スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
1か月ぶりのご無沙汰で、数週間前の話で恐縮ではあるが、仕事でシンガポールに行って来た。シンガポールは実に6年振り(この時も仕事だった→2010年1月26日1月29日の記事)。

毎度のことながら、観光する時間は一切なし。1日中ホテルに缶詰め。ということは、外に出ないということだから、東南アジアの「暑さ」を感じることなく、正に「極寒」の中過ごすはめになる。暑い国というのは、とかく建物の中が冷えすぎているのだ。真夏の国に行くのに、厚手の上着を持って行かないと大変な目にあう。それを忘れていた時は案の定風邪を引いた。



今回は1日だけ前乗りして、前回行った時に極上だったマッサージに行くことに。前回、マッサージのみならず、シンガポールの街をいたく気に入ったわけですね。日本に進出していないフランスのカジュアルブランドCelioもあったりして、のんびり街中で過ごそうと思っていた。ところがである。オーチャードロードにある高島屋に入っていたはずのマッサージ店が探せど探せど見つからない。記憶違いだったかと思い、歩き回ったのだが、ない。少し先の伊勢丹に入っていたか?と思い、行ってみるもやはり違う。再び高島屋に舞い戻り、フロントに訊いてみる。マッサージ店?と怪訝な顔をされる。どうやらその店は撤退し、エステ店になっていた。

仕方ない。気を取り直して、Celioに向かう。ところが、ない。近くの観光案内所で調べてもらうと、別の場所にあるというので、てくてく歩く。しかしそのビルはフランスのカジュアルブランドが入っているような洒落た様子では全くなく、ちょっと怪しげなビル。これは違う。また観光案内所に舞い戻る。名前の似たビルだったようだ。また歩く。やっと洒落たビルに辿り着く。館内図で場所を確認し、行ってみるも、ない。おかしい。再度館内図を見る。再び赴く。やはり、ない。撤退していたようだ。

歩き回ってないないづくし。というわけで、予定していなかった観光をすることにした。前回行っていなかったアラブ街に行ってみる。


洒落た雰囲気


モスク

 
 
 
 

意外にも大満足のアラブ街。その後、インド街にも行ってみたが、大して感慨もなくすぐに退散した。

タクシーで仕事で滞在するホテルに帰ったのだが、なんとクレジットカードはマスターカードしか使えず、VISAは受け付けて貰えなかった。今時、しかもシンガポールでVISAがダメでマスターのみとは何事?!結局、ホテルのフロントで日本円からシンガポールドルに換金するハメに。いやはや、なんというか、ある意味オモシロイ一日であった。

以上、あっけないシンガポール紀行でした。
| 旅行 | comments(2) |
コメントする
以前、1年ぶりのパリで、あったはずのお店がなくなっていてビックリしました。
たった1年で???


コウさんのように、そこがお気にいりだったらなお残念ですよね〜(-_-;)
| みゅげ | 2016/09/18 9:53 AM |
>みゅげさん
東京もそうですが、都心はどこも激戦区で移り変わりが激しいんですね。
気がつくとなくなっています。
しかも気に入っていた店やレストランほどなくなる確率が高く、(自分にとって)どーでもいー店は延々と残っていたりするんです!
この世の中、やっぱりアレですね、何事も当たり前じゃないんですね。
| 高橋功 | 2016/09/18 10:14 AM |







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ