スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント



6月のライブもどうなるのかまだ分からない中、それでも準備・練習はやらないといけない。もし延期になったとしても、今回の内容は去年11月から詰めてきたものであり、ガッチリ作っているので、必ずいずれは公演することになる。なので準備は決して無駄にはならない。

写真のマイクは数ヶ月前に買ったもの。バンドメンバーなど僕以外の出演者に、ライブで歌う曲の音源を渡すにあたり、CD音源やライブ音源がある場合はそれで事足りるのだが、新曲含めこれまでライブでやったことのない曲や、ちゃんとした音源がない場合は、自宅で録音したデモ音源を渡そうと思ったのである。

いつも使っている世田谷区のスタジオ(1時間100円ぽっきり)も、コロナ問題で閉鎖されたので、自宅で発声練習と歌の練習をするしかない。というわけで、夕方、(ちょっと控えめに)発声練習をした後、ライブ用デモ音源制作の為、このマイクに向かって歌の録音を始めて20分後・・・ピンポンとベルが鳴る。1階エントランスからのオートロック呼び出し無しに、いきなり部屋のベルが鳴るということは、このマンションの住民ということだ。そういえば、歌っている間も、何かを叩くような音がしたので、もしかしたらとは思っていたが、ついに来たか・・・と観念し、恐る恐るインターフォンに応答する。
「歌を歌ってませんか?」
女性の声。
「耳障りなので止めてください!」
ズシっと響く冷ややかな声。このマンションに住んで12年、あまり隣から物音が聞こえないので、それなりに壁は厚いのかと思っていたが(とはいえたまに、上なのか下なのか、ド派手なくしゃみは聞こえる)、声量マックスで歌っていたわけでもないのにそこまで言われるということは、やっぱりそれなりに音は漏れるのであった。

自分ではそんなに大きな声を出していないとは思っても、まぁ、隣から歌声が聴こえてきたら、そりゃあうるさいと思うでしょう。朝早くでもなく夜遅くでもなく、夕方だったのでちょっと位なら漏れてもいいかな!と思ったのだが、ちょっとじゃなかった様子。やっぱり自宅での発声練習も厳しいのかな。あーーー引っ越したい・・・と思ったけれど(2年毎に起きる発作)、今はそれどころではない。ジムでの筋トレも出来なくなり、発声練習も危ういけれど、なんとか地味にこなすしかない。皆どうやって声出してるんだろう?!今迄普通にスタジオ通い出来ていたことが痛切に有り難く思える。のであった。

| 音楽活動 | comments(0) |
コメントする







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ