スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント



筋トレ頑張ってます!

今年の3月のとある朝、左腕を上げたら肩関節が痛み、上半身のトレーニングは控えて様子を見ていたのだが、少し痛みは和らいだものの、なかなか完治せず、不本意ながら整形外科へ。なぜ不本意かというと、以前、足裏を痛めた時もそうだったが、レントゲン撮られて触診して(レントゲン撮らずに触診もしない医者もいる)、一般的な症例から診断されて「治るまで安静」という言葉を頂戴し、痛み止めを処方されるものの、一向に良くならない・・・というのが僕の整形外科への偏見だからである。治らないものだから、あちこちの整形外科に行ってみるものの、結局同じ。でも念の為と思い、肩関節の時も整形外科に行ったのだが、案の定通常コースだった。

しかし良くならず。良くならないということは、上半身のトレーニングが出来ないということであり、それはかなりのストレスとなって僕を苛つかせ、更にはなんと、数週間やらないだけで、見事に上半身の筋力は落ちた。やっぱり続けないと意味がないのだということを痛感させられた。そして、痛みのある患部に湿布をせっせと貼っているし、痛み止めも飲んでいるのに治らない、ということは、整形外科医が思っているところと違うところに原因があるはずだ。だってそもそも、触診もせずに僕の話だけで診断しているのだから。



もう整形外科はやーめた!と思い、ならばどうする?と、ネットで検索をかけたところ、とある治療院に行き当たった。「整形外科で治療を受けているが、一向に良くならない」という人に打ってつけのホームページだった。健康保険が効かない鍼治療だし、鍼は嫌いなのだが、それでもとにかく藁にもすがる思いで予約を入れた。

すると案の定、整形外科医とは全く異なる診断を下された。痛みは胸上の左肩関節に出てはいるものの、原因は肩甲骨当たりの筋肉の突っ張りからくるものだったのだ。それじゃあ、いくら痛いところに湿布を貼ったからといって、何の解決にもならないわけだ。鍼治療を何回かすれば完治すると言われた。正直なところ、半信半疑だったが、とにかくやってみようと思った。



翌日の朝は普段通りの痛みだったが、午後になったらスーッと痛みが和らいだのにまず驚いた。ただ1回の治療では治らないと聞いていた通り、日によって痛みは異なった。2回、3回と通いながらもなかなか完治しないので、「本当に治るのだろうか?」という不安ももたげてきたが、4〜5回目あたりで「ほとんど治っているので、上半身のトレーニングも再開して下さい。それでやってみてどうなるか、教えて下さい」と言われた。確かに随分と痛みは取れていて、6回目の治療で完治!!1ヶ月ちょっとの通院だった。

実に2ヶ月間も上半身のトレーニングが出来ず、たとえ治っても再発するのでは・・・という恐怖もあったのだが、整形外科医には気づいてもらえないことに気づいてくれた治療院と出合ったおかげで、もう恐いものナシ!5月以降は、思いっきりトレーニング出来る幸せを噛み締めながらジムに通っている。仮にまた同じ痛みが襲ったら、すぐにあの治療院に行けばいい。

 
 

| スポーツ | comments(2) |
コメントする
四十肩が治らないから、私も鍼灸院にいこうかしら…。
| なりりん | 2016/07/31 11:42 AM |
なりりんが四十肩に?!年月は流れるものですなぁ〜。
ちなみに今回行った治療院はこちらだよ↓
http://www.s-treatment.com/

自分に合うところが見つかったらいいね!
| 高橋功 | 2016/07/31 1:23 PM |







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ