スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント

 

家にいる時間を少しでも楽しもうと、ディクラッセのLEDキャンドルを買った。元々、夜は間接照明のみにして、天井の電気を点けることはほぼない日々を送っているので、LEDキャンドルで更に良い雰囲気を作ろうと思ったのである。なんでもっと早く気づかなかったんだろう。

僕が憧れている北欧では、ヒュッゲの時間を大切にしているのだとか。ヒュッゲとは心地よい空間や、ぬくもりのある素材、キャンドルの灯りなどを指す言葉。北欧のみならず、ヨーロッパでは間接照明が好まれているけれど、オレンジ色の光を見ることで副交感神経にスイッチが入り、心身ともにリラックスできる作用があるのだとか。

このLEDキャンドルは、本当にユラユラとロウソクが揺れているかのような光で、とっても雰囲気が出る。夜のワインタイムにはもってこいです。

 

写真だと光の揺れが分かりづらいけれど、とっても良い感じ。これでテンションが上がった僕は、すぐさま、更に別のLEDキャンドルを購入してしまったのであーる。それが明日届くのだが、これからは夜が待ちきれない。

| 普通の日記 | comments(0) |

6月にもなれば状況は良くなっているだろう、などと数ヶ月前は思っていましたが、なかなかそうもいかない状況で、6月7日に予定していた南青山MANDALAでのコンサートは、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い延期が決定しました。前売券をご購入くださった方々、ご予約をいただいた方々、せっかく日程を空けていただいたのに申し訳ありません。

なお振替公演につきましては、皆様が安心して会場でお楽しみいただけるよう、状況を見ながら振替日を決定したいと思っています。決まり次第、また改めてお知らせいたしますので、その際は、何卒よろしくお願いいたします。

| 音楽活動 | comments(0) |

ジョギングはじめました(“冷やし中華はじめました”風に)。

気持ちの良い日曜日の午後。近くの公園。


コロナのせいで、ジムで日々トレーニングが出来ず、自宅で気休め程度の筋トレはやっているが、ジムのマシーンでガッツリやってる時の、モーレツな筋肉痛にはもちろんならず。基本的に年がら年中、身体は筋トレで筋肉痛なので、筋肉痛がない日というのは逆に不安&気持ちが悪い。有酸素運動は筋トレに相反する行為と言われているので(つまりは痩せてしまう)、一時期は一切走ることを止めて、最近は週1ペースでジムで少し走っていた。自宅でガッツリ筋トレやるほどの根性もなく、かといってずっと籠もっていると身体は鈍るし、思考もマイナスになりがちなので、ジョギングすることにした。

スポーツ万能の母から生まれてきたとは思えない位スポーツが苦手で、ゆえに体育が何より嫌いだった自分が、いつからこんなにスポーティー風になったんだ?!と不思議に思いつつ、シューズの他にも、ランニング用のポーチも購入し、外に出て走ると、やっぱりとてもスッキリする。以前ほど筋トレが出来ない今、あまりやりすぎると痩せてしまうので、バランス見ながらのストレス解消。最近は近くにある大きな公園まで行って、5〜6キロ走って帰ってくる。



この公園にはドッグランがあり、リク(近所に住んでいた友人の犬。一昨年死去)を連れてよくここに来たなぁとしみじみ思い出してしまう。思い思いに読書したり、昼寝したり、散歩している人たちがいて、こんな過ごし方もあるんだなぁと思った。僕がここに来たのは実に10年ぶり位ではないか?!住み始めて12年以上になるのに、近所のことをほとんど知らないことに最近気づいたのだが、ゆえに、出歩くと新鮮である。



帰宅後、抽斗の整理に取り掛かる。というのも!僕の部屋というのは、整理整頓されていて、実にキレイ!!と評判なのであるが、実は抽斗や食器棚などの類の中は整理整頓されておらず、あまり美しくない。最近デスクと椅子を新調して新鮮な気分になったせいか、今度は抽斗のゴチャゴチャが気になるようになってしまったのだ。要らないものは捨てようと分別すると、かなり出てくる。今まで抽斗の中には不要物を入れていたんだと思うと、なんとも言えない気持ちになる。思い切ってタンスの中にある下着類は小さな抽斗に移し替え、タンスも大幅にスペースが出来た。

スッキリ!!

しかし、100%のスッキリでもない。この何年も気になっていたのは、僕のこれまでのライブ音源のCDとDVDの山。僕が行ってきたきた、ほぼ全てのライブはCDかDVDに記録されていて、それらはダンボールの中に詰め込まれている。それらを全部パソコンの中にデータ化すれば、スペースが出来るばかりか、データも探しやすくなる。この際やっちまおう!とCDを取り出したのはいいが、あまりの量の多さに愕然として、
「めんどくせ〜〜!!やーーーめた!」
まぁ、そもそも、全ライブ音源は必要なのか?とも思うのだが(たまに必要にはなるのだが、全部は要らない)、声は加齢と共にどんどん変わりゆくゆえに、20代や30代の声が記録されているというのは貴重なのである。二度と蘇らない若い声。パソコンに音源を取り込んで、1つ1つ曲目を入力して・・・などと考えるだけでゲッソリしてしまう。いつかはやるのか?!やらないだろうなぁ〜。

| スポーツ | comments(0) |

会社からテレワークに伴う備品の補助金も出るので、思い切ってデスクと椅子を新調した。いくら補助金が出るとはいえ、何か新しいものを買ったところで、この狭い部屋に置く場所がないからと何も買わないつもりでいたのだが、よくよく考えたら、上京した時に買った安ッッッッいパソコンデスクと、座り心地の悪い椅子を20年も使ってきたので、テレワークも当初の想定より長くなりそうだし、この機会に新調することにした。

となれば、家具屋に赴くのがベストだが、この状況下、やはり手っ取り早いのはネット。となると、例のごとく、事細かに探しまくってしまう為、結局何がいいのか分からなくなり呆然としてしまう。今回も言うまでもなく。時間をかけまくり、探す探す探す・・・しかし、コレといったものに出合えず、オシャレな家に住んでいる友人夫妻にオススメの家具屋を訊き、それらを含め、様々な店を検索しては製品をチェック。もう最終的には、疲れて疲れて(数日間検索を続けたのである)、判断能力を失ってしまった。ネット検索って、酷。

最初はそんなに高くなく、それでいてシャレているものを探していたのだが、「あ!オシャレ!」と思っても、値段が安すぎて、他のサイトで画像やレビューを見ると、それなりに早くヘタってきたり、安っぽかったりするようで却下。どうせ買うなら、ここでケチらず、長く使える方がいいと思い、予算2倍超え。補助金内におさめようという気は一切なくなり、あまりにも安いものは除外することに。

そして最終的にはこうなった↓



機能性よりも見た目を最重視してしまった(それでいいのか?)。見た目重視にすれば、機能性は二の次になるというリスクは少なからずある。例えばこのデスク、抽斗の容量が大きくて便利!と一見思うのだが、それゆえに抽斗と太腿の間に余裕はあまりなく、足を組むことが出来ない。だがそれはデメリットなのか?足を組むことは身体にとっては良くないのだから、逆にいいのかも知れない。

それにしても、椅子が変わっただけで、腰の疲れ方が全然違う。そして、これまで使っていたパソコンデスクと椅子だけでなく、これまた安ッッッくドンキホーテで20年前に購入した姿見も一緒に棄てて、部屋の雰囲気が変わって新鮮!何より、これまでの、プリンターを上に置くタイプのパソコンデスクから、このタイプに変わったことで、高さがなくなり少し部屋が広く感じる。まぁ、よく20年も使ったものだ。ちなみに、新デスクの右側にちょこっと写っている棚は4歳から使っている貴重品(てなわけで絶対に捨てられないもののひとつ)。


↑かつてのパソコンデスク。引っ越してきた当初に撮影した写真。

| 普通の日記 | comments(0) |



6月のライブもどうなるのかまだ分からない中、それでも準備・練習はやらないといけない。もし延期になったとしても、今回の内容は去年11月から詰めてきたものであり、ガッチリ作っているので、必ずいずれは公演することになる。なので準備は決して無駄にはならない。

写真のマイクは数ヶ月前に買ったもの。バンドメンバーなど僕以外の出演者に、ライブで歌う曲の音源を渡すにあたり、CD音源やライブ音源がある場合はそれで事足りるのだが、新曲含めこれまでライブでやったことのない曲や、ちゃんとした音源がない場合は、自宅で録音したデモ音源を渡そうと思ったのである。

いつも使っている世田谷区のスタジオ(1時間100円ぽっきり)も、コロナ問題で閉鎖されたので、自宅で発声練習と歌の練習をするしかない。というわけで、夕方、(ちょっと控えめに)発声練習をした後、ライブ用デモ音源制作の為、このマイクに向かって歌の録音を始めて20分後・・・ピンポンとベルが鳴る。1階エントランスからのオートロック呼び出し無しに、いきなり部屋のベルが鳴るということは、このマンションの住民ということだ。そういえば、歌っている間も、何かを叩くような音がしたので、もしかしたらとは思っていたが、ついに来たか・・・と観念し、恐る恐るインターフォンに応答する。
「歌を歌ってませんか?」
女性の声。
「耳障りなので止めてください!」
ズシっと響く冷ややかな声。このマンションに住んで12年、あまり隣から物音が聞こえないので、それなりに壁は厚いのかと思っていたが(とはいえたまに、上なのか下なのか、ド派手なくしゃみは聞こえる)、声量マックスで歌っていたわけでもないのにそこまで言われるということは、やっぱりそれなりに音は漏れるのであった。

自分ではそんなに大きな声を出していないとは思っても、まぁ、隣から歌声が聴こえてきたら、そりゃあうるさいと思うでしょう。朝早くでもなく夜遅くでもなく、夕方だったのでちょっと位なら漏れてもいいかな!と思ったのだが、ちょっとじゃなかった様子。やっぱり自宅での発声練習も厳しいのかな。あーーー引っ越したい・・・と思ったけれど(2年毎に起きる発作)、今はそれどころではない。ジムでの筋トレも出来なくなり、発声練習も危ういけれど、なんとか地味にこなすしかない。皆どうやって声出してるんだろう?!今迄普通にスタジオ通い出来ていたことが痛切に有り難く思える。のであった。

| 音楽活動 | comments(0) |


 


高橋功コンサート2020 夏場所
〜ウェルカメ・トゥ・ 龍宮城 ( コウトピア )


【会場】
南青山MANDALA

【日時】
2020年6月7日(日)
11時45分開場/12時30分開演

【料金】
3,300円+1ドリンク別

【ミュージシャン】
荒武裕一朗(ピアノ)
村山政太(ギター)
永松徳文(ベース)
山下正揮(ドラム)

【スペシャル・ゲスト】
西山康平(俳優)

コウトピアへようこそ―
今回のコンサートは「理想郷(ユートピア)」がテーマ。
不思議な夢の旅にお連れします。
しかし道中は、心地良かったり、笑えたり、切なかったり……
はたまたおかしなカメに遭遇するかも知れません。
そして今回は、俳優の西山康平さんをゲストにお迎えし、
高橋功、ついに芝居にも挑戦しちゃいます(チョットだけよ)。
オリジナル曲に昭和のカバー曲も忍び込ませ、
歌って踊って、浦の島の龍宮城で繰り広げられる、
真夏の昼の夢にコウご期待!

12年振りの南青山MANDALAで―
この12年間、どれだけあの場所を夢見たことでしょう!
しかも南青山MANDALAでのワンマンライブは、
今回が初となります。
あの贅沢な、大人の空間で歌い、演じることが出来るなんて、 本当に夢のようです。
食事を楽しみながら、はたまた飲みながら…
まるで豪華なディナーショーのように、歌、トークに芝居をプラスして、
非現実に酔いしれる、夢の世界をお届けします!
絶対にこの貴重な機会をお見逃しなく!

チケットのご予約はこちら
チラシのPDFはこちら

| 音楽活動 | comments(0) |
◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ
<< 2/259 >>