泉目指して努力致しましょう。

| 旅行 | comments(2) |
コメントする
秋保温泉、作並温泉・・・・、東北がお待ちしてま〜す(笑)
| みゅげ | 2011/06/20 12:21 AM |
>みゅげさん
わお〜!!次はどこに行こうかな!!!
言われてみれば、東北の温泉はそんなに行ってない気がします!!
| 高橋功 | 2011/06/20 8:00 AM |







◆カテゴリー
◆過去の日記