スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
◆オススメ
◆RSS
とある日の夕方、仕事帰り、銀座のデパート、食料品売り場。蓮根が目に入る。肉詰めの蓮根に辛子蓮根に・・・。蓮根が好きなのである。買うかも知れない。でも今回は蓮根じゃなく、他のものを買うかも知れない。横目で蓮根をちらちら見ながらその場を通り過ぎ・・・ようとしたら、すかさず売り場のオバチャンが僕を呼び止める。
「ちょっとちょっと・・・!ちょっと、ちょっと・・・(手招き) 食べてって。もう、後ろ髪引かれるような顔で通り過ぎられちゃあねぇ。食べて貰わないと!」
この見たからにひょうきんそうなオバチャン、本当は人の心が読める超能力者なのではないか?
「お仕事帰り?んまぁ、そんなおしゃれな恰好して?んまぁ!・・・ちょっと、ほら、これ」
一口食べると、すぐ次を手渡される。いちいち言動と表情が愉快で、つい僕も喋ってしまう。その間も蓮根を食べさせられている。
「うちの蓮根が一番おいしいでしょ?・・・あら!蓮根お好きなの?じゃあ血液サラサラでしょ?健康診断引っかかったことないわね?んまぁ!これなんか、もうお酒にピッタリよ。お酒飲む?あら!じゃあこれなんか最高よ。日本酒?焼酎?どっちもイケる?」
本当はワインが好き、とは言わず。言ったら言ったで話が膨らみそうだったので。
「あ、これはねぇ、辛子蓮根。辛いわよ。食べる時に切って、んでラップして冷蔵庫に入れておけば4日は持つわよ。持てば、の話ね」
そして僕は思わずその売り場にあった辛子蓮根、肉詰め蓮根、そして蓮根の甘煮の3種類すべて購入してしまう。そして金額見てビックリ仰天。これで3千円なのである。
「3千円分も!嬉しいわ。おひとり?んじゃあ、パーティー出来るわよ!蓮根パーティー!」
「冷蔵庫に入れておけば持つんですよね?」
「この辛子蓮根はね。ラップに包んでね、4日。持てば、のハナシよ。こっち(肉詰め)の方は今日中に、としか言えないのよ、私たちは。・・・うん、そうなのよぉ〜」



それにしても、これで3千円。4食分は蓮根にしなければ。それでも超贅沢である。いささか買い過ぎだったかも知れない・・・と思いそうになる気持ちを飲み込み、この贅沢を正当化するために最後の質問をする。「この辛子蓮根、美味しい?」 まぁ、普通の質問というか、問答無用の質問である。「マズイわよ」と言って売る売り子はこの世に存在しないだろう。がしかし、目の前のツワモノはのたまった。
「辛いわよ!私ねぇ、辛いの苦手なのよ。ケーキとか、チョコレートとか、そういう方が私、好きなの」
・・・そういう問題?!
| 普通の日記 | comments(2) |
コメントする
私も先日生協で、ジュース試飲のブース担当のちょっとオシャレなおばさまに声をかけられました。
「あらぁ!バオバオなんか持って〜!」(この、なんかが気になる)
「いいえ、バオバオじゃないんですよ」
「あらぁ、だってイッセイミヤケのでしょ!」

次々お客さん来てるのに、いいのかい?

「これ、バオバオもどきなんですよ、ニセモノ」
正直に言う私に、何だか不満顔。
「そおぉ??」
だから、ニセモノなんだってば!

「この大きさの本物は8万くらいしますもの、買えません」
「私も今持って来てるの、5万くらいしたわ。東京のMOMAで買ったのよ」
はて?自慢ですか?
どうやらご自慢話。

長くなりそうだったので、「このバッグ、3900円でした」と言ったら、声を失くしていたので「では〜」と、その場を去りました。

その後、買い物中の私に突然「これこれ、これよ〜!」って声をかけて来ました。
どうやら休憩に入ったらしく、私の事探して見つけてくれたのね(笑)。

ちなみに私もレンコンが好きですが、カラシレンコンだけは苦手です(カラシもレンコンも好きなのに、この二つのコラボが・・・(-_-;))
| みゅげ | 2017/06/13 4:43 PM |
>みゅげさん
ウケます!!そのおばさま、ただひたすら自慢したかったんですね!きっと他でも自慢大会なさってるんでしょうね!!
買い物中のみゅげさんを必死に探し回っている姿を想像すると笑えるというか、なんだか微笑ましい気も・・・。

実はこの辛子蓮根、初めて食べたのですがイマイチでした。
蓮根で挟んだでっかい肉詰めの揚げ物や天ぷらが一番好きです。
歯ごたえが何とも言えないですよね!
| 高橋功 | 2017/06/13 10:10 PM |







◆カテゴリー
◆過去の日記