スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
◆オススメ
◆RSS

まずこれをご覧あれ!

↑こんなに美しく神秘的な池が、地元の庄内にあるとは知らなかった。

てなわけで、先週帰省していたのだが、昨年に引き続き、東京から友達がやって来て庄内観光をした。去年は僕にとってお馴染みの場所を周ったわけで、今年はおのずと馴染みのない場所をセレクトすることに。去年は鶴岡中心、今年は酒田方面中心である。それにしても、庄内に行ってみたいと言う友人は結構いるが、本当に来てくれる人は数少ない。そして2年連続で来てくれた人は初である。そして僕にとっても改めて庄内の魅力を発見した3日間であった。

初日の朝、羽田から庄内空港へ。昼に着き、まずは鶴岡にある「平田牧場 とん七」で、中学時代の同級生を交えてランチ。これがまた、とんでもないくらいに美味しいとんかつで、「今迄食べた中でダントツ一番美味しい!こんなに美味しいとんかつ食べたことない!!」と大騒ぎしたら、友人2人は「またいつもの大袈裟か」と冷ややかな目で僕を見ていたが、すぐにそれは同意の目に変わった。


ここは庄内映画村。資料館を訪ねた。以前は映画「蝉しぐれ」のセットもあったと記憶していたが、なくなっていた。資料館には庄内で撮影された映画に関する資料だけではなく、様々なスターが出演した古い映画の雑誌なども置かれている。



由良海岸へ。去年は湯野浜の夕陽を見たので、今年は別の所から、と思ったのだが残念ながら雲がかかって堪能出来ず。夕陽は諦めて、橋を渡って小さな島(白山島)へ。夕暮れ時だったので、神秘さが増していた。

 

島の中へ。

 
  
  
  

2日目。あいにく小雨がちらつく中、一番上にいきなり出した神秘的な池「丸池様」を観に遊佐へ。鶴岡から遊佐へ車で近づくにつれ、雨が上がり、ここに着いた時にはなんと晴天に!!

 

水が美しく、鮭が帰って来るところ。ここを更に進むと・・・



目の前にエメラルドグリーンの神秘が現れるワケです!



写真で見て「綺麗だな」と思っても、実際に行くとガッカリすることもよくあるが、ここは写真と同じ、いやいや、写真よりずっと綺麗!



本当に不思議な世界に迷い込んだかのよう。

 

朝は雨で曇っていたのに、ここに来て太陽の光と共に、この神秘的な色を見せられ、本当に幸運であった。
ちなみに、この池は水深3メートル。そして以下のような説明が明示されている。

後三年の役で、鎌倉権五郎景正が敵に目を射抜かれ、三日三晩その敵を探し求め見事に討ち取ったあとにこの池で目を洗ったため、この池に住む魚は鎌倉景正に敬意を表してすべて片目であると言われています。 

そして看板には以下の文言が記されている。

この池は、県内唯一といわれる湧水のみを、水源としています。直径約20m、水深3m50cm。
水はあくまで冷たく澄んでおり、水中の倒木さえもなかなか朽ち果てず、まるで龍のごとく池底にひそんでいます。
「丸池様」なる信仰の対象となっており、けっして魚など捕ってはなりません。
この「丸池様」の社叢(しゃそう・・人が手をかけず勝手に育ってきた、神社の林、聖なる森という意味)は全くの原始林なので、町の天然記念物にも指定され、保護につとめております。

1996年9月 遊佐環境百年委員会


また是非とも再訪したいところである。

地元出身なのに初めての庄内〜芸術編〜」につづく。

| 旅行 | comments(0) |



27年越しに映画「いまを生きる」(ロビン・ウィリアムス主演)を観た。この27年間、レンタルショップに行く度に思い出していたタイトルに、ついぞ手が伸びた。

僕が小学校6年生の時の1学期は、まるで呪われた学級かのような数ヶ月だった。進級してすぐに担任が入院し、その間臨時の先生が来たのだが、程なくして担任はガンで亡くなってしまった。学校側は新たな担任を探すべく、その間は、入れ替わり立ち代わり他の先生がやって来て(臨時の先生が来たり、教頭先生が来たり)、修学旅行は他のクラスの先生が引率した(この先生は3年生の時の担任でもあった)。ようやく新しい先生が赴任してきたのだが、定年後のおじいちゃん先生で(今と違って当時の60代は既にヨボヨボのおじいちゃんに見えた)、入院するという理由で数週間で辞めてしまった。わんぱくなクラスに耐えられなかったのか、はたまた本当に病気になってしまったのか、本当のところは定かでない。その後、少し時間を置いてやってきた先生は26歳の若い女の先生で、ようやく卒業まで見届けてくれた。このほんの数ヶ月の間に来た、臨時のおばあちゃん先生が、全校生徒の前で最後の挨拶をした際に、「いまを生きる」という映画を紹介してくれたのだ。

・・・と、27年間そう記憶していたのだが、どうやら違ったようだ。今改めて公開年を確認したら、日本公開日の1990年3月24日は僕の小学校卒業と同時期である為、小学校6年生の1学期に、先生がこの映画を紹介するはずがない。となると、この映画の話を聞いたのは中学時代ということになる。確か、臨時で来ていた先生が任期を終えて去る時に紹介したはずだが、もしかしたら別の先生が退職時の挨拶で語ったのかも知れない。

人の記憶って、アレですね。

その先生が、どういう理由でこの映画を薦めたのかは全く記憶にないのだが、「いまを生きる」というタイトルが印象的で、レンタルビデオ店に行くといつも思い出していたものの、あらすじを読んで「ふ〜ん」と思っただけで手が伸びずにいた。でも「覚えている」ということは、何かしら意味のあることなのだろうと思い、今になってようやく観てみようという気持ちになった。

結論から言うと、素晴らしく良く出来た映画だったが、僕好みの映画ではなかったので退屈してしまった。1959年のアメリカの全寮制男子高校が舞台になっており、厳格な規則の下で生活している生徒たちの前に現れた、自由な精神を持った先生の、視点を変える重要さ、詩のすばらしさ、生きることの意義に触れて、どんどん生き生きとしてくる生徒たち。しかし、芝居に心を惹かれ俳優を志した生徒が厳格な父親に反対されたことから事件が発生し、キャプテンと慕われていた先生の立場は危うくなり・・・というストーリー。

僕が小学校の時に先生が全校生徒に紹介していたと思い込んでいたので、この映画を観ながら、果たして小学生がこの映画を観たところで、きちんと理解をして受け止められたのだろうか、と思ったが、実際は中学生相手に紹介していたワケなので、先生がこの映画を薦めた意図はなんとなく腑に落ちた。確かに、十代の頃にこの映画を観ていたら、感銘を受けたかも知れない。しかも、アメリカやアメリカの高校に妄信的に憧れていた僕が、先生がこの映画を紹介してくれた後すぐに(もしくは3年以内に)この映画を観ていたら、輝く未来を思い描いていた僕の心に深く浸透し、名作として忘れられない映画になっていたことは間違いない。

それを27年も・・・。時期やタイミングというのは人生において本当に重要なのだ。

| 鑑賞記 | comments(2) |

すっかり投稿し忘れておりましたが、先月のコトです。友達が運転する車で、ふらりと埼玉は秩父に行ってきました。暑さを逃れる為に・・・というのは勿論嘘ですが(そこまでバカではありません)、運よく曇っていたので、さほどの猛暑でもなく助かりました。秩父には何の知識もなく、何があるのか、何が有名なのかは全く以て知らなかったのですが、縁もゆかりもないかと言えば、そういうワケでもなく、ちょっとした縁はあるんですね。元々東京で知り合った秩父方面出身の友達が、今やそちら側にお帰りになってしまったということもあり、ちょっとした縁はあるわけです。

というわけで、3つのオススメスポット!

長生館の流しそうめん




何を隠そう、僕は子供の頃から流しそうめんに多大なる憧れを持っていたのにも関わらず、今の今まで一度たりとも経験したことがなかったのです。そして、秩父に流しそうめんの店があるなんつーことも知らず、ネットで調べていたらあるっつーことが判明し、まずはココに来たわけです。さほどの猛暑でもなかったこの日は、外で食べる流しそうめんもさることながら、見晴らしも最高です。

 



そしてその流しそうめんはというと・・・竹から流れ出てくるそうめんは、店員が適当に流してくれています。あちらとそちらの客も対応しているので、連続して流されたり、止まったりします。「ストップっっっ!!!」と申告するまでこれが続きます。お味ですか?ええと・・・うーん、やっぱり流しそうめんは風情を味わうものなんですね・・・っていう感じで。ところがっ!最後の方で、突然そうめんの質が変わり、いきなりコシのあるそうめんが流れて来たではないか!今までのやつは伸びていたのか、それとも茹でる人が変わったのか、はたまたそうめん自体が違うのかは謎のまま。



いい経験が出来ました。

うるし工房やました




ここは件の友達の友達がやっている店。そのお方というのは照明デザイナーでいらして、お作品がカフェの中にも展示されているのです(売り物です)。ゆえにとっても雰囲気の良いカフェ。お初にお目にかかる僕はきちんとご挨拶をし、相変わらず、失言のひとつやふたつをぶっ放してしまいました。



なんと8月21日にBS-TBSで放送される『ぶらり親子旅』にこの店が登場します!要チェック!!あ、僕は出演しませんよ(言うまでもない)。

阿左美冷蔵 金崎本店
 



最近の秩父といえば、なんといってもココでしょう!2012年のNHK「サラメシ」で放送されたのを観て以来、食べてみたいっ!と思っていた、天然氷を使ったかき氷。この番組で紹介される前から人気だったようですが、その後もメディアで取り上げられ続け、最近ではNHK「ブラタモリ」でも紹介していました。なんと3時間待ちの人気店です。そこまでして皆食べたいわけです。僕もそこまでして食べてみたかったのです。そして、僕も3時間並びました。というのは真っ赤っ赤っ赤っ赤な嘘で、この日は運良く、待ち時間ゼロ!!裏技使いました。というのも嘘で、実は、本当にただの偶然だったのですが、僕が行った日は木曜日で、6月までは木曜日が定休日だったことが影響し、「7月からは定休日ないのに、皆木曜日が定休日だと思って、きっと今日はお客さん来ないんだろうね」と、駐車場のオッサンが得意げに話してました。



そして気になるそのお味は!かき氷に違いなんぞねぇ〜と思っていたら損しちゃう!!一口食べてビックリ仰天。こりゃ3時間待つわぁ〜という食感&味でした。僕はあずき氷を食べましたが、今迄全く経験したことのないかき氷!天然氷って何?と思ってましたが、こういう食感なんですね〜という、もう本当に感動のかき氷でした。全くレポートになってませんが、とにかく、3時間待ちするのが心から理解できるかき氷でした。

東京からすぐ、ではないものの、気軽に行ける距離の秩父。ちょっと都会の喧騒から逃れたい時はもってこいの場所です。帰りはスパ「星音の湯」の露天風呂で疲れを癒すのがオススメです。

| 旅行 | comments(0) |


現在、10月のライヴの日程調整に入っています。下旬を予定していますよ。

声の調子にムラがあると大騒ぎしておりましたが、ようやく落ち着いてきました。僕の発声練習は、かつてボイストレーナーに習っていた頃に録音していた音源を、今も使いながらやるのですが、残っている音源4本のうち、いつも2本だけを使っていたのです。それが、先日、これまで全く使っていなかった1本で発声練習をやってみたら、これの流れがとっても良かったようで、それ以来、喉の調子が掴めるようになり、ムラがピタっと無くなりました。というわけで、毎回調子良く練習してます。

そんな中、もう10年以上、歌いながらもツライと思っていた楽曲のキーを、今回思い切って変えてみました。いつも曲が出来上がると、4〜5パターンのキーで歌ってみて、その中で一番曲のイメージに合っているキーを選びます。しかし、実はキーが高すぎて、ツライと思う楽曲もあるわけです。そういう時は一旦下げてみるのですが、下げると曲のイメージが変わってしまう為(半音下げただけでもガラっと変わってしまう感じがする)、最初に決めたキーのまま行くことも多いのです。でも今回、これまでの頑ななこだわりと先入観を一旦捨てて、2曲、キーを変えてみました。まぁ、キーを変えると、声の使い方も変わるし、ピアノを弾くにしてもまた最初から覚え直しになるので、慣れてる曲ほど大変!!でも、喉の負担とストレスは軽減されます。

今まで、結構頑なにキーを変えずにいた為、評判が良くても、その歌いづらさから、もうライヴでは歌わない!と思っていた曲が結構ありますが、これを機に、掘り起こしてみるのもいいかなぁと思います。

僕は曲作りをする際、Singer Song Writerというソフトを使います。僕のほぼ全楽曲のデータがこのパソコンに入っています。譜面作成にしか使わないので、宝の持ち腐れではあるのですが。でもこんな時に役立ちます。キーを変える際、ボタンひとつでコードも音符も自動的に変わりますから、いちいち作成し直さなくてもいいわけです。何年ぶりかでこのソフトを立ち上げました。結構しどろもどろ。ちょっと、新曲も作りたくなってしまいますね。でも10月のライヴでは、新曲をやらずに過去の楽曲(20代に作った曲が中心)と向き合う予定なので、しばらく我慢!もうライヴの選曲も曲順も決めてあります。ライヴでのお馴染みが並びますが、何度練習してもし足りないものです。もう何百回と歌っているのに、まだまだ練習は続きます。
| 音楽活動 | comments(0) |


20代の頃はとにかくチャンスを掴む為に、ありとあらゆるオーディションを受けていた。どこの会社の何のオーディションだったかは全く記憶にないが、ある一場面だけ強烈に覚えていることがある。とあるスタジオで、グループ面接があったのだが、参加者のひとりが自己PRの際にこんな発言をした。
「歌に対する想いは、誰にも負けません!」
10代後半〜20代前半の女性だったと思う。これといって印象的なPRの言葉ではないが、審査員の言葉は厳しかった。
「“誰にも負けません”って言ったけれど、他の人と比べてどのように違うの?ここにいる他の皆も同じように“誰にも負けない”って思ってると思うよ。あなたの、その歌に対する想いというのは、他の人とはどう違うの?」
彼女は困った表情を浮かべ、その質問には答えられず、黙り込んでしまった。審査員のその言葉は全く以て当然であるが、その質問に答えられたら大したものだ。音楽をやっている人は、皆「自分が一番」だと思っているし、そう思わないとステージでパフォーマンスなんて出来ない。

彼女はそこまで深く考えて言ったことではないことは明白だ。単純に「歌が大好き」というアピールをしたかっただけだろう。だけど、とても強く想っていることを言葉にするのは、本来は難しい。「好き」という表現では追いつかない。かつて山口百恵が引退コンサートのクライマックスで、「今“ありがとう”という言葉をどれだけ重ねても、私の気持ちには追い付かないと思います」と表現していたが、これは正に言い得て妙だ。逆に「この想いは誰にも負けない」という表現は、“誰にも負けないくらいの強い想い”つまり“強い情熱だ”という意味で使われるのだろうが、字面だけを追えば、傲慢にも取れて、件の審査員が突っかかったように、僕も嫌いな表現だ。もちろん、時と場合によって、そうでないこともあるのは承知。

同じように使われる表現に「人一倍」というのがある。例えば「○○に対する情熱は人一倍あります」「やる気は人一倍あります」など。時として、失礼で無知な言い方に取られてしまう可能性も充分に孕んでいる。例えば何かスポーツのグループやサークルに属している人が「競技に対する想いは誰にも負けません!やる気は人一倍あります!」と発言するのを聞いたら、僕はいい気がしない。“想い”も“やる気”も、きっと他の皆も同じように強く持っているし、まるで他の人には“情熱”も“やる気”もなく、その人ひとりだけがやる気を持って頑張っているかのように聞こえてしまうから。

でも実際はよく使われる言葉だろうと思う。そしてそこまで深く考えて発言もしていないと思うが、大概において、「そうか?」と思ってしまう。「いや、あなたよりあの人の方がよっぽど頑張ってると思うけど・・・」と、ついコメントしてあげたくなる。時にムッとすることもある。僕が「○○が好き」と言ったことに対し、その人も同じようにそれが好きだと言った後「あなたに負けないくらい、私はそれが好きですよ!」と言われると、その“負けないくらい”というのは何をもってして言っているのか、はたまた、別に競うことでもないけど・・・と思ってしまうのだ。

さて、僕は今苦戦している。4年間ライヴをサボっていた代償は大きかった。スタジオで練習していると、喉の調子が良くて「この声がまた出るようになったからもう問題ナシ!」とウキウキルンルンになったかと思えば、別の日には全く以て声が出ず「このままだと秋のライヴは厳しいかも・・・」と暗い気持ちになる。良い日と悪い日のムラが激しい。こんなムラは、僕が10年以上前にライヴ活動を始めた最初の頃以来だ。寝不足だと筋肉が緊張している為、声も出づらい。疲れている時も良くない。ああ、あの頃は寝不足だろうが疲れていようが、声は出たのに・・・。今は体調によって声が左右される。良い歌声を維持するには、規則正しい生活が不可欠なのだそうだ。このブランクがいけないのか、それとも、年齢的なものなのか、はたまた両方なのか。アップテンポの歌なんぞ、息が続かない有様である。20代の頃は軽々と歌っていたのに。うん、人一倍、誰にも負けないくらい練習しなくては!!
| マジメな話 | comments(0) |


大学時代の同級生がフランスから一時帰国しているので、名古屋に行って集まった。この面子は何年振りだろう?フランス人とのハーフの子供は、この夏休みを利用し、名古屋の小学校に1ヶ月通っている。外国語を必死に勉強していた我らにとって、子供の語学習得過程を見るのはとても興味深い。きちんと日本語とフランス語を使い分けるその脳、一体どうなっているのだろう?

今回は久しぶりに高速バスを利用した。新幹線の半額で行けるが、ネックなのは5時間半もかかること。でも昼間便を利用すれば、少し体も楽かと思い、思い切ってバスにしてみた。そしたら、まぁなんと、あっという間に着いてしまった。なんだかんだでやることはあるものだ。本を読んだり、録音しておいたラジオを聴いたり、調べものをしたりしているうちに、あっという間に。

そして名古屋は暑かった。湿気が凄くて尋常じゃない汗が流れ出る。東京が凄く過ごしやすいと感じられる程。

さて、名古屋といえばグルメ。ひつまぶしも美味しかったが、なんといっても今回のベストワンは、大須にあるたこ焼屋台「たこ咲」の醤油味たこ焼!!もう卒倒するかと思うくらいの美味しさだった。期待を込めて「東京にもありますように」と検索したが、やはり名古屋にしかなかった。元々醤油好きということもあるが、あっさりした醤油味は、もう本当に本当に美味しくて、東京に買って帰りたいくらいだった。ああ・・・忘れられない味。
| 旅行 | comments(0) |
◆カテゴリー
◆過去の日記
<< 2/243 >>