スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
早起きが続いていたので、今日は少しゆっくり目に起きて、のろのろ準備。下着を手洗いしようと思っていたのだが、せっかく洗濯機があるので使おうと思うも、文字なしマークだらけの表示に戸惑い固まる。



やっぱり手洗いにしよう。あーでも、せっかく洗濯機があるんだからシャツやズボンも洗いたい。じゃあ、どれを選択?洗剤の匂いもきつめだし、やっぱり手洗いにしよう。あーでも、やっぱり洗濯機…… ネット検索してみるもイマイチ欲しい情報を得られず、とひとりで右往左往しているのがバカバカしくなった頃、なーんだ、説明書をネットでダウンロードすりゃーいいんだと気づき、あっけなく解決。

今日と明日はボルドーで思いのままに、観光せず、フランスでの日常生活を楽しむこと!ネットで見つけたレストランでランチをすべく、これまた20分歩いていると、フランスに住んでいたちょうど20年前からそのまま今日を迎えているような錯覚に陥る。去年もそうだった。ゆえにあの時のまま、まだ20歳かのような錯覚にも陥る!(非難轟々)

気分良く歩いていたのに、一気にテンションを下げたのは、店の前に着いた時。なんと開いていない!!定休日でもないのに貼り紙もない。なんじゃー!まぁこれがフランスと諦め、次を探すのだが、まだ12時なのでどこの店も閑散としており、人気度を計ることが出来ない。困る。どこに入れば失敗しないか、決められない。その通りを抜け出してズンズン歩いて行くと、観光客多めの店は繁盛していたが、やはりそこは避ける。なんだかんだ30分は歩き、結局元の通りに戻り、さっきの店の数軒先の店に段々客が集まっていたので、そこに入るも、「ごめんなさい、もう一杯なので」と断られる。あー、さっき迷わずに入っておけば……と後悔しても遅い。

結局、近くのクレープ料理店に入る。既にほぼ満席状態で、数分後には全席が埋まった。地元民ばかりだから期待できそう!



15ユーロのコースにする。クレープは久しぶり。そしてサービスでシードルが付いてきて、これまた美味しい。






玉ねぎ、ラルドン(豚肉をソテーしたバラ肉ベーコンみたいなもの)、チーズなどが入っている


チョコレートがけのデザート

午後は街中をブラブラしながらお土産を買いまくる。結構重くなり、帰りの荷物のことが本気で心配になる。人気のチョコレート屋の側に立派な大劇場があり、ふとオペラを聴きたいと思って、窓口で訊いてみたら、オペラは先週あって、次は来月とのこと。じゃあ今夜と明日の夜の催し物は?と訊くと、今夜は何もなく、明日はコンサートがあるが売り切れ、だそうで。残念。



さすがに歩き回り疲れてきた頃、とあるスポーツ用品店に入ろうとしたら、物凄い勢いで黒人青年が走って来て、それを追う太めの店員が僕とぶつかった。一瞬何がなんだか分からなかったのだが、どうやら万引きした青年をあと少しで捕まえるところだったのに、僕とぶつかった為に逃してしまった様子。ドロボーさんにとっては僕のお陰で逃げ果せたということになるが、店員にとっては二重の災難。しかしである。なぜ店の外まで追わない?と思っていたら他の店員が走り出して追いかけたようだが、捕まえられたのかどうかは定かでない。

それにしても、万引き実行犯を目撃するなんて!!

疲れまくったので夕方一旦アパートに戻る。近所のパン屋で明日の朝食分を買う。あまりにも疲れすぎて、お金だけ払ってパンを置き忘れてくるところだった。こういうこと、よくあるよね〜!

ふと、既に決めていたディナーの店のことが気になり出した。いつもは予約せずにフラッと行くのだが、なんだか虫が騒いで電話せずにはいられなくなった。徒歩20分かけて行くのに入れなかったらイヤだなと。すると案の定、今夜は満席で予約を受け付けられないけれど、明日の夜ならOKとのこと!あー!!電話して良かった。今夜は、一昨日ランチで気絶した店に行こう(本当は明日行こうと思っていた)と、念の為こちらも電話して予約した。

一休みしてから筋トレして(旅行中でも筋トレしないと、筋肉が落ちてしまうという強迫観念が!やらずにはいられない中毒気味)、あの感動をくれた店に出向く!ワックワック〜させてよ〜の気分。

3軒隣の店では試飲会をやっていて楽しそうだった。それを横目にGloutonに入る。ちょうど入口のところに座っていたグループが何やらアンケート用紙のようなものを見ながら店員と話していた。この人たちも試飲会だろうか?などと思いつつ、奥にいた俳優のようなオジサンに導かれ席に着く。しばらくすると、回覧板のようなものを見せられた。さっきの試飲会グループが見ていたのはこれなのか?
「これ何ですか?」
おもむろに訊いたら、
「メニューです、ムッシュー」
なんじゃーーー!!!恥ずかしい…。何かのアンケート用紙かと思ったら、店のメニューだった!入口のところに座っていたグループは試飲会ではなく、ただ単に注文の最中だったってこと!!

気を取り直して。35ユーロのコースを頼む。


アミューズ


フォアグラの下には鴨肉が隠れている


白身魚とフライ

ボルドーワインと合わせてとても美味しいことは確かなのだが、一昨日のランチの気絶的感動は得られなかった。満足ではあったが、あの気絶するほどの悶絶は何だったのか?

店の人と少し会話して店を後にする。明日がボルドー最後の夜。あー、きっとまた名残惜しいんだろうな。あちこちでの店員とのちょっとしたやりとりや、美味しい料理との出合いが嬉しくもあり、街を後にする未練も増幅させる。
| 旅行 | comments(0) |
今日は世界的に有名なボルドーワイン産地のひとつ、サンテミリオンへ。ワイナリー見学をするにあたり事前予約が必要なのだが、あまりにも沢山ありすぎてどこにすればいいのか分からなかったのだが、ふと無農薬ワインを作っているところを探したところ、とても興味深いシャトーが見つかったので、渡仏前に予約しておいた。


ボルドー駅


こんなところまで焼き鳥が進出しているとは!

朝9時の電車でボルドーを発ち35分後にはサンテミリオン着。無人駅から観光案内所までは徒歩20分。タクシーもバスもなし。







ぶどう畑が広がる美しい町並みを眺めながら歩いて行くと坂道になり、見晴らしの良い場所に観光案内所、レストラン、ワインショップがある。















早速観光案内所で自転車を借りる手続きをする。「今日は天気が良くてラッキーですね」と言われ、本当に今回は天気に恵まれたと実感。ついでに、観光客向けではない、地元の人たちが集うレストランを教えてほしいと言ったら、綺麗なお姉さん、渋い顔でうーーーん……と唸りながら、この村の外となると、シャトーくらいしかないと言う。さすがにこんな人口数千人の小さな村に、観光客相手じゃない店などあるはずがなかった。吟味している時間も勿体ないので、潔く諦めて案内所近くの店でランチ。味はやっぱりイマイチ。

ランチの後は早速サイクリング!予約しているシャトー(ワイナリー)に向かう。





村を抜けると一面にぶどう畑が広がる。そうだ、よくよく考えたら、子供の頃に憧れていたフランスの風景はぶどう畑だった。フランス語専攻で18歳からフランスと関わり始めて20年以上経つのに、今回が初めてのぶどう畑。すっかり忘れていたけれど、ようやく念願が叶った。なんで今まで来なかったのだろう?

青空の中、自転車でぶどう畑を走るのは本当に幸せな気分だった。








お目当てのCHATEAU COUTET(シャトー・クーテ)が近づいてきた。




到着!
そう、こんなに素朴なところ。つまり、観光客が押し寄せるような立派な建物を擁す大きなシャトーはあえて外して、家族経営の小さなシャトーを選んだのだ。それでも世界に輸出しているし、若き14代目のオーナーは、日本のメディアにも取り上げられている(こちらこちらの記事参照)。


犬がお出まし



中に通され、しばらく待つ。






待っている間暇なので犬と遊ぶ。人懐っこくて可愛い!!



いよいよ見学開始!なんと、客は僕一人。ちょっとここで怖気づく。ってことは説明は一対一。ワイン用語はおろか、背景についてもほとんど知識がないので、聞き取るのが大変。案の定、「ご質問は?」と訊かれても「ありません」と答えるしかない。美しいフランス女性が不審そうな顔で「ありませんの?もし英語の方がよければ英語でも説明可能ですよ。分からないことがあれば何なりと」と親切に言ってくれるが、僕の知識では英語でもフランス語でも理解度は同じなので、フランス語で続けてもらう。

あー。もしもっと客がいれば、こんなことにはならなかったのに。大きなシャトーにしときゃーよかったな、なんてちょっぴり弱気になる。







でもお楽しみは最後の試飲。3種類飲ませてもらえたのだが、1年違うだけで味が全く違うことに驚いた。天候に左右されるぶどう栽培は、同じ品種、同じ場所で作っていても、その年の天候如何で全く味も異なり、更には値段も変わるのだ。

無農薬ワインにこだわるこのシャトーのワインを3本買って帰ることに決めていたので、迷わず購入。他と違ってリーズナブル。20ユーロ程度なのだ。2014年より2015年の方が断然ぶどうの出来が良いのだが、なぜか僕は2014年の方が気に入ったのでこれを2本と、2015年を1本購入。


別の犬登場!



ここの2頭の犬は本当に人懐っこくて、僕の顔もペロペロ舐められた!あーーー可愛かった!!

シャトーを後にし、また気ままに自転車を漕いで、世界に名を馳せるサンテミリオンのぶどう畑の中にいることを謳歌した。

村に戻り、大満足な気持ちで自転車を返し、ちょっと買い物をしてから、またてくてく20分歩いて駅に行く。それにしても今回は何かと徒歩20分だ。ボルドーでのアパートから繁華街までが徒歩20分で、とにかく20分、20分、20分歩きまくっている。

19時頃ボルドーに戻り、一旦アパートに荷物を置いて一休み。あーーー疲れた。フランスは今や物価が高く、僕が住んでいた頃とは違うのだ。特にレストランは高い!なので今回の旅ではアパートで自炊しよう、なんて言いつつ、有言不実行。結局、ネットで見つけたレストランに20分歩いて出かける。

Le Taquin ル・タカン。



何だかとっても新しい料理。


タコのシチュー。白ワインと合わせてかなり絶品!!本当はブルゴーニュの白を勧められたが、あくまでボルドーにこだわる僕であった。


メインのニョッキは赤ワインと。蜂蜜と絡まってもう本当に美味しい。

美味しい食べ物と美味しいワインは、心を幸せにしてくれる。やっぱり今回は美食の旅ということにして、自炊は不味いのでやめておこう。
| 旅行 | comments(2) |
朝8時半のTGV(新幹線)でパリを発ちボルドーに向かう。3時間の旅。昨夜は眠すぎてブログをアップ出来なかったので、電車の中でせっせこアップし、更にメールしていたらあっという間に着いたがずっとスマホをピコピコやっていたので疲れた!!というより、もっと車窓を楽しみたかった。

終始曇っていて時折雨も降っていたが、ボルドーに着いたら雨は止み、そして太陽もお出ましに!!バスで10分のところにあるアパートに早速向かう。


アパート外観。部屋は4階にあるのだが、エレベーターなし。











新しくて綺麗でオシャレ!なのだが、難点はデザイナーズ物件にありがちな、使い勝手の悪さ。天窓付きのシャワールームに至ってはドアがなく、シャンプーを置く台もタオルをかける場所もないのはまぁいいとしても、水圧が弱すぎてジジーのションベンか!ってくらいチョロチョロ。こりゃ冬は風邪引くぞ!まあでも、パリの11平米の部屋に比べれば快適度も清潔度も申し分なし。

早速街中を散策。目当てのパン屋ではテラスにある少ない席でランチも出来るのだがあいにくの満席だったので諦める。ブラブラしていたら地元民で一杯のレストランを発見したので、ここぞとばかりに入る。Gloutonと言う名の店。中も洒落ている。







ちょっと待ってもらうけどいい?と訊かれ、もちろんOKだよんってことで、しばらく待って、出てきた前菜にたまげる。デザートかと思ったコレ。



フォアグラの上にイチジク。見た目も美しいが味がとんでもなく美味しくて気絶してしまった。そしてメイン料理はローストチキン。

絶品という言葉以外何も思い付かない程美味しくて、こんなに美味しいものをこれまで食べたことがないってくらい、生きてて良かったと思うくらい美味しくて、どうにかなってしまうかと思った。これで15ユーロなのだからまた驚く。フランスでは平均的なランチ料金。



今日は適当に歩き回ろうということで、お土産を買う店探しをする。合間にこれまた服をあれこれ買う。あー、やっぱりあんまり服を持って来るんじゃなかった。カード請求も大変恐いが帰りの荷物も恐い。でも最近は東京で好みの服を見つけるのが難しくなっているから仕方ない。








これは血の色……ではなく、ワインの色なのであります。




ボルドー名物!水鏡。テレビで観てすごく綺麗だと思っていた。夜のライトアップが綺麗なはずなのでまた来なくては。





歩いて歩いて歩いて……くたびれる。ひとまず、また歩いてアパートに戻ってひと休み。というか、筋トレをしたかったのだ。

美味しい店を検索して、夜8時半頃再び出る。ワインバーでいいやと、予約しないと入れないほど人気だという店Wine More Timeに行ったのだが、席はたっくさん空いていた。そして、僕の考えはちょっと間違っていた。ディナーをしに一人でワインバーに行くのはミスチョイス。食べ物はつまみ程度のものしかないし、ハムの盛り合わせを頼んだのだがこれまた凄い量!ビストロに行けば良かった。というか、あのランチで行った店、ずっとあそこでもいいのではないか?!





それにしても、Googleマップを見ながら歩いてるのに今日はよく迷った。そしてイマイチまだ街を把握できていない。
| 旅行 | comments(2) |
渡仏前、1年ぶりのフランスに心躍らせながらも、パリ2日目の日曜日の天気予報は降水確率100%で、しかも雷雨と出ており、僕のテンションをズドーンと下げてくれた。今回はこの日曜日がパリ最終日なのだ。

それがどうだろう。雨など一滴も降らず、快晴そのもの!!なんたる奇跡!日頃の行いって、こういうところで現れるんですね〜。それにしても、100%の雨って、あの天気予報は一体何だったんだら

今回朝食付きのプランにしなかったので、友人があらかじて調べておいてくれたオシャレ〜なカフェで朝食。ホント、パリは洒落た店が多い!




アボカドと卵を乗せたトースト

アテもなく歩く。基本的に僕は余程興味のある所以外は、観光客しかいない観光名所があまり好きではなく、地元の人たちの生活を垣間見るような、地元の人たちが集う場所で、あたかも自分もそこで生活してるかのような顔でのんびり行動するのが好きだ。いわば、その土地の空気感に触れることが旅の醍醐味であるのだ。

オシャレなマレ地区をつらつら歩いていると、面白そうな洒落た店がいくつもあるが、日曜日なのでどこも開いてない。…いや朝まだ早いからか?




絵画教室?






至る所にマカロン。デコレーションも目を引く。

あっという間にレ・アールに着く(パリのど真ん中)。行きたい洋服屋があったので、ショッピングセンターに行き、DevredとJulesで何着か服を買う。あー、日本からたんまり洋服持って来たけど、もっと減らせば良かったと今更後悔しても遅い。

パレ・ロワイヤル方面に歩き、途中でこれまたオシャレで地元民で賑わっているカフェに入りランチ。











パレ・ロワイヤルにあるカフェ・キツネで友人が飲み物を買い、公園でしばし休憩。










地元民の人たちが思い思いに寛いでいる。ガールスカウトの集いがあったかと思えば、新婚夫婦の撮影があったり。いかにもパリらしい雰囲気の中、太陽の下で、穏やかで平和な時間。

あっという間に4時くらいになったので、重い腰を上げる。マレ方面に戻る前に、せっかくなのでセーヌ川を見たいと思い、川方面に赴く。20年振りのポン・ヌフ、そしてポン・デ・ザール(芸術橋)。そういえば恋人たちが橋に鍵をかけていくものだからそれが問題になっていたことを思い出す。ルーブル美術館もすぐそこにあるので、さすがに観光客だらけで賑わっていた。








向こう側に見えるのがルーブル美術館



一度も地下鉄に乗らずにパリの街を移動したのは初めてだ。街中に宿泊するってこんなにも便利なんですね。部屋は激狭だけど。歩いてマレ地区に戻り、デパートで買い物をしてからホテルに戻ったのが6時半。あっという間に友人がロンドンに戻る時間だ。別れた後は急に1人取り残されたようで感傷に浸る。

部屋で疲れを取った後、8時過ぎひとりまた外出。会社の人に聞いたワインバーがホテルから徒歩20分のところにある。結構静かな界隈だったが、そのワインバーは人で溢れ返っていた。



中で何かをつまみながらゆっくり出来る感じでもなかったので、斜め向かいのパン屋で惣菜パンを買って立ち食いをし、そのワインバーで一杯白ワインを立ち飲みしてそそくさと店を後にした。

さぁ、明日からボルドー!
| 旅行 | comments(0) |
あれから早11ヶ月。前回のフランス旅行からまだ2〜3ヶ月しか経ってないような気分で今またフランスにいる。

出発前、忘れ物がないことをしっかり確認して、戸締まりをして家を出て、駅に着く頃、アッ!!と忘れ物に気付く。コンセントの変換プラグ2個。一瞬戻ろうかと思ったが戻ったら予約していた羽田行きのバスに間に合わない。たかだか1個200円の代物の為に戻るのもバカバカしいので、空港で買うことにする。あー、せっかくこの間1個買い足したばかりなのに!!

今回のフライトはエコノミークラスで席を取っていたのだが、数日前にANAのBidMyPriceに27,000円で入札したら、プレミアムエコノミーにアップグレードされた。いつもは通路側に席を取るのだが、直前でアップグレードされたので必然的に窓側に。隣に座ったのは初老の紳士だったが、やはりトイレに行くあたっては気を遣うので、その方が席を立った時に同時に自分も席を立つ。用を済ませて席に戻ると、初老の紳士は戻っていない。なぜか気にかかる。気が付けば30分も経っている。まさかトイレで倒れているのではないか?スッチーに言うべきだろうか?もしトイレで死んでいたら、波乱の旅の幕開けとなる。隣の席にいてどんな状態だったかとか色々訊かれて、親族にも会う羽目になるのだろうか?葬式にも出ることになったりして…… そんなことになったらどうしよう。初っ端からワインを飲み過ぎたのだろうか?などと、止まらない妄想の世界に誘われているところに、涼しい顔で戻って来た時には心底安心した。その後もトイレに立つたびに30分は戻って来なかった。何をしていたのだろう?スッチーからも挨拶されたり、ワインについてあれこれ話していたから、スッチーと遊んでいたのだろうか?

無事にシャルル・ド・ゴール空港に到着。去年は4年ぶりのフランスだったこともあり、久々のフランス語の世界に大興奮したが、今回は冷静で、まるで帰省で戻ってきたかのよう。荷物を受け取り、パリ市内に出る前に空港で携帯のSIMを買うつもりでいた。去年はFreeという通信会社のSIMを30ユーロで買ったのだが、安いとはいえデータ100GBも使わないし通話も無制限を謳歌するほどしないし、そもそもFreeは店舗がパリに1か所しかないので今回はもっと安いやつを空港で買おうと思っていたのだ。

売店で15ユーロのSIMを買い、空港内の移動シャトルに乗ろうとしたその時、妙に自分が身軽であることに気付いた。何かがおかしい。あっっっ!!スーツケースがないっ!!!一瞬頭の中が真っ白に。考えるまでもなく、SIMを買った売店にそのまま置き忘れて来たのだ!オチャメ〜〜〜!!なわけない!走って戻る。かくして、僕の赤いスーツケースは、心細い顔をしてレジ前に佇んでいた。

夜7時、パリのホテルに着く。今回珍しく街中(オベルカンフ)のホテルにしたので、とても便利なのだが、部屋があまりにも狭すぎるという代償が。一泊13,000円もするのに11平米という驚くべき狭さ。シャワースペースなど身動きできないくらい狭く、太っている人なら入り切らないだろう。アメリカ人にはオススメできないホテルだ。

とある人物に着いた旨連絡を入れる。部屋番号を伝え、来てもらう。しばらくすると携帯電話が鳴った。
「部屋番号なんだっけ?」
その声は受話器からだけでなく、廊下からも聞こえたのでドアを開けた。そこにいたのはロンドン在住の高校時代の同級生!今回週末を使ってユーロスターで会いに来てくれのである。

会って早々、買ったばかりのSIM設定がうまく行かないことを告げ、手伝ってもらうも埒があかず、フロントのおじさん(と言っても年下だが)に手伝ってもらうことに。通話は出来るのだがネットが繋がらないのだ。説明書を何度読んでも間違ったことはしていない。その通りにやっているのだ。繋がらなくてこちらは苛ついているというのに、おじさんは
「この携帯ってWindows Phone?え、違うの?あーAndroid?ソニー製?違うの?じゃあどこの?富士通?それって有名な会社?ソニーと同じくらい?LINE知ってる?日本では皆使ってるらしいけど、フランスでは全然!でも僕は使ってるんだ。日本といえば北斗の拳だよね。お前はもう死んでいる!」
どうでもいい話が止まらない。日本好きのフランス人は例外なくと言っても過言でないくらいアニメ好きだが、あいにく僕は話に乗れない。どーでもいーから、携帯どーにかしてー!!親切なおじさんはコールセンターに電話して問い合わせてくれたけど、それでも解決せず。結局その日は諦めて、モヤモヤしながら遅い夕飯を食べに外に出た(部屋に戻ってからネットで検索したらAPN設定をしなくてはならないと知り、なんとか成功したのだが、説明書にはそんなこと書いてないし、コールセンターの人もそこを疑わなかったというのはいかに?!)。

20時半すぎ、近くのブラッスリーで友人と食事。ビール、スパークリング、赤ワインを飲みつつリングイネを食べた。日本時間では朝方なので、11時半頃にはホテルに戻った。

明日は2日目にしてパリ最終日!天気予報は雷雨なのであった。

※あいにく初日は1枚も写真撮っておらず。
| 旅行 | comments(2) |



これ買いました。海外旅行に出かける際、大活躍してくれるであろう代物!僕が長年欲しいと思っていたものであります。このシャレた小さきスグレモノは、なんと!ウォッシュレット(シャワートイレ)の代用品。シャワートイレ愛好家の僕としては、海外に行くとどうも気持ち悪いんです。それを去年、フランスに行った時日本人の友達に話したら「じゃあウォッシュレット持参したら?」と言われ、そんなご冗談を・・・と思っていたのですが、先日ふと思い立ち、もしかして携帯用のウォッシュレットがあるんじゃないかと検索をかけたわけです。

そしたらありました!もちろんウォッシュレット発祥のTOTO製品を買う気満々だったのですが、Amazonレビューを見たら、あまり評価が高くなかった。というか、パナソニック製の方が水圧があって、更にはペットボトルも使えるとあり、満場一致で(といっても僕1人だが)パナソニックのハンディ・トワレに決定した。

カバンにすっぽり入るほどの大きさで見た目は随分とコンパクト。



青い容器に水を入れて使う。



購入の決め手となったペットボトル使用可能、ではあるが、実際はペットボトルほどの水量は要らない。青い容器で事足りる。



シャワートイレ愛好家だなんてぶっこきましたが、実は自宅にはシャワートイレがありません!!なので、これは海外旅行時のみならず、自宅でも使うコトにいたしました!!いや〜、本当に良かった。これで次の海外旅行も一安心。

| 普通の日記 | comments(0) |
◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ
<< 2/250 >>