スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント


現在、10月のライヴの日程調整に入っています。下旬を予定していますよ。

声の調子にムラがあると大騒ぎしておりましたが、ようやく落ち着いてきました。僕の発声練習は、かつてボイストレーナーに習っていた頃に録音していた音源を、今も使いながらやるのですが、残っている音源4本のうち、いつも2本だけを使っていたのです。それが、先日、これまで全く使っていなかった1本で発声練習をやってみたら、これの流れがとっても良かったようで、それ以来、喉の調子が掴めるようになり、ムラがピタっと無くなりました。というわけで、毎回調子良く練習してます。

そんな中、もう10年以上、歌いながらもツライと思っていた楽曲のキーを、今回思い切って変えてみました。いつも曲が出来上がると、4〜5パターンのキーで歌ってみて、その中で一番曲のイメージに合っているキーを選びます。しかし、実はキーが高すぎて、ツライと思う楽曲もあるわけです。そういう時は一旦下げてみるのですが、下げると曲のイメージが変わってしまう為(半音下げただけでもガラっと変わってしまう感じがする)、最初に決めたキーのまま行くことも多いのです。でも今回、これまでの頑ななこだわりと先入観を一旦捨てて、2曲、キーを変えてみました。まぁ、キーを変えると、声の使い方も変わるし、ピアノを弾くにしてもまた最初から覚え直しになるので、慣れてる曲ほど大変!!でも、喉の負担とストレスは軽減されます。

今まで、結構頑なにキーを変えずにいた為、評判が良くても、その歌いづらさから、もうライヴでは歌わない!と思っていた曲が結構ありますが、これを機に、掘り起こしてみるのもいいかなぁと思います。

僕は曲作りをする際、Singer Song Writerというソフトを使います。僕のほぼ全楽曲のデータがこのパソコンに入っています。譜面作成にしか使わないので、宝の持ち腐れではあるのですが。でもこんな時に役立ちます。キーを変える際、ボタンひとつでコードも音符も自動的に変わりますから、いちいち作成し直さなくてもいいわけです。何年ぶりかでこのソフトを立ち上げました。結構しどろもどろ。ちょっと、新曲も作りたくなってしまいますね。でも10月のライヴでは、新曲をやらずに過去の楽曲(20代に作った曲が中心)と向き合う予定なので、しばらく我慢!もうライヴの選曲も曲順も決めてあります。ライヴでのお馴染みが並びますが、何度練習してもし足りないものです。もう何百回と歌っているのに、まだまだ練習は続きます。
| 音楽活動 | comments(0) |
コメントする







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ