スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント


来月、仕事で米に行くのだが、米本土上陸は実に20年振りなため、かつて高校時代に1年間、皆々様に愛されて過ごしたジョージアにも赴くことにした。20年振りに再会する人々におみやげを買わねばと、先日、原宿にある、外国人が喜ぶ日本の土産物を売っている大型お土産ショップ「オリエンタル・バザー」に行ったら、2時間近くも滞在してしまった。ウキウキ・ワクワクしたわけではなく、何を買えばいいのか分からず、途方に暮れたのだ。なんつったって、女性陣が喜びそうなものは沢山あるが、男性陣が喜びそうなものは気絶するほど少ない。世の中、やっぱり女性の購買意欲をソソるものが商売になりやすいんですかね。

んで、テーシャツを買おうとすれば、「米のオデブさんには2Lがいいのか3Lがいいのか」ひとしきり悩む。店員に訊く。「そうですねぇ、このサイズですと・・・(小声で)あの方くらいの体格ですかねぇ」。しかし20年も会っていないのだから、今どんなデブになっているのか分からず。当時は痩せていたけど今はデブになった人もいるので、とりあえずサイズ違いを複数買う。

では、子供には何を?けん玉なんか珍しくていいかも。と、サンプルのけん玉を手に取ってみるが、一度もうまく出来なかったので、手本を見せられないものは却下。あと、しつこく質問された時にうまく答えられそうもないものも却下。無難に寿司の消しゴムやら忍者のボールペン、キーホルダーなどにしておく。

店内は外国人観光客だらけ。果たして、彼らは何が欲しいのだろうと動向をうかがってみるも、当然だが人によって違うので結局分からず。しかしそもそも、当時一番よく遊び、一番仲の良かった奴が仕事でどうしてもジョージアに戻れないから会えない、という衝撃の事実を最近知らされ、気絶するほどショックを受け、あいつに会えないならジョージアなんかどうでもいい、なんてお会い下さる全ての方々に対して失礼ぶっこきマンボウな気持ちを抱いてしまい、目下猛反省中。

現地に行って、予想もしない人に遭った場合のことも考えて、多めに買うことに。日本っぽい柄の入った袋、小銭入れ、とっくり型の塩入れ、こけし、忍者などのキャラクター入り爪切り&ボールペン、盆栽などを買ったが、自分がもらって嬉しいかといえば、そうとも言い切れないものばかり。でもほれ、そこはあれだし、それだからいいかなと。で、合計2万円也。
| おかしな話 | comments(0) |
コメントする







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ