スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

会社からテレワークに伴う備品の補助金も出るので、思い切ってデスクと椅子を新調した。いくら補助金が出るとはいえ、何か新しいものを買ったところで、この狭い部屋に置く場所がないからと何も買わないつもりでいたのだが、よくよく考えたら、上京した時に買った安ッッッッいパソコンデスクと、座り心地の悪い椅子を20年も使ってきたので、テレワークも当初の想定より長くなりそうだし、この機会に新調することにした。

となれば、家具屋に赴くのがベストだが、この状況下、やはり手っ取り早いのはネット。となると、例のごとく、事細かに探しまくってしまう為、結局何がいいのか分からなくなり呆然としてしまう。今回も言うまでもなく。時間をかけまくり、探す探す探す・・・しかし、コレといったものに出合えず、オシャレな家に住んでいる友人夫妻にオススメの家具屋を訊き、それらを含め、様々な店を検索しては製品をチェック。もう最終的には、疲れて疲れて(数日間検索を続けたのである)、判断能力を失ってしまった。ネット検索って、酷。

最初はそんなに高くなく、それでいてシャレているものを探していたのだが、「あ!オシャレ!」と思っても、値段が安すぎて、他のサイトで画像やレビューを見ると、それなりに早くヘタってきたり、安っぽかったりするようで却下。どうせ買うなら、ここでケチらず、長く使える方がいいと思い、予算2倍超え。補助金内におさめようという気は一切なくなり、あまりにも安いものは除外することに。

そして最終的にはこうなった↓



機能性よりも見た目を最重視してしまった(それでいいのか?)。見た目重視にすれば、機能性は二の次になるというリスクは少なからずある。例えばこのデスク、抽斗の容量が大きくて便利!と一見思うのだが、それゆえに抽斗と太腿の間に余裕はあまりなく、足を組むことが出来ない。だがそれはデメリットなのか?足を組むことは身体にとっては良くないのだから、逆にいいのかも知れない。

それにしても、椅子が変わっただけで、腰の疲れ方が全然違う。そして、これまで使っていたパソコンデスクと椅子だけでなく、これまた安ッッッくドンキホーテで20年前に購入した姿見も一緒に棄てて、部屋の雰囲気が変わって新鮮!何より、これまでの、プリンターを上に置くタイプのパソコンデスクから、このタイプに変わったことで、高さがなくなり少し部屋が広く感じる。まぁ、よく20年も使ったものだ。ちなみに、新デスクの右側にちょこっと写っている棚は4歳から使っている貴重品(てなわけで絶対に捨てられないもののひとつ)。


↑かつてのパソコンデスク。引っ越してきた当初に撮影した写真。

| 普通の日記 | comments(0) |
コメントする







◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ