スマホ版





◆関連リンク
◆更新履歴
◆最近のコメント
草月ホールで行われた美川憲一さんのドラマチック・シャンソン。毎年恒例のシャンソン・コンサートも今年で17回目とのこと。僕は今回初めて鑑賞したのだが、行こうと思ったきっかけは、去年のドラマチック・シャンソンの模様が今年初めにテレビで放送されたのを観て感動したからだ。特に「王様の牢屋」。愛する人の為に王様のダイヤを盗み、牢屋に入れられ、一生出られない女の歌。これがかなり哀しく、そして恐くもあった。この歌だけの為にチケットを取ったといっても過言ではない。もちろん、この曲が選曲される保証も何もないのだが。それでもラッキーなことに、「王様の牢屋」も、好きな「初日の夜」も選曲されていた。第2部の選曲は圧巻。僕の好きな暗い曲が大半だ。いや〜良かった。

テレビで「さそり座の女」などを聴いている分には何とも思わなかったのだが、生でじっくりシャンソンを聴いてみると、実に巧みに歌を操っているのが分かる。押して、引く、簡単に言えば強弱、その加減が実に絶妙なのだ。自然にスーッと引き込まれてしまう。流石の一言。タダモノではなかった。

客席にはデヴィ夫人など有名人もチラホラ。たった3回の公演で、ようやく慣れた頃に終わるので、どうにかならないものか、これを地方に持って行きたいのだけどなかなか難しいと美川さんは話していた。大きな会場でもないのだが、空席もちょこちょこあり、この時代に「シャンソン」で人を集めるのはなかなか大変なのかなぁ、なんて思った。かくいう僕も、カタにはまったお決まりのシャンソンはそれほど好みではないのだが、知らないだけでいい曲は沢山あり、今回のコンサートは予想を遥かに上回る感動があった。来年も行きたい。

シャンソンといえばエディット・ピアフを思い浮かべる人が多いと思うし、日本において一番有名なシャンソン歌手なのだろうが、僕はあまり好きではない。バルバラが好きである。あの暗〜い感じが。でもなぜか日本でカバーされるのは「黒い鷲」ばかりで、バルバラの真骨頂とも言える、絶望的な暗さが漂う楽曲を日本の歌手で聴く機会はほとんどないのが残念だ。今回は「黒い鷲」の他に「貴婦人」も選曲されていたので良かった。

美川憲一ドラマチック・シャンソン2016
セットリスト
【第1部】
01. パリはシャンソン
02. 明日、月の上で
03. 洒落にしましょう
04. アプレトワ
05. ろくでなし
06. 街角のアヴェ・マリア
07. 思い出のサントロペ
08. 私の神様

【第2部】
09. 王様の牢屋
10. 貴婦人
11. 朝日のあたる家
12. 歌いつづけて
13. 水に流して
14. 初日の夜
15. 生きる

【アンコール】
16. 愛の賛歌
17. 黒い鷲
| 鑑賞記 | comments(0) |

僕はやはり、何か勘違いをしていたらしい。

今年は高いチケット代を払って損をしたと思った公演がダダダッと続いている。それはクオリティーの問題ではなく、僕の好みの問題だ。今回のコンサートに関して言えば、なぜチケットを取ったかというと、八神純子の歌は聴きたいけれど、通常のコンサートだとバックバンドのメンバー(2〜3名)の自己主張の強い姿を目の当たりにして、その演奏を聴くのがストレスになるから、メンバーが変わるまで通常のコンサートには行かないでおこうと思っていた為、管弦楽団をバックにしたコンサートなら、そのストレスもなく思う存分歌を楽しめると思ったからだ。しかし、5月に行った渡辺美里のシンフォニック・コンサートもそうだったが、オーケストラ共演でのスペシャル・コンサートとなると、必ずや映画音楽だの何だのとカバー曲や、オーケストラのみの演奏がセットリストに加わるのだ。僕は年々、カバー嫌いに拍車がかかっている。その歌手のオリジナル曲を1曲でも多く聴きたいのだ。その人の音楽的なルーツとなる曲だの、好きな曲だの、そんなのははっきり言ってどうでもよく、それをコンサートで歌われると逆に損をした気分になる。

というわけで、オーケストラとの共演のコンサートには、そういうカバー曲がつきものであり、僕が望むオリジナル曲は通常のコンサートよりも比率は減り、かくして、これまた僕があまり聴きたいとは思っていない代表曲が中心になる。ならばやはり、僕は通常のコンサートに行くべきなのだ。

とはいえ、チケットは購入し、会場まで来てしまった。そこで気づいても遅いのである。ホント、演奏曲目(セットリスト)を事前公開してほしいと切に願ってしまう。今回は第一部がオーケストラ演奏および映画音楽、ルーツ音楽。第二部でようやく八神純子オリジナルの世界である。まぁ、渡辺美里の時よりは遥かに良かったが、それでもやはり、である。1月のオリジナルばかりのコンサートの方が選曲は遥かに良い。

そんなわけで、歌唱は良かったけれど、僕の嗜好だけの観点から言うと、高いお金を払ってまで来る価値は僕にはなかった。今後はもっと吟味しよう。

八神純子 with 宮川彬良 シンフォリズミックコンサート〜歌が呼んでる〜
宮川彬良指揮、東京ニューシティ管弦楽団
2016年8月5日 東京文化会館

【第一部 宮川彬良の世界 with 八神純子】
01. ブギウギ・ビューグル・ボーイ
02. テキーラ
03. シンフォニック・マンボ No. 5
04. 宇宙戦艦ヤマト
05. 無限に広がる大宇宙
〜八神純子登場〜
06. サウンド・オブ・ミュージック
  〜私のお気に入り
07. 恋のバカンス
08. ラブ・シュープリーム〜至上の愛〜

【第二部 八神純子の世界 with 宮川彬良】
09. みずいろの雨
10. パープルタウン
11. Mr. ブルー
12. 雨の日のひとりごと
13. There you are
14. 約束
15. 1年と10秒の交換
16. 翼があるなら
17. 歌が呼んでる

【アンコール】
18. チョコと私

| 鑑賞記 | comments(0) |

中山美穂主演の映画『サヨナライツカ』は2010年の公開時に映画館で観たが、6年振りにDVDで再び鑑賞した。元来、原作者である辻仁成が好きではないのだが、ミポリン主演という理由だけで観た当時、ミポリンは美しくエロティックだったけど内容が陳腐に思えたし、謎すぎる主人公・沓子の、全く以て明かされない人物像の描き方に苛立ちを覚えながら映画館を後にした。6年振りに観てみると、その全く明かされない謎の描き方が心地良く思えたし、全編を通して画面から伝わってくる、生涯結ばれることがないと分かっている人と出逢い、長くはない期間ではあっても心を通わせた幸福と哀しみ、忘れられない想いが、恐ろしく切なく響いた。ただこの手のストーリーは『マディソン郡の橋』など、探せばいくらでもあるので、所々、他の映画や小説がよぎってしまうところはある。

しかし人生において、思い通りにならないことや、避けて通れない別れは、恋愛に限ったことではない。それは、年を重ねれば重ねるほど実感して、先を見据えたり、覚悟を積み上げていくもの。出逢いがあれば、確実に、必ず別れの日もおとずれる。人との交わりや交友関係が永遠に続くのか、それともいつか終わるのかなんて若い頃は考えもしなかったけれど、今日と同じ日は決してやって来ないように、永遠に続くものもない。だから、生まれてから死ぬまでの間、出逢った人と過ごす為に与えられた時間がいかに大事で、1日でも1時間でも1秒であっても、無駄に出来る時間などないことに気づくのだ。

映画の最後に流れたナレーションが印象的だった。

いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない
孤独はもっとも裏切ることのない友人の一人だと思うほうがよい
愛に怯える前に、傘を買っておく必要がある
どんなに愛されても幸福を信じてはならない
どんなに愛しても決して愛しすぎてはならない
愛なんか季節のようなもの
ただ巡って人生を彩り あきさせないだけのもの
愛なんて口にした瞬間、消えてしまう氷のカケラ

サヨナライツカ

永遠の幸福なんてないように
永遠の不幸もない
いつかサヨナラがやってきて、いつかコンニチワがやってくる
人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと
愛したことを思い出すヒトにわかれる

私はきっと愛したことを思い出す

| 鑑賞記 | comments(0) |


現在公開中の映画『疑惑のチャンピオン』は、なかなかの傑作。言わずと知れた(僕は知らなかったが)自転車競技界のスーパースター、ランス・アームストロングの半生を描いた実話だ。精巣腫瘍から肺や脳にまで転移したガンを克服した後、ツール・ド・フランスでの7連覇を始めとする輝かしい実績を伴う復活劇から、長年にわたるドーピング使用が明らかになって自転車競技界から永久追放されるまでが描かれている。

厳しいガンを克服して、再起不能とまで言われていたにも関わらず、見事な復活を遂げたその姿は、世界中の多くの人たち(特にガン患者)に勇気を与えた。確かに、並の精神力では乗り越えられなかっただろうし、例え7連覇という偉業を達成しなくても、多くの人たちに希望を与えたはずだが、長年つきまとっていたドーピング疑惑を否定し続けた後に、決定的な証拠を突き付けられ、遂に認めざるを得ず、7連覇も剥奪されるに至り、多くの人たちを裏切るはめになってしまった。

本当の実力で得た栄光ではないにも関わらず、薬物を使用してまで守り続けたかったものは何だったのか。勝ち続ける苦しみよりも、嘘をつき続ける方が苦しくないのか。最終的に、ドーピング疑惑を認めざるを得なかった時、その追い詰められた心情と葛藤はいかなるものだったのか。この辺をもっと切り込んでくれれば、観る立場として更なる感情移入が出来たはずなので、そこが勿体ない。でも、スピード感もあるし、飽きさせない流れになっているので、映画としては面白い。

何かを犠牲にしてまで守り続けたいもの。誰かを欺く結果になってしまうかも知れないのに、それでも手にしたいもの。それは、誰にでもあるのかも知れない。その境界線を越えるのか、越えないのか。自分ならどうする?・・・その立場、その時になってみなければ分からないけれど、意外と人間は誰もが、紙一重のところで生きているのかも知れない。
| 鑑賞記 | comments(2) |
工藤静香トークイベントの抽選に、CD購入者の中から幸運にも8倍の競争率を勝ち抜け当選し、先週行ってきた。生静香は98年のコンサート以来だから18年ぶり、至近距離で対面するのは初である。思えば去年から、浅香唯、南野陽子、中山美穂(この同期3人に工藤静香をプラスしてアイドル四天王と呼ばれていた)、そして酒井法子と、小学生の頃憧れていたアイドルと生で触れ合う機会が立て続けにあり、ミポリン以外の4人とは握手することが出来た。感慨深い・・・。

今回はトークもさることながら、握手会が付いていたので、何を言おうかいろいろと考えていた。訊きたいことは山ほどあるが、短い時間にすべてをぶつけることは出来ない。事前のアンケートで質問を募っていたが、案の定僕のマニアックな質問は採用されず、ファッションのことやら食べ物のことなど、どこでも毎回繰り返される同じ質問が今回も繰り広げられ、僕にはどうでもいい時間だった。基本的に僕は好きな芸能人の私生活には全くもって興味がないので、作品のことや仕事のことを語ってほしいのだが。

そしてドキドキの握手会。
「『Expose』(というアルバム)に入っている“Pain”が一番好きです!」
「あー!私もすごく好き〜!!」
結構、静香本人はどの曲がどのアルバムに入っているかなど、記憶が曖昧だったりするし、コンサートで一度も歌われていない曲のことなど忘れているのではないか?!とも思っていたが、さすがにセルフプロデュースで自作詞の歌を忘れるはずがなかった。
「好きなんですか?でもコンサートで一度も歌われてないですよね!」
「あれは打ち込みが必要だから歌えないの・・・」
「あと“さぎ草”も好きです」
「あれはチカちゃん(澤近泰輔さん)がアレンジしてくれるから歌えるの!!」
「じゃあ今度歌って下さい!」
ここで係員に早く行けと促される。そして最後に静香が「ありがとう」と微笑んでくれて終了。ああ・・・・・・やっぱり十代の頃に憧れていたスターを目の前にするというのは凄まじい事実だ。あのスターは実在するんだな・・・目の前で喋っている・・・アア・・・アアアアア・・・・・興奮冷めやらず。しかも気さくに話してくれるのがまた・・・アアアアアア・・・・。
| 鑑賞記 | comments(0) |
2010年に放送された連続ドラマ『Mother』は、この10年で僕が一番面白いと思ったドラマだ。言わずもがな芦田愛菜の出世作で、泣きのシーンは本当に涙を誘ったが、僕の中では田中裕子の演技の凄まじさが強烈で、この時24年振りの連ドラ出演だったこともあり「もっともっと仕事してほしい!」と心から思ったものである。

テレビでの放送中も欠かさず観ていたが、その後発売されたDVDも何度観たか分かりゃしない。ここ3年位観ていなかったので、久しぶりに観てみようかなと思って、軽い気持ちでDVDをセットしたら、案の定、止まらなくなってしまった。とにかく演技派揃い(主演の松雪泰子以外にも高畑淳子や山本耕史、その後ブレイクした尾野真千子や綾野剛など)。「母性は女性を狂わせる。」という、このドラマのキャッチコピーの通り、松雪泰子演じる奈緒が、親から虐待を受けていた芦田愛菜演じる怜南を救う為に誘拐して母親になることを軸に、その横で様々な母親が描かれている。

何度も観てストーリーも熟知しているのに、観る度に心が揺さぶられるのは、心に突き刺さるセリフと演技に他ならないのだが、結末を知っているからこそ分かる、登場人物の心の動きに毎度ハッとさせられるのだ。特に田中裕子(松雪泰子の産みの母親役)。なぜ5歳の娘を捨てたのかという謎は中盤あたりで分かるのだが、なぜ刑務所に入っていたのかという謎(罪の真実)は最後の最後まで分からない。その謎を知っていながら観るのと、知らずに観るのとでは、田中裕子演じる母親から受ける言葉と表情の重さがまるで違う。正に「母性は女性を狂わせる」そのものであり、最後の最後まで娘の為に自らが犠牲になって、娘の為に真実を自分の胸の中だけにしまいこんできたその壮絶な人生。それを知りながら、このドラマを一から観ていくと、切なくて堪らないし、一言一言にグッとくるのだ。これは親から子への無償の愛だが、観ていると僕は心が浄化され、人を人を想う気持ちを改めて深く考えさせられる。
| 鑑賞記 | comments(0) |


ナンノが25年振りにコンサートを開催!!なんといっても当時僕はまだ子供だったので行きたくても行けなかったコンサート。まさかこの年になってナンノのコンサートが開催されるなんて!往年のファンは大喜びです。そして、僕のように当時は子供で行けなった、というファンが結構多かったみたいである。

良くも悪くも当時と変わらない歌唱力と面白トークに、隣の見知らぬおじさんの興奮して無邪気に喜ぶ笑い声が微笑ましくもあり恐くもあった。「はいからさんが通る」と「吐息でネット」では、当時の親衛隊が当時のままの掛け声で盛り上げていた。座る時には「よっこいしょ〜っ」、小走りすれば「やだ、走り方がおばちゃん!」と自虐に走るナンノ。こちとら、席は左端で横長の会場ゆえに、ずっと右を向いていたので首こりと肩こりが悪化寸前。

終演後の握手会が恐ろしいほど流れ作業で、目の前で微笑むナンノは一瞬で消え去った・・・一生懸命質問を考えておかなくて良かった。でも何はともあれ、一瞬にして昭和に戻れるコンサートは最高!!

南野陽子 NANNO 30th ANNIVERSARY CONCERT
【セットリスト】
01. さよならのめまい
02. 悲しみモニュメント
03. 風のマドリガル
 ―MC―
04. 恥ずかしすぎて
05. あなたを愛したい
06. 瞳のなかの未来
07. パンドラの恋人
 ―ビデオ上映―(BGM:フィルムの向こう側)
08. 接近 (アプローチ)
09. 秋のIndication
 ―MC―
10. 耳をすましてごらん
11. 秋からも、そばにいて
12. 楽園のDoor
 ―ビデオ上映―(BGM:トラブル・メーカー)
13. ダブルゲーム
 ―MC―
14. 思いのままに
15. 冬の色
16. 僕らのゆくえ
17. KISSしてロンリネス
 ―バンド演奏(へんなの!!)―
18. リフトの下で逢いましょう
 ―MC―
19. はいからさんが通る
20. 吐息でネット
21. 話しかけたかった

【アンコール】
 ―ビデオ上映―
22. 春景色
23. 幸せ
 ―MC―
24. LONELY NIGHT(夜想曲)

| 鑑賞記 | comments(0) |


NHKホールで行われたこのコンサートに友達と行って来た。架空キャラのゲストから、ホンモノ歌手のゲストまで、とにかく盛りだくさんで(シークレット・ゲストとして田原のトシちゃんも登場)、実に4時間弱の大コンサートだった。エコノミー症候群になりかけました。川中美幸さんのトークが長すぎて時間がだいぶ押したみたいだったけど、やっぱりトークは川中さんがピカイチで面白かった。まぁ僕としては、水谷さんおひとりのトークが一番好きなのだけど。それにしても、架空キャラとしてのコンサートでNHKホールを満杯に出来るってスゴイ!!

コンサートの後は、前々から友達が熟成肉を食べたいと言っていたので、事前に必死こいて店を何軒かリサーチしていたのにも関わらず、辿り着いた先はなぜか、川中美幸さんのお好み焼き屋「かわなか」。なんでだす?



でも、予想を遥かに超える絶品の味に渋谷の未来を見つけました。
| 鑑賞記 | comments(0) |


先日発売になったばかりのニュー・アルバムを引っ提げての「八神純子コンサートツアー2016 -There you are-」初日公演に行って来た。先行予約でチケットを取ったので、座席は6列目で良かったのだが、目の前にはデッカイおじさんが。頭ひとつ飛び出てますよ。思い返せば前回の八神純子コンサートでも目の前にデッカイおじさんがいて、視界を遮られていた。今回も運悪く・・・なのだが、まぁ、右ブロックなので、八神さんがステージ上でセンターにいる限り、見えないことはない。八神さんがこちら側に移動してくると、おっさんの頭が邪魔をする、という具合。

今回のコンサートは新アルバムからの選曲が中心であることは想像していたが、まさかまさか、全23曲中12曲が新作アルバムからで(ちなみにアルバムは14曲収録)、しかも、歌われたシングル曲はたったの3曲(「思い出は美しすぎて」「みずいろの雨」「パープルタウン」)という強気なセットリスト!まぁ、僕はコンサートでシングルを聴きたいとはあまり思わないのでいいのだが、「ポーラー・スター」とか「Mr.ブルー」などを期待していた人も多かったのでは・・・。僕が一番好きになれない曲は「パープルタウン」なので、出来ればこの曲を外して頂きたいのだが、それは無理なお願いというものだろう。この曲のどこがいいのか、さっぱり分からない。ご本人も自分で作っておきながら「以前は変な曲と思っていた。ここ数年でやっと好きになった」と仰っていた。僕も変な曲だと思う。歌詞の意味も分からないし、曲の展開もあちこちに飛んでまとまらない感じが苦手だ。コンサートでは一番盛り上がるが、僕にとっては一番テンションが下がる時間だ。

それはさておき、今回はいつものバンドメンバーに、弦楽器や管楽器のメンバーが追加されて音が厚くなり最高の演奏だった。更には、ゲストミュージシャンも何人か登場したのだが、何よりも嬉しかったのは、オフコースの鈴木康博さんが登場したこと。というのも、新作アルバムの中で僕がもうとにかく好きで好きでたまらない1曲が鈴木さんがアレンジ、演奏、そしてデュエットをしている「生きるから」という曲。この曲をコンサートで歌ってくれるかどうか心配していたが、まさかまさかの鈴木さん登場に、この1曲だけでもコンサートに来て良かったと思った。正直言うと、今回のアルバムは僕の琴線に触れる曲があまりないのだが、この「生きるから」は歌詞もメロディーも演奏も歌唱も最高に良い。毎日この曲ばかりを繰り返し聴いている。1番の歌詞では、生まれた頃に受けた愛によって得られた楽しかった若き日々のことが歌われているのだが、2番になると一転する。その2番の歌詞が、もう何とも言えないくらい心に刺さるのである。

いつからか憎んでは 傷つけることしてました
裏切りも羨みも 抑えきれない欲望も

向けられた笑顔さえ 罠ではないかと
疑いが膨らんで 悪魔の誘いに思えて

春風も冬の陽も 季節などないように
悲しみも苦しみも 過ぎるのを待っていた

生きるからなくさない 優しさも微笑みも
生きるから忘れてない あの手の温もりを


約3時間のコンサートは本当に贅沢な時間だった。毎回クライマックスはスタンディングになるのだが、欲を言えば、ずっと座ってじっくり聴いていたい・・・。なんで皆立ちたいと思うのだろう。僕より随分年上の人たちがほとんどだけど・・・。

=セットリスト=
※丸数字はニュー・アルバム収録曲

【第1部】
. There you are
02. Fly Away
. 夢中
  ―MC―
04. 思い出は美しすぎて
05. サンディエゴ・サンセット
06. 夜間飛行
  ―MC―
. I wanna be smiling
. Kissがいいの
  ―MC―
. 生きるから
  ―MC―
. 出発点
  ―MC―
. 明日の風

【第2部】
. 月に書いたラブレター
  ―MC―
. 1年と10秒の交換
  ―MC―
14. 約束
  ―MC―
. 翼があるなら
16. みずいろの雨
. 濡れたテラス
18. パープルタウン
  ―MC―
19. Take a chane
20. Rising

【アンコール】
21. 明日に向かって行け
㉒. 歌が呼んでる
23. 今日の終わりに
| 鑑賞記 | comments(2) |


永遠のアイドル・浅香唯の30周年記念ライヴ、2日間とも参加してしまった。毎年どうしようかなぁ〜と思いながらも結局行ってしまうのだが、今年はオール・リクエスト・ライヴということで、ファンから1曲ずつリクエストを募ったので、結構レアな曲も飛び出すかと思い2日間チケットを取った。が、やはり、世間が求める浅香唯と僕が求める浅香唯には大きなギャップがある。僕は中学時代にハマった、90年代の大人の色気ムンムンのアーティスティックな20代前半の浅香唯が一番好きだったが、大部分のファンが求めるのはやはり80年代の可愛い10代の浅香唯なのだ。というわけで、選曲もほとんどが80年代の歌だった。客のノリも80年代を彷彿とさせる。浅香唯が一番人気があったのは80年代なのだから、それが当たり前かぁ。

ちなみに、最大ヒット曲「C-Girl」は、驚いたことにリクエスト集計の圏外になり、まさかの選曲外に!僕がリクエストした「黒い鳥」(原由子作詞作曲)は、案の定圏外。90年代の浅香唯は人気が下火になっていたので一般的にはあまり知られていないけれど、コアなファンにとってもあまり人気ないのかなぁ。

浅香唯 30th Memorial Live 2015
〜感謝をこめてリクエストパーティー〜


【12月5日 セットリスト】
01. BANDIT
  ―MC―
02. Melody
03. SHAKE LOVE
04. セシル
  ―MC―
05. ありがとう
06. フレンド
07. Kiss of Fire
  ―MC―
08. ルカ
09. 夜が明けるまで
10. TAKE IT EASY
  ―MC―
11. 虹のDreamer
12. 千年天使
13. Don't You Know?
  ―MC―
14. NIGHT DANCER
15. Believe Again
16. Chance!
17. 恋のロックンロール・サーカス

【アンコール 
18. ヘビーローテーション (AKB48)

【アンコール◆
19. OPEN YOUR EYES

【12月6日 セットリスト】
01. BANDIT
  ―MC―
02. Melody
03. SHAKE LOVE
04. セシル
  ―MC―
05. フレンド
06. Kiss of Fire
07. ヤッパシ…H!
  ―MC―
08. 未完成な恋人達
09. きっと…いつか
10. OPEN YOUR EYES
  ―MC―
11. 虹のDreamer
12. 19時のLunar
13. Don't You Know?
  ―MC―
14. NIGHT DANCER
15. Believe Again
16. Chance!
17. トライアル

【アンコール 
18. Remember

【アンコール◆
19. ありがとう
20. GOAL
| 鑑賞記 | comments(0) |
◆カテゴリー
◆過去の日記
◆オススメ
<< 2/12 >>