スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

近所の洒落たカフェで朝食。







今日はシュノンソーまで電車で行き、昨日見たシュノンソー城を船から眺める。駅から城まではすぐだが、ボート乗り場まではなーんにもない道を通る。これがまたフランスの田舎の風情があってイイ!




今日も良い天気!


この船に乗る


天気が良くて気持ちいい







船の後、また来た道を戻り、昼食をとるためにレストランへ。元々目星をつけていたのだが、さすがに田舎村、とてものどかで、そんなに味には期待していなかったけれど、地元の人たちに人気があるようで、味はバツグンだった!友人は今まで生きてきた中でこんな美味しいバーガーは食べたことないと言っていた。なんせ、バーガーの肉の焼き方まで訊かれたことが衝撃だったらしい。



タクシーを呼んで、5分程のところにあるワイナリー見学へ。家族経営しているワイナリーで現在6代目が頑張っている。







スパークリングと赤ワインを一本ずつ購入。一本千円もしないのだから安い!




ぶどう畑

今度はここから40分くらいのところにある古城ホテルへ移動。タクシーの運ちゃんがとても気さくで、ずっと喋っていた。

ラ・トルティニエールという古城ホテル、昔を思わせる古い内装かと思いきや、古めかしいのは外観だけで、中はすっかり新しく綺麗になっていて、つまり現代風だった。ちょっと不気味なのではないかと期待していたので、肩透かし。しかも部屋は思ったよりも狭かった。とはいえ、スタッフの対応、雰囲気、レストランでの食事は、どれをとっても最高だった。






フロントの側にあるレセプション


部屋に向かう途中の階段


部屋からの眺め

| 旅行 | comments(0) |
コメントする







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ