スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

いつもなら、フランスから帰国するとメンタルの社会復帰が大変なのに、今回はすんなりと日常生活に順応して「ちょっと不思議だなぁ」とふと思ったが、よくよく考えたら、フランスでの日々に想いを馳せているほど暇ではなかったことに気付いた。そもそも!次のライブの調整をフランスにいる間も続けていて、帰国早々、ライブに携わってくれている方々との首脳会議があり、その会議をリーズナブルな居酒屋で行ったのだが、会計の時、金額に目ん玉が飛び出るくらい驚いた。4人で36,000円!1人9千円ですよ。居酒屋で。つまりは、相当飲んだわけだ。言わずもがな、結構酔っぱらった。終電に乗れたというのに、ハッと気が付いたら、2駅乗り過ごしていた。それなのにも関わらず「まだ着いてない」と勘違いし降りず。結局3駅も乗り過ごすハメに。この間同じような失態をパリでやったばかり。全くぅぅぅ〜!酔っぱらった頭で「歩いては帰れない」と判断し、タクシーに乗る。タクシーでは絶対に寝ないと決めているので(ズルされた経験あるからね)、目をしっかりと開けていたのだが、頭は働かない(それでも酒豪伝説を飲んでいるので、吐いたりとか頭痛ガンガンにはならず)。しばらく走った後で、運転手が「アッ!!!メーターのスイッチ押すの忘れてた!」と言って慌ててスイッチを押していた。そんなわけで、千円は軽く超すと思っていたけれど、800円で着いた。相当酔っぱらったけれど、首脳会議自体は有意義で、アイディアも出たので良かった。

次のライブは来年6月に決定しています!しかも、都心の有名なトコロでやります!!ちょっと先ですが、今から準備始めています。いろんな意味で、大きなプレッシャーと闘います!詳細はまた後日お知らせします。

てなわけで、おちおちボケーっとしてる暇もなく、この時点で選曲に頭を悩ませている。来月か再来月には写真撮影をして、フライヤ―作って、その他にも・・・と、目白押し。頭の中は常に曲のこととコンセプトのことがぐるぐる回っている。

水曜日にはフジコ・ヘミングさんのコンサート。銀座のヤマハホールは客席数わずか300席という小さなホールで、当然の如くあっという間に完売だが、運良くチケットが取れた。支えがないと歩くのが大変な様子で心配だったが、ラストの「ラ・カンパネラ」(リスト)とアンコールの「テンペスト」(ベートーベン)が圧巻だった。繊細なピアノの音に凄まじい情熱が込められていた。翌日は浜離宮で行われるコンサートに美智子様もいらっしゃると嬉しそうに語っていた。

さらにその翌日は、6月のライブに出てくれる俳優(また色々企んでおります!)の主演舞台があったので、本人にナイショで観に行った(終演後に顔を合わせたが)。これが想像以上に良い舞台で、自分のライブへのヒントも得られた。

夜の予定が入ってない時はジムで筋トレ。最近ちょっとお疲れだけど、充実の日々。とにかく来年6月のライブに向けて、全力投球します!

| 普通の日記 | comments(0) |
コメントする







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ