スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

9月14日(金)、中野サンプラザで行われた水谷千重子(友近)さんの「キーポンシャイニング歌謡祭2018」に行って来ました。芸能人の方々もちらほら客席にいて、開演直前に清水ミチコさんを発見し、気が気じゃなくなる僕。同じ中野サンプラザで行われた清水さんのコンサートには今年も去年も行ったのであるが、清水さんがこれまで出した数々のCDの大ファン。とにかく笑えるCDばかり。その中でも80年代のアルバムに入っている「ヤパテ語講座」がツボにハマって面白くて大好き。こんなマニアックなネタが好き、ということを本人に伝えたいわけです!

3時間のコンサート終演後、僕は向かって来るお客さんたちの波をかき分け(いわば逆走しているわけですね)、清水さんの元へ!いつものことながら、僕の勢いに驚いていらっしゃいました。
「ヤパテ語講座、大好きなんです!覚えてます?」
「覚えてない・・・あ、ネタは覚えてるよ!」
帰ろうとしているところを長々と引き留めるのも悪いので、とにかく手短に想いをバババッ!と伝えたいわけです(もっと伝えたいことはあるのだけど・・・)。清水さん、戸惑いながらも、「こんなところで(会うなんて)」と笑いながら言って、手を差し出してくれました。

会いたい人、何か伝えたい人には必ずどこかでふと会える。以前、一度、街でその人を見かけたのに声をかけなかった後悔がある。好きな芸能人を偶然見かけるなんてことは、一生に一度あるかないかなのだから、たとえ人にぶつかろうとも(謝れば済む!)、とにかく伝えたいことは伝えたいのであります。

てなわけで、コンサートよりも清水のミッチャンに会って伝えたことの方が興奮したのでありました。

| 普通の日記 | comments(0) |
コメントする







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ