スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
先日、40周年記念リサイタル(6月23日のワンマンライヴ)のフライヤーが出来上がり、デザインをしてくれたデザイナー(長年の友人でもある)と青山の店で飲んでいた。しばらくすると、見覚えのある女性が店に入ってきた。よくよく見たら、ピンク・レディーのミー(未唯mie)さんだった。女性のスタッフらしき人と2人で、僕らの隣の席に座り、ミーさんはこちら側に背中を向けて座った。青山という土地柄、芸能人が珍しいわけではないけれど、僕はピンク・レディーが期間限定で復活した2005年のコンサートに2度、更には「解散やめ!」宣言をした2011年のコンサートに1度行っている。友人がすかさず、「ミュージシャンとしての先輩なんだから挨拶すべし!」と言うのだが、ちょっぴり尻込みしていた僕。でも伝えたいこともあったので、ミーさんが食事を終え、席を立つまで待つことにした。

ちょうど席を立たれた際に話しかけ、すかさず僕のiPodに入っているピンク・レディーのヒット曲ではないマニアックなアルバム曲の一覧を見せ、「コンサートにも行ったんです」と言ったばかりか、自分もシンガーソングライターとして音楽活動をしていて、今日はライヴのフライヤーを作ってもらったデザイナーと飲んでいて、「このフライヤー、もらって下さい!」と言って、デザイナーから貰ったばかりのフライヤー、しかもゲラ(試し刷り)を渡した。ミーさんは微笑みながら受け取ってくれた。そして、アルバム曲「希望への旋律」が好きであること、更には元々『銀箱』に入っていた当初のバージョンよりも2011年にリアレンジして発表した時の方が好きである旨告げたら、
「あの曲いいですよね。けど、なんで『銀箱』の時よりも2011年の時の方が良いと思われたか、分かります?」
とミーさん。「あれはね、私がコーラスをアレンジしたからなの!」
元々暗い感じのする曲調だが、コーラスを重厚にしたことにより、より希望が見えてくるような歌になったと仰っていた。そして最後に、あろうことか、ミーさんから「頑張って下さい!」というお言葉と共に、右手を差し出してこられた。普通は僕が言う言葉で、しかもファンの方が「握手して下さい!」とお願いする立場なのに、、、大感激です!!

さて、そのライヴまで2ヶ月を切り、ポスターも出来上がり(A2サイズが天窓に貼られます)、サスペンス劇場の台本を担当してくれている“お付きのばーや”(ライヴでおなじみ)との打ち合わせも行い、セットリストも決め、全曲の時間をはかり、曲数の調整をしたり・・・更にこれからは音源の調整やら映像の編集やら、やること山積み。今からドキドキです。

| 普通の日記 | comments(0) |
コメントする







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ