スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

11年半前、今のマンションに引っ越してくる時、かなり物を処分した。収納もそんなに大きくないから物を増やさないようにしようと心がけ、なるべく物は買わず、本は図書館から借りるなどしてきた。まぁ一応、いつ何時、誰が訪問してきても慌てふためかないよう(学生時代と違って突撃訪問も滅多にないが)、部屋は整理整頓されている。見た目は。目に届くところは。だがしかし、11年も経てばそれなりに物は増えている。収納を開けると既にパンパンで、決して美しく整理整頓されているとは言えない。手前のものをごっそり引き出さないと奥にあるものを取り出せない、なんてのもザラだし、自慢げに収納上手を語ることなど出来ない。狭い部屋で小さな収納と暮らすにはそれなりの工夫が必要。なのだが、時にイラッときて引っ越したくなるのだ。

2年に一度の更新の度に「今度こそ引っ越そう」と物件を探すのだが、今よりも高い家賃を設定しても、今の部屋よりいいところが見つからない。で、結局、不本意ながら更新することになる。もう今年で12年目。ああ。結局今年も更新になるのかなぁ・・・なんて言うと「それだけ住み続けているということは今の部屋には不満がないってことでは?」と言われる。そうなのかも知れない・・・でも、もっと都心に近くてもっと広い部屋に・・・と心は揺れるのである。

引っ越しも面倒だしなぁ、と思いつつ、目をそむけてきた収納の整理に取り掛かってみると、出るわ出るわのゴミの山。ゴミ袋5袋分は軽くあった。すると驚くことに、今や収納スペースに空きが出たのである。たっぷり捨てたんだから当たり前の話だが。スッキリ気分と同時にドッと疲れた。これで半日は丸つぶれ。ついでに風呂場もせっせこ綺麗にする。そういえば歯磨き粉で磨くと綺麗になると母が言っていたことを思い出し、今迄目を背けていた汚れをせこせこ磨いたらつるぴかに。

掃除と整理に時間を費やしていると、思いもよらぬ物との再会を果たすことがある。かつて必死に探していたのに見つからなかったものや、「なんでこんなもの大事に取っておいたんだろう?」と思うようなもの。今回僕の目に飛び込んできたのは、犬の服だった。

かつて近所に住んでいた友人の犬・リクをよく預かっていた時に着せていたもの。コーギー犬のリクは尋常じゃない位の毛が抜けるので、何か対策はないものか調べたら「服を着せると幾分マシになる」とあったので、ペットショップに買いに行ったのだ。それまで僕は服を着ている犬になんの魅力も感じず、逆に白い目で見ていた位だ。でもその服で毛抜けが少しでもマシになるなら・・・と服を買いに出かけたところ、心が浮き立つ自分がいた。どれもこれもリクに似合いそうなのである。リクは12kgもあったので小型犬とは言えず、選択肢があまりないのが残念だったが、迷いに迷って1着選んだ。そして着せてみたら、なんと似合うこと!可愛くて可愛くて気絶しそうだった。しかもさすがに小型犬用の服は小さくてパッツンパッツン。これがまた可愛くて悶絶。当の飼い主は呆れていたが、僕は翌日もペットショップに走った。まぁ、なかなかサイズが合わないこともあり、結局その2着で打ち止めになったのであるが。

家に来る度に服を着せて僕ひとりが喜んでいたわけだが、そうこうしているうちに来なくなった。面倒を頼まれた時は、家で預かるのではなく、友人宅に行ってエサをあげるなり散歩するようになったから(その方が掃除やら何やらの手間が省けた)。自然と犬用の服は出番がなくなり、収納の奥の方にしまわれ、一切のお呼びがかからなくなった。そしてリクは昨年亡くなってしまった。今回何年かぶりにその服を手にし、これを思い出として残しておこうか、と思った。匂いを嗅いでみたが、リクの匂いはしなかった。次の瞬間、迷わずゴミ袋の中に入れた。その服を見るだけで悲しい気持ちになりそうだし、他の犬に着せるというのも何だか違う気がしたからだ。リクのことは毎日思い出すし、携帯を見れば必ずリクがいるので、きっとリクも怒りはしないだろう!

捨てられない症候群の僕が一旦スイッチが入ると、あれもこれも捨ててしまうのだが、その「捨てスイッチ」の勢いにのって、必要なものまで捨ててしまったのではないかと気になってしまうのは毎度のことである。

 

| 普通の日記 | comments(2) |
コメントする
私はもう終活みたいなものだけど、さすがにこの言葉はテンション下がるので『断捨離』と銘打ってやります。

定期的に『断捨離』しなければ、なぜか物って増えますよね。

ということで、私もそろそろやろうと思います。(と言いながら、今日、ストールなんてたくさん持ってるのに、鶴岡シルクのストールを買いそうになってぐぐぐぐぐーーーーっと我慢しました(笑))
| みゅげ | 2019/03/04 7:50 PM |
>みゅげさん
本当に!なんで、こうも増えるんでしょう。服なんて着ないものまで延々ととってあったり。

でも鶴岡シルクはいいんじゃないでしょうか〜!!
| 高橋功 | 2019/03/05 12:27 AM |







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ